最終更新日:

30代役付きからエグゼクティブ転職でキャリアアップ!同等以上の役職に就くための秘訣

30代で役職付きの方も少なくありません。仕事や責任が増えていく一方で、今の待遇ではまだ実力に見合った評価がされていないと感じることもあるでしょう。もっと昇進したくても上のポストが渋滞していれば行き詰まってしまいます。正当な評価を受けるためにも転職は一つの手段。でも役職を失うリスクもある…。今の地位を手放すにはそれなりの覚悟が必要です。

今回は「30代役付きからのエグゼクティブ転職」をテーマに、そのメリットや確実にキャリアアップするための秘訣を浮き彫りにしていきます。

エグゼクティブ求人は増加傾向

企業のグローバル化・事業の海外展開、ベンチャー企業の成長などの影響で、近年エグゼクティブ求人は増加中。30代からエグゼクティブ転職を選ぶ人も多いです。

経験ある若手のニーズが高い

30代で何かしらの役職に就いている方は全体の3割ほどですが、30代のニーズは極めて高い状況です。企業は慢性的な人材不足で経験のある若手を強く求めています。以下の記事にも詳しく書いていますので参考にしてください。

ミドル人材の4割が「役職付き」で採用

ミドル人材とは30~50代にかけてのミドル層を指します。マンパワーグループの調査によると、直近3年以内に転職した35~55歳の正社員男女の4割が転職先で何らかの役職に就いていると回答。全体の約2割が課長クラス以上の管理職というデータを見ても、30代からより上の役職を意識することは決して早くないと言えます。

出典:ミドル採用の約4割は転職先で「役職付き」に。企業がミドル人材に求める役割とは?/総合人材サービスのマンパワーグループ

30代のニーズが高いから、転職先で役職に就ける可能性も今よりどんどん高くなっていくってことだよね?

人材不足が解消されるまでしばらくの間は期待できるわね。でも何が起こるか分からないから、今の地位に満足していないならすぐに動き始める方がよりベターよ。今ならまだニーズが高くて空いてるポストも多いわ☆

役付きからの転職はメリットもリスクも大

ニーズが高いとはいえ、今既に役職に就いている状態から転職するのはやはりリスクを伴います。しかしそれ以上に大きなメリットもあるため、双方の側面を理解して検討しましょう。

経験を強みに、実力に見合った役職に就ける

まず既に役職に就いていることが非常に有利に働きます。特に管理職やマネジメント経験者はエグゼクティブ求人を出す企業からすると喉から手が出るほど欲しい人材です。転職先として選べるエグゼクティブ求人が多く、急ぐことなく慎重な判断ができます。

正当な評価が得られる企業を選ぶことにより、自分の実力に見合った役職に就ける可能性も高まります。30代までに積み上げてきた成果や実績が企業に上手く伝われば、キャリアアップは決して難しくありません。

30代の場合はプレイングマネージャーになり得るかどうかも重視されます。プレイングマネージャーとは、現場の最前線で活躍しつつ部下の指導や育成も兼任する立場のこと。

30代はまだまだ現場で活躍できる年齢です。企業は管理職としての能力と共に、現場に入りチームを引っ張ってほしいという期待があります。マネジメント能力に加えて現場での経験やスキルがあれば、より重宝される存在となるでしょう。

出典:ミドル採用の約4割は転職先で「役職付き」に。企業がミドル人材に求める役割とは?/総合人材サービスのマンパワーグループ

    30代役付きからエグゼクティブ転職するメリット

  • 管理職の経験が強みになる
  • エグゼクティブ求人の選択肢が多い
  • 実力に見合った役職に就ける可能性
  • プレイングマネージャーとして現場経験やスキルも高評価

役職に就けないor下がる可能性とキャリアの手放し

ミドル人材の4割が転職先で役職に就いている一方で、6割は役職に就いていないことも事実です。転職した結果役職に就けない可能性はもちろんありますが、この中には役職に就くことが目的ではない転職者も含まれているため、一概に6割が役職に付けなかった、と仮定するのは早計でしょう。最初から役職に就くことが前提で活動していれば、結果はまた違ってきます。

また、30代まで積み重ねてきたキャリアとどう向き合うかも大切です。例えば今大手企業に勤めていて、転職先が中小企業やベンチャー企業になれば30代まで大手で働いてきたキャリアはそこで手放すということ。例え役職に就けても、部長クラスから課長クラスになれば明らかなキャリアダウン、一からのスタートになることは否めません。

役職付きから役職なし、または同等以下の役職に一旦下がってしまうと、キャリアを取り戻す難易度は高いです。フィーリングで企業を決めるのではなく、きちんと調査・研究をした上で最低限今の役職より下にならないように転職活動しましょう。

    30代役付きから転職するリスク

  • 役職に就けない可能性がある
  • これまでのキャリアを手放す
  • 役職に就けてもキャリアダウンすることも
  • 失敗からの取り返しが難しい

転職する時に強みがあるのは良いけど、失敗したらキャリアを手放すことになったり、大変そうだなあ。

確かにリスクはあるけど、それを補って余りある魅力的なメリットは見逃せないでしょ?自分がどれだけの立場や収入、環境を求めてるか。もう一度よく考えてみるの★既に役職付きなら経験は十二分にあるんだから、あとはどうアピールしていくかだけよ☆

同等以上の役職へ確実にキャリアアップするために

企業とのマッチング度を上げていく

今よりも役職を下げずに、確実にキャリアップするために必要なのは企業側の視点を多く取り入れることです。役職付きの30代を採用したい企業は、転職者にマネジメント能力やチームを率いるリーダー性を求めています。これまで役職に就いてきた中でのマネジメント経験や一から携わったプロジェクトなどをまとめてアピールできれば効果的です。

また、自分の希望と企業の要求のミスマッチが大きければ経験が活かせずモチベーションの低下も引き起こし、結果的にキャリアダウンへと繋がります。

    企業とのミスマッチ例

  1. 管理者としてチームをまとめさせたい企業←現場でバリバリ働きたい30代
  2. プレイングマネージャーとして現場作業と指導や育成を兼任させたい企業←外から管理する仕事をしたい30代

企業が実際に採用した人材に何をさせたいのか見抜くこともキャリアアップには不可欠です。

自分の実力を客観視する

現状の不満を解消し正当な評価を受けるためにも、今の自分の実力を客観視しなければなりません。これまで会社にどのように貢献してきたか、周囲はそれに対してどう思っているか。主観だけでは見えづらかった、評価されなかった部分をできるだけ明確にしましょう。

単純に適切な評価制度がない会社だった、年功序列な評価制度だった、上司と相性が悪かった等、会社が正当な評価をしなかった場合もあります。逆に自分のやり方が間違っていた、実力を過大評価していた、周囲からの信頼がなかった等、問題が自分自身にあることも考えられるでしょう。

改めて自分の実力を見直せば、転職後にも同じような不満を抱かないように事前の対策が可能です。もう一度、今の環境と照らし合わせて客観視してみてくださいね。

30代役付きからでもエグゼクティブ転職は挑戦するべき

もし今の自分の仕事や地位に納得がいっていないんだったら、30代でエグゼクティブ転職に挑戦するべきだね。

30代は今とても求められてるんだから、今のうちに上を目指すのはとても良いことよ♪

実力に見合った役職がもらえればモチベーションにもなるし、早い段階から上の立場になれればどんどん仕事を任せてもらえる。良いサイクルだよ!

企業研究を徹底して自分に妥協しないこと。そうすれば必ず素敵な転職は叶うから、自分の一生を決めるつもりで前向きに挑戦してほしい♡今既に役職付きなこと、それこそが宝よ!これまでの経験に揺るぎない自信を持つの☆


RECOMMEND

関連記事