最終更新日:

女性転職に適した転職エージェントは?女性転職の動向と成功に導く転職術

「女性転職は可能か」
「女性転職で使える転職エージェントは?」

近頃では、コロナウイルスの影響により転職への不安を持つ女性も少なくありません。しかし、経験やスキル・実績をしっかりと棚卸し把握できれば転職が可能です。

本記事では、女性転職の動向と転職術・女性転職に適した転職エージェントをご紹介します。

今後を見据えた転職を成功させるなら読破必須の一記事!

女性転職の動向

女性転職 新型コロナウイルスの影響

キャリア観/転職意欲に変化があった女性は8割

2020年7月、LiBzCAREERは「新型コロナウイルスによる働く女性のキャリア観・転職への変化」の調査結果を発表。

キャリア観に変化があった女性は8割、転職への意欲に変化があった女性は5割とキャリアの見直しを行う女性が増えています

内、実際に行動を起こした人は66%

意識の変化を受け、「自身の価値観・強みを考え始めた」「資格などスキルの勉強を始めた」など具体的に動き始めた人もいます。

コロナでキャリア観の変化を受け行動した人

参考元:LiB
新型コロナウイルス感染症拡大をきっかけに、働く女性の8割がキャリア観に変化

経験者向け求人が増加中

dodaではコロナウイルスを背景に転職市場にも影響が出る中、経験者を求める企業が増加していると発表。

2020年7月の求人倍率では、前月と比較して上昇したのは下記の5つです。

・IT/通信
・メディカル
・メーカー
・小売/外食
・サービス

5つの業界の中でも、特にIT/通信業界の求人倍率は前月より上昇。

最先端技術を活用した企業求人やフルリモート(出社無し在宅勤務)可の求人が増えている点が、上昇の理由です。

外資系企業では女性管理職が多い

エン・ジャパンが2020年2月に女性管理職の実態を発表。

2020年に女性管理職を30%に引き上げる政府の目標の達成率は、外資系企業17%・日系企業8%と約2倍の差があります。

女性管理職の割合は、外資系は10~29%:40%・日系企業は10%未満:54%。

外資系・日系企業の女性管理職

※1

割合には差があるものの、両者ともここ5年間で女性管理職が増えたと回答しています。従業員数が多い企業ほど増えている反面、少人数になる程伸び悩んでいるのです。

女性管理職に求められるもの

女性管理職に期待される能力・スキルは、外資系・日系企業共に「多様な人材のマネジメント」「新たな視点や価値観のアイディア・意見」が多いです。

その他、「女性活躍のロールモデル」を期待していると分かります。

女性管理職に求められるもの

※2

※1.2 参考元:エン・ジャパン
女性管理職実態調査

女性転職術

  1. 求める条件を明確にする
  2. キャリアの棚卸をする
  3. 転職エージェントを利用する

求める条件を明確にする

女性転職では、キャリア・ライフワークバランスどちらを重視するかで働きやすい職場が変わります。

キャリア重視
・女性管理職として活躍している人がいる
・性別関係なく平等に評価している
ライフワークバランス重視
・「子育て両立支援」がある
・子供がいるママさんが働いている
・「くるみんマーク」「ライフ・ワーク・バランス認定企業」かを確認
・産休育休取得後、復帰している女性が多い

双方に共通して、「女性社員が多い」「福利厚生が整っている」など女性ならではの条件も挙げられます。

結婚・出産を希望する女性は今後を見据え、企業に求める条件を明確にして転職先を選ぶといいでしょう。

キャリアの棚卸をする

自身の経験やスキル・実績を棚卸すると、応募求人の目処が立つ・入社後のミスマッチを防止できるメリットがあります。

その際、過少・過大評価をしないようしっかりと把握しましょう。

市場価値を把握

現在の経験やスキルは企業からどれほど求められているのかを知るには、診断アプリを利用するのもおすすめ。

質問に答えてるだけで市場価値(適正年収)が分かるため企業選びの指標にもなり、転職でのキャリアダウンを防止できます。

現状を把握するには、ミイダス(MIIDAS)の診断がおすすめです。

市場価値診断
適正年収
コンピテンシー診断(総合適性検査)
マネジメント資質やパーソナリティ特徴・部下/上司としてのタイプや相性
パーソナリティ診断
生まれ持った個性や経験/環境によって変動する現在のコンディション

診断は、数分で完了するため隙間時間に最適です。

転職エージェントを利用する

女性転職は、女性サポートに特化した転職エージェントを利用するとスムーズに進められます。

転職エージェントが企業に精通していれば、企業に対して女性が知りたい情報を伝授してくれるため個人での転職活動より有益な情報が得られる可能性が高いです。

女性転職に適した転職エージェント

パソナ
キャリア
マイナビ
エージェント
転職サイト
パソナキャリア
マイナビエージェント
年齢層 幅広い年齢層 20代~35歳
アドバイザー 各業界に精通したアドバイザーがサポート 各業界専門アドバイザー在籍
実績 年収アップ率67.1% 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
特徴 担当者への満足度が高い 中小企業・独占求人多数
女性
サポート
女性転職特化チーム・女性管理職専門チームあり 女性転職専門アドバイザー在籍
面談 9時半~21時
※土日対応
9時半~20時半
※土日対応
地域 東名阪 全地域対応
主な
業種・職種
IT・通信/メーカー(機械/電気/電子)/医療・福祉医療/営業 IT・通信業
公式サイト


女性転職に適した転職サイト

リクナビ
NEXT
とらばーゆ
転職サイト リクナビNEXT とらばーゆ
年齢層 年齢制限なし
特徴 国内最大級の求人数を保有 女性転職に特化した転職サイト
主な
業種・職種
IT/通信・サービス系
営業・ITエンジニア職
事務・経理/ファッション/医療・看護/
公式サイト


ハイクラス女性に適した転職エージェント/サイト

ビズリーチ JACリクルートメント
転職サイト JACリクルートメント
タイプ 転職サイト 転職エージェント
入会審査 あり なし
年齢層 30代~40代 30代~50代
アドバイザー ヘッドハンターがアドバイザーを務める サービスクオリティが約束された総勢約800名のアドバイザーがサポート
実績 年収1,000万円以上が支持する転職サービスNo.1 転職支援実績約43万人
特徴 スカウト型転職サイトで市場価値が分かる 世界11か国に広がるネットワークを駆使し各国の情報を搾取
女性
サポート
女性転職支援実績のあるヘッドハンター多数 女性管理職向き
面談 ヘッドハンターと各自調節 平日~19:30
※土日祝不可
地域 全地域対応
主な
業種・職種
IT・インターネット業界
技術・管理職
外資系企業
技術/専門/管理職
公式サイト


女性転職は転職エージェント利用で効率化

女性転職は、求める条件を明確にしキャリアの棚卸をすると共に、転職エージェントを利用すると効率的に転職活動が進められます。

また、転職エージェント利用時には1社だけでなく複数登録してサポート・求人の選択肢を広げたり、転職サイト+エージェントで情報収集すると転職成功につながるでしょう。

女性転職に適した転職エージェント
パソナキャリア
マイナビエージェント
女性転職に適した転職サイト
リクナビNEXT
とらばーゆ
ハイクラス女性に適した転職エージェント/サイト
ビズリーチ
JACリクルートメント
働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事