最終更新日:

建設営業の仕事内容は?スキルや注意点についても紹介

建設業界では技術者に焦点があたることが多いですが、このページでは建設営業の仕事内容やスキル、注意点について紹介します。

建設営業の仕事内容

建設営業の仕事内容は、大枠では官庁営業と民間営業の二つになります。官庁営業とは公共工事のための官庁に対する営業で、民間営業は民間の顧客に対する営業になります。

建設営業が果たす役割・フロー

建設営業が果たす役割は他業界の営業職と同様で、商品やサービスの販売、契約等になります。建設営業の場合、建築工事や土木工事の営業を行います。作業フローとしては、新規開拓を行うこともあれば、既存の顧客から連絡があり、新たに仕事を得られる場合もあります。

1日の仕事の流れ

1日のなかで行う仕事は状況によって異なります。営業職は基本的に顧客に合わせて動くことが多いですが、建設営業の場合一回の契約の規模が大きいため、一つの顧客に全面的に合わせて動くことになるでしょう。

契約前の段階では顧客と積極的にコミュニケーションを取って信頼関係を築くことに尽力し、ある程度契約が進んでからは具体的な法手続きや社内の技術者とのやり取りが発生します。

具体的な1日の作業としては以下のようなものが挙げられます。

  • 新規開拓のための電話、商談
  • 既存顧客の接待
  • 官公庁に対する提案書類作成

書類業務もありますが、基本的には民間の顧客や官公庁とのコミュニケーション業務が中心です。建設営業は大きなお金を動かすことになるので、個人の主観や好き嫌いよりも会社の持っている技術等で仕事が決まる印象があるかもしれません。

しかし、実際は案外営業の人となりや好みで判断されることも多いので、新規開拓だけでなく既存の顧客と定期的にコミュニケーションを取ることも必要不可欠でしょう。建設業界は古い体質の部分もあるので、いわゆる飲みにケーション接待もあります。

営業事務の1日は、書類作成、営業業務等があり、夜は飲みにケーションのイメージです。もちろんすべての営業担当が飲みに行っているわけではありませんが、接待営業は避けては通れません。

建設営業に求められる経験

建設営業は未経験でも応募可能ですが、相性の良い業界や職種があるので紹介します。

未経験でも相性の良い業界・職種

建設営業に相性の良い業界は、同じ建設業や土木、不動産などです。土地や建物を扱う業界では、人とのコミュニケーションルールや経理面で類似する部分があります。職種としては、やはり同じ営業職がベストです。

経理面でのメリットももちろんあるのですが、それ以上に人間関係での業界ルールは重要です。特に建設、土木、不動産といった業界は古くからある業界なので、年配者の方と接する機会も多いでしょう。

飲み会が多い、上下関係が厳しい、といった面で抵抗感を感じると仕事を継続していくことが難しく、採用担当者もその点は危惧しています。同業界での経験は、業界ならではの人間関係に慣れていることのアピールにつながります。

建設営業に求められるスキル・資格

次に建設営業に求められるスキルや資格について紹介します。

建設営業に求められるスキル

建設営業に求められるスキルは、建設に関する知識、事務処理能力、コミュニケーション能力です。技術面や法律面での勉強は必須で、また事務処理作業も苦手過ぎると仕事に支障が出ます。

オフィス系のソフトを最低限使用できる、官公庁に提出するための公の文章を作成できる、といったことが必須です。そして何より営業職なのでコミュニケーション能力は必要不可欠と言えるでしょう。

建設業は古くからある業界なので、年配者とのコミュニケーションや飲み会、接待に抵抗感を持たないことが重要です。

建設営業に求められる資格

建設営業に必須の資格はありませんが、以下の資格を持っていると有利です。

  • 宅地建物取引士
  • 建築士
  • 不動産鑑定士

建設営業だけでなく、不動産、土木など似たような業界でもこれらの資格を持っていると優遇されます。

建設営業の注意点

建設営業を目指す前に、本当に自分に向いているのかどうか考えておくことをおすすめします。

建設営業に不向きな人の特徴

建設営業に不向きな人の特徴は以下です。

  • 建設技術や法律に興味がない
  • 書類作成等事務作業が極端に嫌い
  • 飲み会やコミュニケーションを避けたい

まず建設に興味がないと勉強を継続できないので、営業トークに必要な知識がストックされません。大きいお金が動く業界なので、いくら口先がうまくても中身のないトークでは契約を取れません。

次に書類作成も必須です。特に官公庁とのやり取りは逐一正式な文書で証拠を残す必要があるので、文章を書くことに抵抗があると長続きしないでしょう。最後に飲み会やコミュニケーションに関しては、業界的に体質が古いこともあるので注意が必要です。

建設営業の給与・待遇・将来性

残念ながら、建設営業の平均年収に関する明確なデータは存在しません。待遇に関しては、大きなお金の動く業界なので、インセンティブ等は付きやすいです。ただし、顧客にスケジュールを合わせる必要があり、土日休みでもありません。

あくまでも傾向ですが、建設業界の営業マンはワークライフバランスよりもバリバリ働いて高収入を目指す人が集まる傾向にあります。

今後の推移

現状オリンピック特需や震災復興で建設業界はにぎわっていますが、今後もそういったビッグイベントが定期的に起こると考えられます。また、建設業界は一つの契約に対するお金の動きが大きく、期間も長いです。

人間関係に重きを置いた仕事なのでAIに仕事を奪われることもありません。そういった要素から、今後も需要のある職業と言えます。

営業職のオススメ記事











RECOMMEND

関連記事