最終更新日:

ビルドキャリアでフリーランスエンジニアが案件獲得しやすい理由と活用法

ビルドキャリアでフリーランスエンジニアが案件獲得しやすい理由と活用法

「ビルドキャリアの特徴は?」「ビルドキャリアでフリーランスエンジニアは希望の案件が見つかる?」

ビルドキャリアの名前は知っていても、特徴や強みが分からないと利用は不安ですよね。

ビルドキャリアはフリーランスエンジニア専門求人案件サイトで、有効活用すれば、理想の仕事やエージェントが簡単に見つかります

今回はビルドキャリアの特徴とメリット・デメリット、ビルドキャリアの有効活用法をご紹介しましょう。

ビルドキャリアの特徴

ビルドキャリアとは?

ビルドキャリアはこれからフリーランスエンジニアとして活動したい人・すでにフリーランスエンジニアの人向けの求人案件サイトです。

ビルドキャリアの基本情報は以下の通りです。

運営会社 株式会社スクエア
サービス名 ビルドキャリア
(BuildCareer)
サービスの区分 求人案件サイト
主な年齢層 20代~40代
主なサポート対象 フリーランスエンジニア
(実務経験3年以上が目安)
案件数 約500件

ビルドキャリアは案件を自由に閲覧・応募できるサイトで、案件獲得を支援してくれるエージェントの検索も同時にできます

ビルドキャリアは経験や希望に合った案件検索がしやすく、スムーズな案件獲得が可能です。

ビルドキャリアの取扱案件の特徴

ビルドキャリアは、メーカーなどの企業案件から、公共・官公庁などの案件も多数保有しています。

また、ビルドキャリアが取り扱う案件の職種割合は以下の通りです。

ビルドキャリアの案件の職種割合※その他には社内SE・テクニカルサポート、テスター・デバッガー・QA、デザイナー、ネットワーク、汎用機エンジニアなどを含む

職種はサーバーサイドエンジニアの案件を中心に、一部デザイナーやディレクターなどの案件も取り扱っています。

ビルドキャリアはエンジニア求人が細分化されており、自分の希望に合った求人をピンポイントで見つけやすいです。

ビルドキャリアのメリット

案件情報が一目で分かりやすい

ビルドキャリアの案件検索ページでは、詳細を見なくても必要な情報が揃っています。

【一目でわかる案件情報】
・業界/仕事内容
・必須スキル
・あればなお可のスキル
・案件の報酬額
・勤務地/勤務日数
・こだわり条件(リモートワークなど)

また、同じ案件を複数のエージェントが扱っている場合、詳細ページで単価やマージンの比較が可能です。

支払いまでの期間に無理はないか、面接や顔合わせは何回実施されるかなども比較できるので、エージェントも選びやすくなっています。

ビルドキャリアはすぐに自分の欲しい情報が手に入るので、希望条件に合う案件を探しやすいです。

ビルドキャリアにはエージェント検索機能もあります。非公開案件・初フリーランス歓迎などの特徴からの検索も可能です。

希望条件を的確に伝えられる

ビルドキャリアは、自分の希望や経験領域を選択するだけでプロフィール設定ができます。

自分の興味のない業界なども設定すれば、エージェントにも伝えられ、無駄なやり取りの削減が可能です。

ビルドキャリアを利用すれば必要な情報をエージェントに的確に伝えられるので、案件のミスマッチが少なくなります

何度も何度もエージェントとやり取りするのは手間よね。ビルドキャリアは一人ひとりに合わせた案件紹介が実現しちゃうの♪

提出書類を一括管理できて応募が簡単

通常、エージェント登録の際は、その都度指定フォーマットでの書類提出が必要になります。

ビルドキャリアは履歴書や職務経歴書を一度提出すれば、複数の企業やエージェントに同じフォーマットで書類提出が可能です。

ビルドキャリアの書類管理システム

ビルドキャリアだけで書類の一括管理・案件応募ができるので、フリーランスエンジニアの事務作業の負担を軽減できます。

事務作業の時間短縮ができれば、スキルアップの時間や自分のために使える時間が増えて助かるね!

ビルドキャリアの公式【公式サイト】https://build-career.com/
登録は1分で完了!

ビルドキャリアのデメリット

首都圏以外の案件は取り扱っていない

ビルドキャリアには東京を中心とした首都圏の案件が多いです。

【紹介可能案件の地域】
東京・神奈川・埼玉・千葉
茨城・栃木・群馬

地方案件に限定して探している人・地方案件も比較検討したい人にビルドキャリアは不向きでしょう。

フルリモート・一部リモートの案件は多数取り扱っています。

エンジニア未経験向けの案件は少ない

ビルドキャリアに掲載している案件は、エンジニア経験がある人向けです。

エンジニア未経験や経験が浅い人が挑戦できる案件は少ないので、ビルドキャリアの利用はおすすめできません。

エンジニア経験は3年以上が目安です。

ビルドキャリアの利用がおすすめな人

ビルドキャリアの利用がおすすめの人は以下の通りです。

  1. 常駐案件を探しているフリーランスエンジニア
  2. エージェントに登録したが、案件紹介がない
  3. フリーランスエンジニアへの転身を検討中

ビルドキャリアは常駐案件も多数取り扱っているので、常駐案件を探すフリーランスエンジニアにはおすすめです。

エージェントに登録したものの、案件紹介が一向にない場合も、ビルドキャリアなら自由に案件検索・応募ができます。

また、正社員として勤務中で、フリーランスエンジニアへの転身を検討している人も、初めてのフリーランスでも案件が比較しやすいビルドキャリアは使いやすいでしょう。

ビルドキャリアの有効活用法

ビルドキャリアを最大限に活用する方法はあるのかな?

自分のスキルは的確に設定する

ビルドキャリアにプロフィールを登録する際は、スキルや経験を的確に設定するようにしましょう。

過大評価は、自分の実力では対処しきれない案件を抱えてしまうお恐れがあります。

過少評価は、スキルアップに繋がる案件が獲得しづらくなり、成長の機会を逃しかねません。

入力するスキルと自分の経験にズレがないようにし、完遂できそうな案件に絞って応募するのが大前提です。

自己成長するには多少厳しい状況に身を置くのも大切だけど、無理のし過ぎは逆効果よ。案件はしっかり見極めましょ★

自分に合うエージェントを見つける

フリーランスの案件獲得を支援してくれるエージェントにはそれぞれ特徴や強みがあります。

例)案件数が多い
  サポートが手厚い
  高単価案件が豊富
  マッチング力が高い  など

ビルドキャリアはエージェント検索画面で各エージェントの比較が可能です。

ビルドキャリアでどのエージェントを利用するかよく検討し、自分が一番働きやすいエージェントでの案件獲得を目指しましょう。

ビルドキャリアで希望の仕事とエージェントが同時に見つかる!

ビルドキャリアは自分のキャリアや希望に合わせた案件が見つけやすいです。

一度情報を登録するだけで、エージェントへも情報を伝えられるため、時間削減や負担軽減にもなります。

ビルドキャリアを有効活用して、理想の案件獲得を目指しましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事