最終更新日:

化粧品会社の販売スタッフってどんな仕事?仕事内容や必要なスキル、将来性などを徹底解説

化粧品会社の販売スタッフの仕事というと、お客様を美しくメイクアップする華やかな女性という印象を持つ方も多いかもしれません。自分自身のメイクをとおして、化粧品会社の商品をアピールする、まさに、化粧品会社の顔というべき存在です。

また、お客様一人一人と向き合い、メイクやスキンケアに関する悩みを引き出し、最適な提案を行う非常に重要な役割を担っています。優秀な販売スタッフには常連のお客様がつくこともあり、お客様の喜ぶ笑顔を直接見ることができるというやりがいもあります。

化粧品会社の販売スタッフというのは実際にはどのような仕事をしているのか、必要なスキル、具体的な仕事の流れ、さらには待遇や将来性などについてご説明します。

化粧品会社の販売スタッフの仕事内容

化粧品会社の販売スタッフの仕事内容は、自社のブランドを取り扱う店の店頭に立ち、お客様に化粧品をお勧めする仕事です。美容部員と呼ばれることもあります。

化粧品に関する知識だけではなくメイクアップの技量が求められるなど、専門性の高いお仕事です。販売スタッフの仕事の具体的な中身について詳しくご紹介していきます。

化粧品の販売スタッフが果たすべき役割とは

化粧品会社の販売スタッフの仕事は、来店されたお客様が、今何に困っているのか引き出すことから始まります。

「スキンケアについて悩んでいるのか」「流行のメイクの仕方を知りたいのか」「新商品に興味を持ってくれているのか」短い会話の中からお客様のことを理解していきます。そして、実際のメイクアップを通じて、そのお客様にとってもっともふさわしいアイテムを実感してもらうことが販売スタッフの仕事です。

また、販売スタッフは、会社の商品をPRする役割も果たしています。自分自身がメイクやスキンケアを実践することによって、そのブランドのすばらしさを体現します。販売スタッフは、お客様と会社をつなぐ、非常に重要な役割を担う存在です。

化粧品の販売スタッフの1日の仕事の流れとは

化粧品会社の販売スタッフの具体的な1日の仕事の流れはどのようになっているのでしょうか。一般的な流れについてご説明をしていきます。

まず、自分自身の顔をメイクアップすることが、販売スタッフとしての1番最初の業務です。家でメイクをした場合も、店舗に着いた後に必ず崩れがないか確認し、最高の状態でお客様をお出迎えできるようにします。

オープン前の開店準備では、店内の清掃や必要商品の品出し、レジへの金銭の補充などを行います。営業が開始されると、基本的には、お客様への接客やカウンセリング、メイクアップがメインの仕事となります。お客様情報は貴重なデータとなるので、システムに入力し、次回以降の来店の際にも活用できるようにします。

新作のアイテムが発売される場合は、その商品についての勉強をしっかり行い、提案へとつなげていきます。お客様の少ない時間帯には、お得意様へ商品情報などを記したお手紙を作成することもあります。営業時間が終了すると、その日の売り上げを集計し、店内の清掃を行い、クロージング作業を実施します。

化粧品会社の販売スタッフとなるため経験やスキルについて

化粧品会社の販売スタッフになるためには、相手の意図を理解し、気持ちの良いコミュニケーションが取れる能力が必要不可欠です。化粧品業界に限らず、接客や営業職など人とコミュニケーションをとる仕事をしてきた経験は有利になります。特に営業職は、ニーズをくみ取るスキルとそれに対して的確な提案を行うスキルが培われているため、非常に相性がいいといえます。

また、化粧品に対する興味や関心の高さは非常に重要です。仕事だからということではなく、普段から情報のアンテナを高くし、美容関連の情報を収集する姿勢が求められます。

こんな人は化粧品会社の販売スタッフに向かないので注意

化粧品会社の販売スタッフに向いていないのはどのような人でしょうか。まず、自分の好みのメイクやスタイルを追求したいという人には合っていません。販売スタッフは、あくまでお客様の求めるものを具現化することが大切です。相手のニーズを無視して、自分の価値観を押し付けてしまう人は避けたほうがいいでしょう。

また、人と長く会話することが苦手だという人も向いていないかもしれません。実は、化粧品のカウンセリングを行う中で、化粧品以外についての話を聞いてもらいたいというニーズが多くあります。家庭のこと、子どものこと、仕事のことなど様々な話をお客様から聞き、お客様のことを理解しなければなりません。そういったコミュニケーションが苦手な方はやめておきましょう。

化粧品会社の販売スタッフの待遇や将来性について

化粧品会社の販売スタッフは、一般的に、給料や待遇が低めだといわれています。シフト制で土日祝の勤務も必要となります。ただ、企業によっては成績によって報酬が加算されるなど、必ずしも待遇が悪いという訳ではありません。また、その企業の化粧品を社員割引で購入できるというメリットもあります。

現在化粧品業界にも、EC化の流れが進んできており、手軽にインターネットで購入できるようになってきています。ただ、お肌やメイクの悩みというのは人それぞれ千差万別です。そして、実際に手に取って確かめたいというニーズは根強くあります。お客様一人一人に寄り添った提案ができる販売スタッフの重要性は、ますます高くなる可能性があるといえます。


RECOMMEND

関連記事