最終更新日:

化粧品会社の営業職ってどんな仕事?仕事内容や必要なスキル、将来性などを徹底解説

化粧品会社の営業職の仕事というと、お客様に商品をお勧めする販売スタッフをイメージする方がいるかもしれませんが、そうではありません。

営業職というのは直接お客様に商品を営業するのではなく、販売の販路を拡げたり、販売スタッフの管理を行ったりすることが仕事です。売り上げの目標達成に向けて、戦略的に企画を考えていく必要があり、やりがいも大きい仕事です。

化粧品会社の営業職というのは具体的にどのような仕事をしているのか、必要なスキル、有利な経験、さらには待遇や将来性などについてご説明します。

化粧品会社の営業職の仕事内容

化粧品会社の営業職の仕事内容は、自社製品の売り場を拡大するために、ドラッグストアや専門店に働きかけることが主な仕事です。

また、百貨店など自社の専門の売り場の販売スタッフの教育をしたり、売り上げを管理したりする役割も担います。数値目標の達成責任を負う非常に重要なポジションです。営業職の仕事の具体的な中身について詳しくご紹介していきます。

化粧品の営業職が果たすべき役割とは

アパレル会社の営業の仕事は、ドラッグストアやコスメの専門店など化粧品を取り扱う店に対して、自社のアイテムをより多く取り扱ってもらうための営業を行う仕事です。

また、販促の施策を考えたり、販売スタッフへの指導を行ったりする役割もあります。お客様は実際に商品を使用するエンドユーザーではなく、企業の担当者である点が、販売スタッフとは大きく異なる点です。

営業職は、商品の販路を拡大し、販売促進の施策を打つことで、売り上げを大きく左右する重要な役割です。数字の達成のプレッシャーがあるぶん、やりがいも大きい仕事だといえます。

化粧品の営業職の1日の仕事の流れとは

化粧品会社の営業職の具体的な1日の仕事の流れはどのようになっているのでしょうか。一般的な流れについてご説明をしていきます。

化粧品会社の営業職は、お得意先の訪問や店舗チェック、新商品の勉強や販促の検討など、様々な業務をこなす必要があります。一般的に、朝はまずメールを確認し、新規の受注やクレームなどが入っていないかをチェックして対応していきます。日中はお客様の店舗や自社の店舗を訪問し、新規営業やフォローアップを行うため、ほとんど会社にいないということが多いです。

ドラッグストアなどでは、店頭の商品の陳列やポップの設置などを手伝うことも営業の仕事の一つです。営業先から帰社後、その日に発生した事務処理や企画の検討を進めるという流れとなります。会社によっては、一人で任されるエリアが広範囲にわたる場合もあり、出張で各地を飛び回るということもあります。営業職は頭脳だけではなく、体力も必要とされる仕事といえます。

化粧品会社の営業職となるため経験やスキルについて

化粧品会社の営業職に転職するうえで、どのような経験が役立つのでしょうか。まず、化粧品業界に限らず、何らかの営業経験がある場合は強みとなります。お客様のニーズをくみ取る力や提案力、精神的なタフさなどは、化粧品会社の営業職にも同じように必要とされる力です。

また、化粧品会社の販売スタッフから営業職にステップアップするという道も考えられます。化粧品や美容に関する知識だけではなく、実際のお客様の声や売り場のことをよく分かっており、営業の仕事にも役立ちます。

その他営業の仕事には、数字の分析力や戦略的な企画力、事務処理能力がスキルとして求められます。また、お客様先へスムーズに訪問するために、自動車運転免許が必要とされる場合もあります。

こんな人は化粧品会社の営業職に向いないので注意

化粧品会社の営業職に向いていないのはどのような人でしょうか。人との交渉や調整を行うことに、苦手意識を持っている人には合っていません。

営業の仕事は、お客様の都合と自社の都合の間に立って調整を行う場面が多く出てきます。どこに落としどころを見出せばいいのか、お客様や社内の上層部と掛け合いながら探っていくことが求められます。人の間に挟まれると疲れてしまうという人は、やめておきましょう。

また、ルーティーンワークが好きだという人も避けておいた方がいいかもしれません。営業の仕事では、日々お客様からの要望やクレームなど様々な出来事が発生します。臨機応変な対応が難しい人には、営業の仕事は務まらないといえます。

化粧品会社の営業職の待遇や将来性について

化粧品会社の営業職は、販売スタッフに比べると比較的高めの給与設定になっている企業が多いといえます。ただ、個人営業と比較するとそれほど成果報酬の要素は強くありません。売り上げや数字達成が報酬に反映される場合もありますが、チーム全体として成果を求めていこうという姿勢が重要になります。

現在化粧品業界にも、EC化の流れが進んできており、販売店の販路拡大や施策を拡げていくという仕事は、少なくなっていく可能性があります。ただ逆に、ウェブサービス上でどうやって売り上げを拡大していくかという部分は、今後大きく拡がっていくことが期待できます。新規のウェブ媒体の販路開拓やウェブ上での販売促進など、これまでの営業の経験をウェブの世界で活かしていく営業職が、今後求められていくかもしれません。

営業職のオススメ記事











RECOMMEND

関連記事