最終更新日:

保育士を辞めて転職したい!保育士の転職で給料・職場環境が良くなる方法

保育士を辞めたい!辞めたくなる理由&より良い職場に転職する方法

保育士として働いていて、給料や環境に不満を持ち「辞めたい」「転職したい」と感じた経験がある方は少なくありません

今より良い職場に転職するためには、保育士を辞めたいと感じる原因や今後のキャリアプランを見つめ直し、適切なサービスを使うのが重要です。

本記事では保育士を辞めたい理由になりやすい要因や、保育士を辞める際に利用したいサービスを紹介します。

保育士を辞めたいと悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

保育士を辞めたい人は少なくない

保育士は幼稚園教諭とともに小学生女子の「将来なりたい職業ランキング」にランクインし続ける、人気の高い職業です。
ベネッセ教育情報サイト掲載のランキングを参照)

しかし、それと同時に短期間での離職率が非常に高い職業でもあります。

保育士の勤務年数

参考:厚生労働省「保育人材確保のための『魅力ある職場づくり』に向けて」

厚生労働省の調べによると、保育士の資格がある状態で保育士以外の仕事を希望する人の50.7%は保育士としての勤務年数が5年未満でした。

つまり、経験の浅いうちに保育士を辞めているケースが多いのが分かります。

保育士を辞めたいと考える主な原因

人間関係

保育士以外の職業でも職場内の人間関係や顧客からのクレームにストレスを感じて離職を希望する方は少なくありません。

保育園の場合は少人数で運営している所が多く、担任と副担任(補助担任)などのペアで保育活動をする形が多数派です。

特に担任制の保育園では、一般的な企業以上に狭い人間関係の中で仕事をする可能性が高いでしょう。

先生同士の派閥やいじめ、方針の違い、保護者からのクレームなどで情報共有がしづらくなると、クラス運営にも支障が出てしまいます。

接し方を変えたり距離を置いたりしてみても改善が見えなければ、他の職場に移って人間関係をリセットするのも良いでしょう。

給料が安い

厚生労働省の調査によると、令和元年度の保育士の平均給与額(全国平均)は月収24万4500円、年収363万4,600円でした。

ここ数年で保育士の給与は増加傾向にありますが、日本人平均の年収436万円(国税庁の調査による)には届いていません。

出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」
   国税庁「令和元年分 民間給与実態統計調査」

好きな仕事とはいえ、仕事量や忙しさに給料が見合っていないと、モチベーションを保つのは難しいですよね。

また、長く働きたくても、昇給の可能性が低い職場では将来への不安を感じて辞めてしまう人も多いようです。

クラス担任や主任などの役職・管理職手当がつくと給料が上がる可能性があります。

今の職場での昇給が見込めないなら、待遇の良い園への転職を考えるのも手です。

仕事量が多い

保育士は子ども相手の保育以外にも連絡長の記入などの事務作業や研修など多くの業務を行ない、残業や休日出勤もせざるを得ないケースも多々あります。

職場によっては土日に行事が入り、代休や有休が取れないため「保育士を辞めたい」と感じてしまう方も少なくありません。

辛い状況でも真面目で熱意のある方ほど「子どもたちのために」と、心身に支障をきたすまで我慢してしまいがちです。

心身を壊してしまう前に、環境の良い職場へ転職するのをおすすめします。

保育士を辞めたい時の転職キャリアプラン

今の職場が辛く「辞めたい」とストレスを感じていなら、我慢して体調を崩す前に転職活動を進めましょう。

ただし、感情のまま急に辞めてしまうと収入面や今後のキャリアに支障が出やすいので、将来設計を考えてから転職するのがおすすめです。

  1. 職場を変えて保育士を続ける
  2. 保育士のキャリアを活かせる別の仕事を選ぶ
  3. 他業種の仕事にチャレンジする

職場を変えて保育士を続ける

保育士を辞めたい原因が「給料」「仕事量」「人間関係」なら、職務の内容自体より職場環境への不満が大きいのではないでしょうか。

厚生労働省の調べでも「現在抱えている不満が解消されれば、保育士として働きたい」と考えている人の割合が63.6%でした。

保育業界では転職が珍しくなく、保育園側も転職した回数より経験やスキルを重視するケースが多いようです。

まだ保育士の仕事に心残りがある方は、より良い条件の職場に転職するのをおすすめします。

他の保育施設への転職を検討する場合、ホームページなどを確認して保育方針や勤務体系、給与面などをしっかり確認しておきましょう。

保育士のキャリアを活かせる別の仕事を選ぶ

子どもと接するのが好きな方は、保育士としての経験を活かして保育施設以外での仕事をする選択肢もあるでしょう。

企業の保育所・託児所、幼児教室、児童養護施設など、子どもと接する機会の多い仕事は一つではありません

自分のキャリアややりたいことを見つめ直し、保育士以外の道を探してみてください。

他業種の仕事にチャレンジする

保育士以外にやってみたい仕事がある方は、なるべく年齢の低いうちに他業種へチャレンジしてみるのも良いでしょう。

ただし、未経験で一から始める場合は就職活動が難航したり、給与が想定より低かったりする可能性があります。

年齢が高くなるにしたがって未経験での採用が難しくなる傾向があるのは、業界を問わず基本的に同じです。

将来どのような働き方をしたいかよく考えて、転職活動をするとよいでしょう。

保育士を辞めたいなら転職サービスを活用しよう

保育士の仕事を続けたいなら特化型サービス

保育士として次の職場を探すなら、保育の仕事に特化した転職サイト・エージェントを活用しましょう。

マイナビ保育士転職サイトと同様の使い方もできるので、転職エージェントを利用したくない方にもおすすめです。

もちろん、担当者による転職支援サービスも受けられるので、自分に合ったサービスを選択してください。

マイナビ保育士
転職エージェント
主な年齢層 全年齢層
主なサポート対象者 保育士資格保持者
主なサポート地域 東京、千葉、神奈川、埼玉、大阪、兵庫、京都、愛知、福井
保育士求人数(公開) 約1.6万件
特徴 利用者満足度/認知度3年連続No.1
簡単登録
(無料)
保育士WORKER(ワーカー) 保育士バンク!
転職エージェント
主な年齢層 全年齢層 全年齢層
主なサポート対象者 保育士資格保持者 保育士資格保持者
主なサポート地域 東京、千葉、神奈川、埼玉 東京、千葉、神奈川、埼玉、大阪、兵庫、愛知
保育士求人数(公開) 約5万件 約4万件
特徴 業界最大級の求人数、保育士が認めた支持率No.1 非公開の優良求人多数、保育士求人転職サービス6部門No.1
簡単登録
(無料)


他業種に転職したいなら大手転職エージェント

保育士以外の求人を見たい方は、大手の転職エージェントを利用しましょう。

さまざまな業種・職種の求人に対応可能で、キャリアに合わせた仕事を紹介してもらえます。

まずは業界最大手のリクルートエージェントdodaに登録してから、自分がどんな仕事に就きたいのか考えていくのをおすすめします。

おすすめの大手転職エージェント

リクルートエージェント doda
転職エージェント
主な年齢層 全年代 26~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 関東・関西・東海の大卒以上
求人数 総求人数
20万件以上
総求人数
10万件以上
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実

幅広い層の求人
転職フェア多数
スカウトあり
簡単登録
(無料)

保育士を辞めたい時のQ&A

保育士を辞めるのに適した時期はいつ?

保育園では4月から新年度が始まるため、は区切りのよい年度末に退職する方が円満に退職しやすいです。

また、年度途中でも運動会などの大きな行事が終わった後は比較的退職しやすいタイミングでしょう。

後任の手配や人員計画ができるように、2~3か月前を目安として退職の意思を伝えるのをおすすめします。

病気・怪我などの差し迫った状況の場合は万全の状態で働けないため、すぐに相談して退職時期を決めましょう。

転職活動は辞める前と後のどちらから始めるべき?

転職活動を在職中・退職後のどちらに始めるかは、多くの方が悩む問題です。

それぞれにメリット・デメリットが存在するので、比較した上で自分に合った方法を選んでください。

在職中の転職活動

収入があるので心の余裕をもって転職活動ができる
ブランクが発生しない
× 面接の日程調整が難しい
× 転職先が決まっても退職するまでは働けない

退職後の転職活動

心身を整えてから転職できる
情報収集や複数社との面接に時間を割ける
× 経済的に苦しくなりやすい
× 離職期間が長くなると転職が難しくなる可能性

円満退職するにはどうしたらいい?

まずは主任やリーダーなど直属の上司にだけ退職の意思を伝え、園長に取り次いでもらうのがベターです。

退職理由は不満をぶつけるのではなく「体調不良」「介護」「引っ越し」「一身上の都合」など無難な内容にしておきましょう。

退職時期や引継ぎの相談と同時に、有給休暇をどう消化するか話し合っておくのも大切です。

引き止めを受けて決心が揺らいだり、勤務先と揉めるのが心配な方は退職代行サービスの利用も検討してみて下さい。

退職代行サービスではプロが円満退職のための手助けをしてくれるので、不要な揉め事に発展する心配がありません。

おすすめの退職代行サービス

退職代行サービスのNEXT 弁護士法人みやびの退職代行サービス
退職代行サービス
料金 33,000円 55,000円
相談窓口 電話
メール
LINE
メール
LINE
着手金 無料 無料
特徴 日本全国対応
退職できなかった場合全額返金
退職率100%
日本全国対応
出社なしの引継ぎや私物引取り可能
完全退職までフルサポート
無料相談

保育士を辞めたい原因を整理して今より良い環境で働こう

保育士は給与面や仕事内容がハードで、辞めたいと考える人も数多くいる職業です。

辞めたい原因は職場環境に由来するケースが多いため、職場を変えると改善が出来る可能性もあります。

保育士を続けるかどうかに関わらず、転職の際は今後の人生設計やキャリア形成を考えて、適切な転職エージェントを利用しましょう。

また、職場を辞める時に揉めたり引き止めにあったりしないか不安な方は退職代行サービスの活用も検討してみてください。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事