最終更新日:

保育士の転職理由はどう伝える?トラブルにならない転職・退職理由の伝え方

保育士の転職理由はどう伝える?トラブルにならない転職・退職理由の伝え方

保育士から転職を考える場合、退職の意思を伝えるにも転職の面接を受けるにも必ず「理由」の説明が必要です。

ここで職場への不満をそのまま伝えてしまうと、退職までの人間関係が悪化したり、面接で落ちてしまう原因になります。

本記事では保育士を転職・退職する際の主な理由付けと、円滑に話し合いを進めるための伝え方を解説。

今の職場を辞めて他の保育施設に転職したいと考えている方には、必読の一記事です!

保育士が転職を考える理由

  1. 収入が低い
  2. 労働条件が悪い
  3. 人間関係が良くない
  4. 保育方針の違い
  5. 体調不良・持病の悪化・出産など

怪我や出産などの理由以外で転職・退職を考える保育士の多くは、保育施設の労働環境について何かしら不満があるのが本音ではないでしょうか。

保育士の方が実際に転職を考える理由としては、ハードな仕事量と長時間労働に見合わない収入、他の先生や保護者との人間関係などが挙げられます。

その他、保育に関する施設の方針や子どもへの対応が合わず、他の保育施設に移りたいと考える保育士の方も少なくありません。

今の職場へのストレスが大きいのであれば、心身に不調をきたす前に転職するのをおすすめします。

保育業界のおすすめ転職エージェント

マイナビ保育士
転職エージェント
主な年齢層 全年齢層
主なサポート対象者 保育士資格保持者
主なサポート地域 東京、千葉、神奈川、埼玉、大阪、兵庫、京都、愛知、福井
保育士求人数(公開) 約1.6万件
特徴 利用者満足度/認知度3年連続No.1
簡単登録
(無料)
保育士WORKER(ワーカー) 保育士バンク!
転職エージェント
主な年齢層 全年齢層 全年齢層
主なサポート対象者 保育士資格保持者 保育士資格保持者
主なサポート地域 東京、千葉、神奈川、埼玉 東京、千葉、神奈川、埼玉、大阪、兵庫、愛知
保育士求人数(公開) 約5万件 約4万件
特徴 業界最大級の求人数、保育士が認めた支持率No.1 非公開の優良求人多数、保育士求人転職サービス6部門No.1
簡単登録
(無料)


保育士が職場に退職理由を伝える時の注意点

ネガティブな理由は伝えない方が良い

給与や労働環境への不満、自分には資質がないなどネガティブな理由は、退職の話をする際にそのまま伝えない方が良いでしょう。

正直に伝えたせいで関係が悪化すると、退職までの期間の仕事がやりづらくなる可能性が高いです。

また、「改善すれば続けてくれるのか」「それは保育士として働く以上どこでも同じ」などの引き止めを受けやすくなる側面もあります。

「全く違う業界・仕事にチャレンジしたい」など嘘にならない範囲でポジティブな理由を考えておくのがおすすめ。

明確な退職理由を準備しておく

今の保育施設を辞めたい時は、引き止めにくい理由を用意しておくとスムーズに話が進みやすいです。

例えば「持病の悪化や心身の不調」「結婚」「介護」「引っ越し」などが無難です。

ただし、そういった事実がないのに嘘をつくのはおすすめしません

自分の意思でより良い職場に転職したい場合も、なるべく本音よりも前向きな理由を伝えると円満退職につながります。

保育士が面接で聞かれる転職の理由

志望動機

転職活動の面接で必ずと言っていいほど聞かれる話題と言えば、志望動機です。

数多くある保育施設の中からどうしてここを選ぶのか、面接担当者が納得できる理由を求められます。

志望動機が退職理由に直結している場合も、マイナス感情を出しすぎないように気を付けてください。

基本的には志望先の理念や雰囲気を調べ、どこに共感したのか、どういった働き方をしたいかを答えましょう。

前の職場を辞めた理由

面接で離職理由を聞かれるのは、主に「今後この職場で続けられそうか」「同じ理由で辞める可能性はないか」などの意図です。

退職を決意した理由を伝えて良いかどうかは、担当者が好印象を抱くかどうかで決まります。

正直に話すとマイナス印象を与えそうな場合は、上手く隠してポジティブな理由に変換しましょう。

【理由別】保育士が面接で転職理由を伝えるコツ

保育士が同職種に転職する場合、「どうして以前いた保育施設からうちに移りたいのか」と聞かれるタイミングは必ず来ます。

保育士の転職自体は珍しい話ではなく、重要となるのは今持っている保育士としての経験やスキルです。

「自分のスキルを転職先でどう生かしたいか」「どのような保育士になりたいか」を明確にしてから、転職理由としてアピールしましょう。

保育施設ごとに方針や雰囲気は大きく異なるので、事前にWEBサイトなどでチェックして対策するのをおすすめします。

保育方針の不一致

職場で指示される保育方針と自分の考えが大きく違っていると、業務自体がストレスになってしまいます。

別の保育施設に転職する場合、理由としてそのまま伝えて問題ないですが、必要以上に前の職場を貶めないように気を付けましょう。

賛同できなかった方針を批判するよりも、志望している保育施設の子どもたちへのかかわり方や理念のどこに共感したのかを意識して伝えてください。

人間関係

先生同士のパワハラ・いじめや保護者とのトラブルが原因で辞めたケースは、正直に伝えない方が無難でしょう。

状況を知っていれば「原因はあの人だな」と推測できる話でも、面接の場で話を聞くのは初対面の人間です。

自分が一切悪くない状況だったとしても、コミュニケーション能力や人間性を疑われてしまう可能性があります。

人間関係が転職理由の場合は、「保育方針の不一致」を主な理由として説明しておくのがおすすめです。

体調不良

ハードな勤務や人間関係による体調不良・持病の悪化などで以前の職場を辞めた場合は正直に伝えましょう。

そのまま伝えるのではなく、「治療を受け、現在は回復している」「今後は心機一転して頑張りたい」とアピールするのが大切です。

その際、以前の職場に対する悪口や苦労話を喋るのはおすすめできません。

出来る限り前向きな理由に言い換え、マイナス感情が伝わる話は控えめにしておくと面接時の印象が良くなります。

給料や労働環境が悪かった

収入や待遇など、労働条件への不満も退職の大きな理由の一つです。

しかし、これを正直に伝えると「うちより収入が得られるところがあればすぐにそちらに行くのでは?」と受け取られるかもしれません。

収入面が好待遇の職場では、保育士としてのスキルや経験がより重視されやすいです。

転職先でいかに自分の能力を活かして働けるか、こういったスキルを活かしたい、などの方向から理由を考えるのが良いでしょう。

保育士の転職理由は極力ポジティブに伝えよう

保育業界は転職回数が多くてもスキルや経験次第で許容されやすい傾向がありますが、退職時や面接時には相応の理由説明が求められるでしょう。

不満を抱いて転職する場合、ストレートに感情をぶつけても良い結果は出づらいです。

嘘にならない範囲でポジティブな伝え方を心掛けるのが、円滑な転職活動のコツ。

「子どもたちへの接し方や保育方針に共感して」「より自分のスキルを活かした保育ができると考えて」など、前向きな姿勢をアピールしてください。

自分の強みや希望する働き方を考える時は、プロの転職エージェントや自己アピール作成に役立つ診断を利用できるミイダス(MIIDAS)などの利用がおすすめです。

転職する理由を明確にして、理想通りの働き方を実現させましょう!

【保育士におすすめの転職サービス】
働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事