最終更新日:

広告営業とは?仕事内容やスキルや注意点を解説

広告営業と言っても「広告代理店の営業」と、「自社の広告営業」のようにいくつか種類があります。このページでは、ざっくりとした広告営業の区分や、「広告代理店の営業」での仕事内容、スキル等について解説します。

広告営業の仕事内容

広告営業は大きく分けて広告代理店の営業と、自社の広告営業に区分されます。基本的に広告営業の仕事を目指すのであれば、広告代理店を目指すことになります。なぜなら、自社の広告営業はその部門に配属されないと広告とまったく関係ない仕事をすることになるからです。

広告代理店の営業はクライアントの企業や商品、サービスを宣伝するのが仕事ですが、自社の広告営業では自社そのものや自社の商品、サービスを宣伝します。

広告営業の果たす役割・フロー

ここからは広告代理店の営業職に絞って紹介します。広告営業が果たす役割は、顧客との折衝やその結果を社内にフィードバックすることです。営業職もある程度企画内容を考えたり自分で考えた内容を顧客に提案することもありますが、社内にはマーケティング部門や制作部門があることが多いので、それらの部門と連携します。

1日の仕事の流れ

広告営業の1日の仕事は工程によって異なります。具体的には、企画立案~提案までの段階と、受注~広告の実施の段階で区分するとわかりやすいでしょう。まず企画立案~提案では以下のような作業を行います。

  • 社内のプロジェクトチームとの会議
  • 会議内容を元に資料作成
  • 顧客への提案

以上のように社内と顧客の橋渡し的なポジションで営業は動くことになります。受注が決定してから広告を実施するまでは以下のような流れです。

  • 社内の各担当者との打ち合わせ
  • 顧客との予算、スケジュール調整
受注から広告実施の際にも営業職は顧客と社内の調整役の役割を担います。すべてを1日でやるわけではありませんが、イメージとしては、顧客か社内との打ち合わせ等が毎日入り、空いた時間で書類作成作業等を行います。

広告営業のやりがい・大変さ

広告営業のやりがいは、自分が営業や企画に携わった、場合によっては制作にも携わった広告が世に出ることです。媒体はいろいろありますが、たとえば苦労してチームで作り上げたものがテレビコマーシャルとして流れることもあります。

自分の作ったものが世間に見てもらえる、顧客の役に立つ、消費者を楽しませることができる、というやりがいは広告業界ならではです。しかし、大変さももちろんあります。企画がうまく進行しなかったり、納期に間に合わなかったりといったトラブルは日常茶飯事でしょう。

また、どれだけ大変な思いをして作った広告も、媒体に関わらず短期間で世間に忘れ去られてしまいます。大切に作ってきた作品が日の目を見るのは一瞬です。

作品が日の目を見るのは一瞬ですが、自分の記憶やスキルとしてはストックされていくので、その点でモチベーションを保てればすぐに消えてしまう広告にも全力を注げるでしょう。

広告営業に求められる経験

広告営業は未経験でも就職可能ですが、どのような経験があれば有利になるのでしょうか。

未経験でも相性の良い業界・職種

広告営業と相性の良い業界は、同じ広告業界です。これは当然なのですが、もしくは他業界の広告宣伝部門などでも相性が良いです。広報や広告宣伝の仕事をするうちにそれを極めたくなった、といった説明だと志望動機としてもある程度の説得力があります。

広告営業に求められるスキル

次に広告営業に求められるスキルについて紹介します。

広告営業にもっとも求められるスキルはコミュニケーション能力です。なかでも特に相手の話を聞き、需要を探るスキルは必須でしょう。多少聞こえは悪いかもしれませんが、相手の顔色を伺うスキルが重要です。

広告の内容の企画や制作は社内に別部門があるケースが多いので、営業は調整の役割を求められることが多いのです。

広告営業の注意点

広告営業を目指す前に、その職種が本当に自分に合っているのかどうか判断した方が良いです。広告業界には華やかなイメージや憧れがあるかもしれませんが、その華やかさが内部に入ってかえって苦痛になったり、イメージよりも地味な作業が多いこともあります。

広告営業に不向きな人の特徴

広告営業は上記の通りコミュニケーション能力が重要で、なおかつ人の顔色を伺う能力は必要不可欠と言えます。いくら広告への情熱や熱意があっても、空気を読む力がないと空回りする可能性が高いです。

マーケティングや制作と顧客との調整役なので、人間関係を円滑に持っていくスキルがないと厳しいです。また広告業界は世間的に優秀と言われる人材が集まることが多いです。そのため業務上関わる人それぞれが高いプライドを持っているケースも多いでしょう。

もちろん仕事に対するプライドであれば良いことなのですが、そうではなく自分の優秀さを鼻にかけて周囲を見下すようなタイプの人とも関わるかもしれません。広告業界を否定しているわけではなく、華のある業界だからこそこういった人間関係の大変さがあるという意味です。

広告営業の給与・待遇・将来性

広告営業単体での平均年収データはありませんが、広告業界全体の平均年収は575万円~675万円程度と高収入です。待遇は残業等は多いものの、福利厚生は充実しています。

参考URL
http://heikinnenshu.jp/tokushu/kokokudairi.html

広告営業の今後の推移

広告業界は営業職含め人間でなければできない仕事です。AIに仕事を奪われる可能性は低いでしょう。また、インターネット広告を中心に事業規模は年々拡大しています。IT業界ともコラボしやすい領域なので、今後も需要が期待できます。

営業職のオススメ記事











RECOMMEND

関連記事