最終更新日:

広告デザイナーとは?仕事内容やスキル・注意点を解説

広告デザイナーとは、その名の通り広告をデザインする仕事になります。このページでは、主に広告制作会社やデザイン事務所所属の広告デザイナーの具体的な仕事内容、スキル、注意点等について解説していきます。

広告デザイナーの仕事内容


広告デザイナーの仕事内容は、テレビ、雑誌、新聞、駅や電車のポスター、街中の看板、インターネット上、カタログ、パンフレット、折り込みチラシ、など幅広い媒体に載せる広告をデザインすることです。

デザインセンスはもちろん、顧客の要望に沿ったデザインを手掛けるためのヒアリング能力等も求められます。

広告デザイナーの役割・フロー

広告デザイナーの業務は上記の通りですが、広告デザイナーは多くの場合エンドユーザーから直接依頼を受けるわけではありません。多くの広告デザイナーは広告制作会社やデザイン事務所に所属しており、広告代理店から依頼を受けます。

つまり、以下のような流れで仕事をもらいます。

  1. エンドユーザー(広告を出す企業)
  2. 広告代理店
  3. 広告デザイナー

広告代理店に所属する広告デザイナーもいるにはいるのですが、少数派です。

1日の仕事の流れ

広告デザイナーは工程によって1日の作業内容が異なります。大まかに分けると、仕事をもらう段階と実際に広告デザインを手掛ける段階に分けられます。まず仕事をもらう段階では、以下のような作業がメインになります。

  • 広告代理店の営業やマーケティング担当者との打ち合わせ
  • エンドユーザーを交えての打ち合わせ
  • モックアップの作成やその説明

次に実際にデザインを手掛ける段階では以下のようになります。

  1. デザイン制作
  2. 広告代理店へのデザイン提出、説明
  3. エンドユーザーへの説明

1日ですべての作業を行うわけではありませんが、打ち合わせやそれに付随する資料作成が中心の日もあれば、デザイン制作のために事務所でデスクに向かい続ける日もあります。

ただし仕事の依頼が多いデザイン事務所ほどお得意様を抱えているので、打ち合わせはほどほどに全面的にデザインを任せてもらえることが多いです。そうすると、デザイン制作に集中する時間が増えます。

広告デザイナーに求められる経験

広告デザイナーに求められる経験は、デザインを勉強した経験です。

未経験でも相性の良い業界・職種

広告デザイナー自体未経験でも、他業界でのデザイン経験や、美大や専門学校でデザインを勉強した経験が求められます。独学でも就業可能ですが、専門職なので社会人経験等よりもとにかくデザインスキルが求められます。

広告デザイナーに求められるスキル・資格

次に広告デザイナーに求められるスキルや資格について紹介します。

広告デザイナーに求められるスキル

広告デザイナーに求められるスキルは、デザインスキルとコミュニケーションスキルです。コミュニケーションは顧客のニーズを読み取るために必要ですが、仕事の性質上デザインスキルが圧倒的に重要です。

広告デザイナーに求められる資格

広告デザイナーに必須の資格はありません。また、資格が重視される傾向にもありません。色彩検定やカラーコーディネーター検定の取得を検討するのであれば、人からの評価ではなく自分のスキルアップに役立つかどうかという観点で考えると良いでしょう。

広告デザイナーの注意点

広告デザイナーを目指す前に、そもそも自分が広告デザイナーに向いているかどうか考えた方が良いです。

広告デザイナーに不向きな人の特徴

広告デザイナーに不向きな人の特徴は以下です。

  • そもそもデザインで食べていく気があまりない
  • 自分独自のデザイン性にこだわりたい
  • 仕事はコストパフォーマンスで選びたい

以上の条件に当てはまると広告デザイナーとしてやっていくのが厳しくなります。まず、広告デザイナーはデザインのことを常に考えるくらいでないとやっていけないので、デザイナーとしてスキルアップに努力する必要があります。

次に、自分独自のデザインにこだわり過ぎると広告デザイナーは務まりません。基本的に顧客や広告代理店が求めているデザインを作る必要があるので、独自のデザインを追求したい方は広告業界を選ばない方が良いでしょう。

最後にデザイナーの仕事自体費用対効果が必ずしも良いとは限りません。自分のデザインの評価が上がれば儲かりますが、最初のうちは日々徹夜で納期を守っているにも関わらず、食べていくのもやっとの給料、といった状況の方が多いです。

給料よりもデザインのやりがいを重視する方でないと嫌になるかもしれません。

広告デザイナーの給与・待遇・将来性

広告デザイナー単体の平均年収データはありませんが、グラフィックデザイナー全般の平均年収は300万円~430万円程度です。この金額は他の職種と比べてあまり高い水準ではありませんが、これでも一部のハイスペックデザイナーが引き上げている平均年収です。

参考URL
http://careergarden.jp/graphicdesigner/salary/

広告デザイナーの今後の推移

広告デザイナーの仕事だけだと、便利なツールの登場により仕事の規模が縮小していく可能性があります。今まで人間が手作業していたものが簡単にツールで作成できるようになると、デザイナーは必ずしもいらなくなるからです。

そこでおすすめされる方法は、デザイナー以外のスキルも身に付けることです。たとえば、プログラミング、マネジメント、などの分野でスキルアップを図り、デザイナーとしてのスキルと組み合わせることで市場価値が高まります。


RECOMMEND

関連記事