最終更新日:

住宅営業の仕事内容は?必要スキルや役割・注意点についても解説

住宅営業は私たちにとって身近な住宅を扱う職種ですが、具体的にどのような流れで仕事を進めていくのでしょうか。

住宅営業の仕事内容

住宅営業の仕事内容は、住宅の販売、リフォーム、賃貸仲介の営業です。このなかで一般的にイメージされることが多いのは住宅の販売で、契約金額もダントツで大きいです。リフォームや賃貸仲介はサブ業務で、メイン業務は住宅の販売と言えます。

住宅営業の役割・フロー

住宅営業のメイン業務である住宅販売では、注文住宅営業と建売住宅営業の仕事があります。注文住宅は一から提案してこれから家を建てていくための営業です。建売住宅はすでに建っている家を販売します。

まず注文住宅営業では以下の作業を行います。

  1. 間取り、設備、など設計段階から顧客の要望を聞き出す
  2. 一度では決まらないので、繰り返し顧客宅等を訪問して打ち合わせを重ねる
  3. 顧客の要望を加味し、現実的な予算やプランを提案する
  4. 大まかに決まったら、社内の技術者と連携を行う

建売住宅営業の場合、間取りや設備等は説明するだけで、あとは物件のアピールをして販売するだけです。金額が大きいのは注文住宅営業の方ですが、その分もちろん大変さがあります。

特に注文住宅営業は1日ですべての作業を行うわけではありませんが、1日のうちで顧客宅訪問や、提案資料の作成、技術者との連携などをその都度行います。

住宅営業に求められる経験

住宅営業は未経験からでも就職できます。実際未経験から就職する人も多いです。

未経験でも相性の良い業界・職種

住宅営業は未経験からでも就職可能ですが、別業界の営業職の経験があると就職に有利です。住宅営業は専門知識もある程度は必要ですが、就職後に身に付けることも可能で、それよりも基礎的なコミュニケーション能力が重要です。

営業職の経験があれば一定のコミュニケーションスキルがあるので、就職に有利です。

住宅営業に求められるスキル・資格

次に住宅営業に求められるスキルや資格について紹介します。

住宅営業に求められるスキル

住宅営業に求められるスキルはコミュニケーション能力です。住宅に関する知識や書類作成能力も重要ですが、それらはある程度仕事を継続していれば身に付くスキルで、圧倒的に重要なのはコミュニケーション能力です。

家という高額な商品を買ってもらうためには営業が信頼を得ることが必須です。個人宅を訪問するので邪険にされることもありますが、それでも関係を壊さないよううまくやる必要があります。

住宅営業に求められる資格

住宅営業に求められる資格は特にありません。宅地建物取引主任者資格があると一定の知識の証明にはなりますが、上記の通りコミュニケーションスキルの方が圧倒的に重要なので、場数を踏んで人間関係を円滑にするトレーニングが必要です。

住宅営業の注意点

住宅営業を目指す前に、本当にその職業が自分に合っているのかどうか判断した方が良いです。

住宅営業に不向きな人の特徴

住宅営業に不向きな人は、顧客と密なコミュニケーションを取るのが苦痛な人です。顧客宅に訪問して営業することになるので、はっきり言って気まずさはあるでしょう。顧客からしても自宅という極めてプライベートな空間に営業を入れることになるので、いつもより敏感になる可能性が高いです。

たとえば営業に対して顧客が生理的に受け付けないと感じた場合、そこが自宅である分余計に苦痛を感じます。営業は顧客と良好な関係を築くための配慮が重要で、身だしなみを始め顧客に不快な思いをさせないようにしていると気疲れするかもしれません。

気配りできないのはもちろんNGですが、気配りに疲れてしまうのも考え物です。自然に気配りできる方には住宅営業はぴったりでしょう。

住宅営業の給与・待遇・将来性

住宅営業の年収のばらつきが大きく、平均年収のデータがありません。住宅営業は家という誰にでも関係のある流行り廃りのない商品を取り扱っており、また家は高額です。そのためお金の動く業界ではあるのですが、収入に格差があるのも事実です。

住宅営業はインセンティブの割合が大きく、営業成績に応じて大きく年収が変動します。

参考URL
https://careerpark.jp/21304

今後の推移

住宅営業は機械化できるものではなく、特に営業職の役割の大きい業界です。たとえば注文住宅で考えると、顧客がデータを入力し、AIがデータベースの情報と照合して最適な住宅を提案するようなシステムは確かに実現可能です。

しかし、問題はそれで本当に顧客は購入するのかということでしょう。安い買い物ならAIでの照合は便利さも面白さもあるので顧客も食いつくかもしれません。また高額でも自動車のように調べればスペックのわかる商品であればAIに提示された車種を調べて購入を検討するかもしれません。

しかし、注文住宅は唯一無二のもので、なおかつ家の構造や立地等いろいろ検討しなければならない項目が多いです。さすがにAIに提示されただけでは顧客には不安が残ると考えらます。営業職全般機械化の方向に進んでいますが、そのなかでは住宅営業は人の力が欠かせません。

営業職のオススメ記事











RECOMMEND

関連記事