最終更新日:

住宅コンサルタントの仕事内容は?必要なスキルや注意点についても解説

住宅コンサルタントとは、顧客の家づくり全般をサポート、相談する職業です。住宅営業などと混同されることがありますが、住宅コンサルタントは「中立の立場」で顧客と関わる点がポイントです。

このページでは、住宅コンサルタントの具体的な仕事内容、必要なスキル、注意点等について解説します。

住宅コンサルタントの仕事内容

住宅コンサルタントの仕事内容は、家を買いたい顧客の全面的なサポートです。顧客はまだ具体的なことが何も決まっていない場合もあれば、業者との話がある程度進んでいる、場合によっては家づくりの途中でトラブルを抱えてコンサルタントの元を訪れることもあります。

住宅コンサルタントは、顧客の状況に応じて適切な戦略を立て、手を差し伸べます。

住宅コンサルタントが果たす役割・フロー

住宅コンサルタントはあくまでも中立の立場でコンサルティングを行います。家は非常に高額な買い物ですが、その割に情報が不足しがちで、売り手であるハウスメーカーからの情報のみで判断してしまうケースも少なくありません。

ハウスメーカーも当然売り上げを伸ばすために動いているので、提供する情報が必ずしも客観的というわけではないでしょう。そこで、住宅コンサルタントは客観的な立場から専門家としての知識を活かして顧客にアドバイスを行います。

顧客は客観的な情報を得られるので、適正に判断して家を購入できます。

住宅コンサルタントの仕事の流れ

住宅コンサルタントは以下の流れで仕事を行います。

  1. 初回の相談、今後のスケジュール確認
  2. 業者の紹介
  3. 購入プランの確認、見積書作成
  4. 契約書、約款の確認
  5. 契約の仲介、サポート
  6. 工期に対する着工度合いの確認
  7. トラブル対処時には間に入ってのサポート
  8. 最終引き渡しまでサポート

以上のように、契約の前段階から全面的にサポートします。コンサルタント自身の1日のスケジュールで見ると、複数顧客との面談、電話対応、書類確認・作成・整理、などの作業があります。

住宅コンサルタントに求められる経験

住宅コンサルタントに求められる経験は、住宅関連企業での勤務経験か、金融資産等に関するアドバイザー経験です。

未経験でも相性の良い業界・職種

未経験でも相性の良い業界は、住宅業界、不動産業界、金融業界等です。営業職からコンサルタントに転職する場合、住宅業界が望ましいでしょう。

もともとコンサルタント畑にいる場合、金融業界や不動産業界からの転職も多いです。

住宅コンサルタントに求められるスキル・資格

次に住宅コンサルタントに求められるスキルや資格を紹介します。

住宅コンサルタントに求められるスキル

住宅コンサルタントに求められるスキルは、住宅に関する知識、住宅を含めた資産運用全般に対する知識、コミュニケーション能力です。住宅に関する知識やコミュニケーション能力が重要なことはイメージ通りかと思いますが、それだけではなく住宅を含めた資産運用全般にもある程度詳しい必要があります。

その理由は、住宅は決して安い買い物ではなく、多くの顧客にとってその後の人生の経済状況に大きな影響を与えるからです。家の値段やお得なローンの組み方をアドバイスすることはもちろん、顧客の経済状況や職業等を加味した上で最適なアドバイスを行うためには、その他の資産運用と比較検討しながらアドバイスを行う必要があるのです。

住宅コンサルタントに求められる資格

住宅コンサルタントに必須の資格はありませんが、ファイナンシャルプランナーや宅地建物取引士の資格を持っていると良いです。有利というよりは、多くの住宅コンサルタントはこれらの資格を所有しているので、最低限の専門知識の証明として取得しておいた方が良いでしょう。

ちなみに、不動産コンサルタントは不動産コンサルティング技能登録証がないと名乗ることができません。

住宅コンサルタントの注意点

住宅コンサルタントを目指す前に、その仕事が自分に向いているのかどうか判断しておいた方が良いでしょう。

住宅コンサルタントに不向きな人の特徴

住宅コンサルタントに不向きな人の特徴は以下です。

  • 住宅を含めた資産運用に関する勉強を継続できない
  • コンサルタントに必要なコミュニケーション能力が欠落している
  • 数字に弱すぎる

以上のように勉強する努力とコミュニケーション能力が必須です。住宅に関心があるだけでは事足りず、資産運用全般の知識が必要です。顧客の経済状況を加味して資産運用のアドバイスや、場合によってはポートフォリオを作成します。

上記理由のため、数字に弱すぎると仕事に支障が出て、顧客からの信頼も得られません。

住宅コンサルタントの給与・待遇・将来性

住宅コンサルタントの平均年収データはありませんが、不動産コンサルタントの平均年収は600万円強です。不動産コンサルタントは資格が必須の職業なので、その分収入もプラスされます。

そう考えると、住宅コンサルタントの平均年収は不動産コンサルタントには劣るでしょう。

参考URL
http://heikinnenshu.jp/fudousan/fudousan_c.html

住宅コンサルタントの今後の推移

高齢化が進むと今後家を建てる人は減りますが、住宅コンサルタントの仕事がなくなるわけではありません。その理由は、住宅コンサルタントは不動産投資に対するコンサルティングも行うからです。

平均年齢が上がった結果不動産投資で将来に老後に備える中高年は増えているので、住宅コンサルティングの需要は大きいです。


RECOMMEND

関連記事