最終更新日:

保育士の中途採用は狙い目!最適な転職時期と内定までの流れ

保育士の中途採用は狙い目!最適な転職時期と内定までの流れ

給料や人間関係などを理由に転職を考えている保育士の方は少なくありません。

新卒とは違い、中途採用の場合は求人数が多い時期に転職活動をスタートできるかどうかが重要です。

本記事では、保育士の中途採用に最適な時期や、転職活動時の注意点などを解説します。

スムーズに転職活動を進めたい保育士の方は必見です!

保育士の中途採用事情

保育士業界は人手不足

保育士の有効求人倍率は2021年4月時点で2.45倍と、全職種平均(1.69倍)より高いのが特徴です。

保育士の有効求人倍率が多い=多くの保育園では人手が不足していると読み取れます。

東京都などの都心では有効求人倍率が高い傾向にあるため、中途採用で選べる求人数も多いでしょう。

保育園情報は自分で調べる必要がある

中途採用の情報収集方法
● 保育園等のホームページ
● 合同説明会・セミナー
● 保育士向け転職フェア
● ハローワーク
● 転職サイト
● 転職エージェント

中途採用では基本的に学校からの斡旋などはなく、自力で求人情報を調べる必要があります。

保育園によって理念や特徴、保育方針なども異なるため、自分の希望に合う所を探すのは大変です。

自分のスキルや希望条件を固めるには、中途採用に強いプロの力を借りるのがおすすめです。

保育士向けの転職フェアや、保育士に強い転職エージェントを活用し、必要な情報を効率よく収集しましょう。

保育士で中途採用を受けるメリット

給料が上がりやすくなる

新卒での採用に比べると、中途採用では最初から給料が高くなりやすいです。

月給の面だけでなく、家賃補助を始めとした福士厚生などが充実した保育園も選べます。

今までの経験を活かして、転職先で役職手当が付くポジションを狙えれば大きく年収がアップするでしょう。

厚生労働省が主導する「保育士等キャリアアップ研修」をまだ受講していない方は、研修を受けられる保育園を選ぶのがおすすめ。

キャリアアップ研修で一定の条件を満たすと、毎月5000円もしくは4万円の手当を受け取れるようになります。

待遇の交渉が可能

人員配置を整えるために即戦力が欲しい保育園にとっては、新卒よりも中途採用で経験がある保育士は非常に心強い存在です。

保育園によっては、希望通りの条件で働けるよう対応してもらえる場合もあります。

今の職場よりも良い待遇で働くためには、自分の経験を求めてくれる保育園を探す情報収集を怠らないようにしましょう。

住宅補助が出るケースがある

都市圏を中心に、保育士への住宅補助「保育士宿舎借り上げ支援事業」が、一部の自治体で行なわれています。

保育士の待遇を改善するのが目的で条件に適応すれば、上限82,000円の家賃補助を取得可能です。

令和3年度では採用後5~9年以下の常勤保育士に補助が適用されます。

年度や保育園によっても実施状況は変わるので、転職サイト・転職エージェントなどで補助を受けられる保育園をリサーチしましょう。

保育士の中途採用に最適なのは2月

保育士の仕事は多くの場合担任制で、年度末である3月に退職するケースが多いです。

中途採用の求人は人員補充・拡充が目的のため、退職者が出たタイミングで募集が行なわれます。

厚生労働省の調べによると、保育士の求人数は毎年2月がピークで5~6月が最も低いです。

その他、夏期の賞与をもらって辞める保育士も一定数いるため、8月頃も求人数が増えやすいでしょう。

4月スタートの中途採用を目指す方は、選択肢が最も多い2月から転職活動を始めるのがおすすめです。

厚生労働省「職業安定業務統計

中途採用者は即戦力としてすぐ業務にあたり、指導はOJTとなるケースが多いです。

中途採用を目指す保育士向け転職サービス

保育士業界での中途採用者は、スキルや経験が重視されます。

スキルさえあれば転職回数には他業界に比べて寛容な傾向があるため、転職を躊躇する必要はありません。

保育業界に強い転職エージェントを利用して、より良い職場への転職を目指しましょう。

マイナビ保育士
転職エージェント
主な年齢層 全年齢層
主なサポート対象者 保育士資格保持者
主なサポート地域 東京、千葉、神奈川、埼玉、大阪、兵庫、京都、愛知、福井
保育士求人数(公開) 約1.6万件
特徴 利用者満足度/認知度3年連続No.1
簡単登録
(無料)
保育士WORKER(ワーカー) 保育士バンク!
転職エージェント
主な年齢層 全年齢層 全年齢層
主なサポート対象者 保育士資格保持者 保育士資格保持者
主なサポート地域 東京、千葉、神奈川、埼玉 東京、千葉、神奈川、埼玉、大阪、兵庫、愛知
保育士求人数(公開) 約5万件 約4万件
特徴 業界最大級の求人数、保育士が認めた支持率No.1 非公開の優良求人多数、保育士求人転職サービス6部門No.1
簡単登録
(無料)


保育士の中途採用を目指すなら転職エージェントを活用しよう

保育士の求人が増えるのは、年度末に向けて退職者が多くなる2月~3月頃です。

4月を迎えると求人数が減ってしまうので、年度末退職を目指している方も早めに転職活動を始めるのがおすすめ。

しかし、現職の保育士が仕事と並行で転職活動を続けるのは難しいでしょう。

転職エージェントや保育士向けの転職フェアを活用しながら、効率よく転職活動を進めてください。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事