最終更新日:

人材コーディネーターはどんな仕事?業務内容やスキルについて解説

人材コーディネーターの定義や仕事内容、スキル等について解説していきます。人材に関する仕事はリクルーターやエージェントなどもありますが、このページでは人材コーディネーターについて解説していくので、今後リクルーターやエージェントと混同してしまうこともなくなるはずです。

人材コーディネーターの仕事内容


人材コーディネーターの仕事内容は、「受注した案件に人材を派遣すること」です。リクルーターやエージェントと混同されがちですが、まったく別の仕事になります。派遣会社で登録制のアルバイトなど経験したことのある方はわかりやすいかと思いますが、まず案件を受注して、そこに登録した派遣スタッフを派遣するのが人材コーディネーターの仕事です。

人材コーディネーターの役割

人材コーディネーターの役割は、受注案件と人材をマッチングさせることです。本来は受注した仕事現場の人やその会社の人がスタッフを集めれば良いのですが、人が集まらない、必要なときにだけ来てもらいたい、という理由で人材コーディネーターに依頼しています。

人材コーディネーターは先に案件を受注してそこからスタッフを探す形式を取るので、スタッフを見つけて必要な人材を埋める役割を果たします。

1日の仕事の流れ

人材コーティネーターは受注案件の担当者と、派遣スタッフの双方とコミュニケーションを取る必要があります。定期的に受注している案件は別にして、新規で開拓する際には現場の下見が必要になるでしょう。

受注案件の現場を見に行って、どのような仕事をするのか、どのようなスタッフが必要なのかをコミュニケーションを取りながら視察します。次に、派遣するスタッフとのやり取りがあります。

派遣スタッフは日々新規に登録しに来るので、そこでの対応や、実際に現場に行ってもらう際には電話等で連絡します。1日の仕事の流れは日によって異なるかと思いますが、だいたい1日の中で以下のような作業が必要になるでしょう。

  • 現場担当者とのコミュニケーション(新規の場合は現場に足を運ぶ)
  • スタッフへの電話連絡(交渉だけでなく、当日の出勤・退勤報告などもある)
  • スタッフの登録説明、登録会
  • 事務作業(スタッフの給与計算、受注案件からもらうお金の計算等)

以上のような業務をすべて1日で行うわけではありませんが、必要に応じてスケジュールに組み込んでいきます。

人材コーディネーターに求められる経験

人材コーディネーターの仕事は未経験でも応募可能です。なぜなら、専門的なスキルよりもコミュニケーション能力の方が重要だからです。

未経験でも相性の良い業界・職種

人材コーディネーターはコミュニケーション能力が最重要なので必ずしも特殊な経験を求められるわけではありませんが、人材派遣業界等類似する業界の経験があると強みになります。

また業界が違っても、営業職のように人とのコミュニケーションが重要になる職種の経験があると、業務に付随するコミュニケーション能力の証明になります。

人材コーディネーターに求められるスキル・資格

次に人材コーディネーターに求められるスキルや資格について紹介します。

人材コーディネーターに求められるスキル

人材コーディネーターに求められるスキルは以下です。

  • コミュニケーション能力
  • 事務処理能力

主にはこの2つになるでしょう。まずコミュニケーション能力に関してですが、人材コーディネーターには幅広いコミュニケーション能力が求められます。人材コーディネーターや受注する現場とも派遣スタッフとも正確に業務伝達を行う必要があるので、論理的で無駄のないコミュニケーションを行うスキルは必要不可欠でしょう。

業務伝達に付随して、事務処理、書類作成等の能力も必須です。しかし、人材コーディネーターに求められるコミュニケーション能力はこれだけではなく、関わる人が楽しく働けるよう雑談や会話を盛り上げる能力も重要です。

正確に業務伝達するコミュニケーションはもちろん不可欠なのですが、それだけだと周囲で働く人は息が詰まります。楽しく働いてもらうためには、雑談等を踏まえつつ周りの人を楽しませるトークスキルも重要と言えます。

人材コーディネーターに求められる資格

人材コーディネーターに求められる資格は特にありません。上記の通り幅広いコミュニケーションが重要なので、資格よりも、場に応じていろいろなコミュニケーションが取れるようスキルアップした方が良いでしょう。

人材コーディネーターの注意点

人材コーディネーターを目指す前に、自分に向いているのかどうか判断した方が良いです。

人材コーディネーターに不向きな人の特徴

人材コーディネーターに不向きな人の特徴は以下です。

  • コミュニケーションを取るのが苦手、嫌い
  • 事務作業が苦痛

これまでの説明からもわかる通り、正確かつ論理的なコミュニケーション、場を盛り上げるコミュニケーション、事務処理、これらの要素が苦手であったり嫌いであると、人材コーディネーターは務まりません。

人材コーディネーターの給与・待遇・将来性

人材コーディネーターの平均年収は300万円~500万円程度です。待遇に関して福利厚生は充実しているものの、やはり人材を埋めるための待機時間や営業時間が長くなりがちなので、業務時間自体は長くなる傾向にあります。

参考URL
http://careergarden.jp/jinzai-coordinator/salary/

今後の推移

人材派遣に関する法改正は議論の余地が多いので、法改正に伴い事業が縮小する可能性は十分にあります。そうなると、人材コーディネーターの給料や需要にも影響するでしょう。しかし、人材コーディネーターとして培ったトークスキルや人と関わる能力を活かせば、別の業界でもやっていけます。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事