最終更新日:

第二新卒におすすめの職種とは?第二新卒が後悔しない仕事選びをするコツ

第二新卒におすすめの職種とは?第二新卒が後悔しない仕事選びをするコツ

「第二新卒として転職したいけど、具体的な希望がわからない」
「第二新卒におすすめの職種ってなに?」

上記のような悩みを抱えている第二新卒の方は一定数いらっしゃいます。

本記事では第二新卒におすすめな職種の見つけ方や職種の一例、第二新卒の転職を成功させるコツを紹介。

転職で後悔したくない第二新卒の方は必見です!

第二新卒におすすめな職種の基準

第二新卒は未経験の職種に転職可能

社会人経験が浅く、特定の業界・職種の知識を深く持っていない第二新卒は、逆に言えば前職に染まっていないともいえます。

そのため、「若さ」「今後のポテンシャル」「熱意」を重視して第二新卒を採用したいと考える企業は多いです。

今後年齢が高くなると経験者前提の中途採用がメインになるため、まったくの未経験職種は難しくなるでしょう。

そのため、第二新卒は希望条件に合う職種を幅広く探せるタイミングでもあると言えます。

第二新卒が転職できる負担の少ない仕事の特徴

第二新卒の転職で、今より負担の少なくて楽な仕事に就きたいと思う方は少なくありません。

「負担が少ない仕事」には様々な観点がありますが、以下のような要素が考えられるでしょう。

  1. ノルマやクレーム対応がない
  2. 長時間労働・体力仕事ではない
  3. ルーティンワークの有無
  4. 人間関係のストレスが少ない

ノルマや所定労働時間は募集要項に記載されていますし、職種によってデスクワークの多さはある程度分かります。

クレーム対応や人間関係を自力で調べるのは難しいですが、転職エージェントを使うと実際の職場環境を知れるのでおすすめです。

第二新卒におすすめの職種を紹介

  • 事務
  • データ入力
  • 営業
  • 社内SE
  • 品質管理
  • 工場作業員
  • ドライバー(トラック運転手)
  • 警備員
  • ビルメンテナンス

事務

事務はデスクワークメインかつ定時退社できる企業が多いため、第二新卒にも人気の職種の一つ。

事務職は基本的に残業が発生しにくいので、プライベートと仕事のバランスを重視する方にもおすすめです。

備品の管理や事務所の管理、電話・メールなどでの問い合わせ対応は基本的に業務に含まれるケースが多いでしょう。

事務職には様々な種類があり、業務内容も多岐に渡るため応募前に条件面や仕事内容は詳しく調べるのをおすすめします。

事務職の一例

一般事務
書類の作成やデータ入力
営業事務
営業職のサポート業務がメイン。資料の作成や受発注の手続き
経理
伝票・小口集計や帳簿の作成
PCで所定のフォーマットに従って文字や数字などのデータを入力する「データ入力」も、同様の理由で人気があります。受動的に仕事をしたい方向けの仕事です。

営業

営業職はノルマがキツい職場が多いイメージですが、「ルート営業」は比較的ノルマが緩い傾向にあります。

業務内容は既存の顧客に対する自社商材の感想や要望をヒアリング、新商材の提案などです。

ルート営業は新規開拓をする機会が少ないため、飛び込み営業がほとんどないのがメリットだと言えるでしょう。

社内SE

社内SEの業務内容は、社内のシステム管理や保守運用、企画などです。

社内のシステム管理を行うので、SEであってもクライアントからの修正要望や厳しい納期による徹夜などの状況にはなりにくいのがメリット。

同じ「社内SE」としての募集でも、仕事内容はシステム管理、トラブル対応など企業によって異なるので募集要項はよく確認しましょう。

工場作業員

業務内容は工場での部品の組み立てや梱包、塗装などがメインです。

ルーチンワーク以外が発生しにくいため、覚えるべき業務の量も絞られています。

他の職種に比べて他人とのコミュニケーションが少なくても働ける点もメリットでしょう。

同じ作業を毎日続けるため、黙々と作業できる人に向いています。

ドライバー(トラック運転手)

トラック運転手の業務内容は荷物の積み下ろし、運転、企業や店舗への配送です。

運転免許以外のスキルはあまり求められず、業務は一人の時間がほとんどなのが特徴。

特にルート配送(決まった配送先を回る)の場合はルーチンワークになるため、覚える要素が少なくて済みます。

警備員

警備員はイレギュラーな対応が少なく、立ち仕事ではありますが力仕事はあまり求められないのがメリットです。

建物の巡回、駐車場の出入り警備。イベント会場内の警備など、現場によって業務が異なります。

屋内か外で労働環境が大きく変わるため、応募したい企業がどんな施設を警備しているのかを調べておきましょう。

ビルメンテナンス

ビルの異常や不備の有無の点検や保守管理を行うのが、ビルメンテナンスの仕事です。

具体的には建物内部・外部、空調用ダクトの清掃や害虫駆除、廃棄物処理、工事の管理など。

現場によっては日勤と夜勤を選べたり、1人での作業となるため自分のペースを守りたい方におすすめ。

第二新卒が希望の職種で内定を獲得する方法

目的をもって転職活動を進める

あなたが何をやりたいのか、将来のビジョンが不明確なまま転職活動をすると、選考通過率が下がったり、転職後にも不満を持つ可能性があります。

第二新卒としての転職活動をする前に、今の職場への不満と、どんな条件で仕事をしたいのかを整理しましょう。

退職理由や志望動機にも自分の将来設計を反映させると、一貫性が出て説得力のある理由付けになるのでおすすめです。

ブラック企業や人間関係の問題などで心身の健康が害されている場合はすぐに退職もしくは休職の選択肢をとってください。まず自分の身を守り、それから転職を考えましょう。

転職先を決めてから退職

退職~転職の空白期間ができやすくなるため、転職先を決める前に退職してしまうのはおすすめできません

転職活動中は生活費や交通費、証明写真代など色々とお金が必要です。

転職活動が長引いて金銭的に厳しくなり、希望通りではない仕事で妥協しなければならなくなる可能性があります。

そのため、可能な限り在職中に転職活動を進め、採用を受けてから退職するのが良いでしょう。

適した職種で仕事を探したい第二新卒におすすめの転職サービス

第二新卒で現在と異なる職種に転職したい方は、未経験かつ若手の採用をしたい企業を探す必要があります。

第二新卒を敬遠する企業も存在するため、自分で転職サイトだけを使うのは非効率的です。

そこでおすすめなのが、第二新卒や若手に特化した転職エージェントの活用。

複数社を併用すると非公開求人を多く見られるようになるので、自分に合う所に登録しましょう。

【第二新卒に強い転職エージェント】

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~39歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 社会人未経験、中退者もOK
支援実績 20000名以上を支援 正社員就職成功者5000人
特徴 厳選2,500社
満足度90%
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)
第二新卒エージェントneo 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、新卒 フリーター、既卒、中卒も可
支援実績 1万人を超える採用決定実績 利用者累計10万人超
特徴 5千件の正社員限定求人あり 書類選考なし
優良企業8千社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)

第二新卒におすすめの職種を知り、自分に合った転職を実現させよう

第二新卒におすすめの職種

  1. 事務
  2. データ入力
  3. 営業
  4. 社内SE
  5. 品質管理
  6. 工場作業員
  7. ドライバー(トラック運転手)
  8. 警備員
  9. ビルメンテナンス

第二新卒には上記の職種がおすすめですが、もちろんこれらの職業が合わない方もいるでしょう。

世の中に職業は数えきれないほど存在するため、最も大事なのは「自分が仕事に何を求めるか」「今後どんな働き方をしたいか」です。

自分に合う職種が分からない方も、希望する職種がある方も、第二新卒に強い転職エージェントを活用すればサポートを受けられます。

まずは自己分析と様々な職種の知識をつけ、転職エージェントに相談してみましょう!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事