最終更新日:

公務員から一般職への転職は難しい?転職に失敗しやすい公務員の特徴と対策

公務員から一般職への転職は難しい?転職に失敗しやすい公務員の特徴と対策

「公務員として働いているけど転職したい」
「民間企業への転職は難しい?」

現在公務員として働いている方で、民間企業への転職を検討している方は少なくありません。

公務員から一般職への転職は簡単ではありませんが、転職に成功する方法はあります。

本記事では公務員から一般職へ転職するメリット・デメリットや転職成功率を上げる対策について解説。

公務員から一般職への転職を成功させたい方は必見です!

公務員からの転職は難しい?

公務員からの転職理由として多いのは、下記のような不満・不安からではないでしょうか。

公務員からの転職する主な理由

  1. 同じ仕事の繰り返しでやりがいがない
  2. 残業が多く、給料に反映されない
  3. 個人としてのスキルが付かず、将来が不安

公務員から民間企業への転職は、決して不可能な話ではありません。

ただし、将来性を期待される20代の若手や、マネジメント経験などスキルを持つ方以外が採用されにくいのも事実です。

未経験職への転職は年齢とともに難しくなるから、転職を考えている子は早めに決断したほうが良いわ!

公務員からの転職をおすすめできないケース

下記の条件に当てはまる方は、公務員からの転職をしない方が良い場合があります。

公務員からの転職を失敗しやすい人の特徴

  • ルーティンワークを黙々とこなすのが得意
  • 指示を待って行動したい
  • 新しい物事への挑戦が苦手
  • 環境の変化は少ない方が良い

民間企業は公務員とは異なり、利益を追求するために働く必要があります。

転職をする際は民間企業のメリットだけでなく、デメリットも把握した上で転職を検討する必要があるでしょう。

公務員から一般職に転職するメリット

裁量権が大きい仕事が多い

若手の公務員は特に裁量権が少なく、どうしても個人としての意見が通りづらいです。

民間企業では公務員よりも自分の意見が通りやすく、裁量権の大きい仕事にも関われます

自分で責任をもって働きたい方には、民間企業の一般職が向いているでしょう。

やりたい仕事を選びやすい

公務員は古い体質の部署も多く、「やりたい仕事をできる」機会を得るのは難しいでしょう。

民間企業では、変化の多い仕事や最先端の仕事ができる企業も多く存在します。

新しい仕事や技術に触れながら色々な仕事ができるのは民間企業のメリットです。

成果主義の企業なら昇給・昇進も見込める

公務員は年功序列の色が強く、若手がすぐに給料を上げるのは難しいです。

しかし、中小・ベンチャー企業など成果主義の企業を選べば実力次第で給料が上がります

自分の実力次第で目に見えて給料が上がるので、やりがいも大きいはずです。

公務員から一般職に転職するデメリット

今までの経歴が評価されづらい

民間企業での労働は利益を出すのが目的であり、公務員とは働き方が大きく違います。

そのため、公務員の仕事内容は民間企業では評価されづらく、利益に対する考えが甘いと考えられがちです。

転職をする際は、先入観を覆すような熱意もしくは戦力となるためのスキルが必要でしょう。

転勤・リストラの可能性がある

公務員は地域に密着した仕事が多く、転勤・リストラは基本的にありません。

しかし、民間企業の雇用は不安定で、大きい会社ほど遠方へ転勤する可能性が上がります。

利益を得られなくなれば倒産・リストラなどが発生する点には注意しておきましょう。

昇給・昇進には成果が必要

民間企業では、基本的に公務員と同様の年功序列による昇給・昇進は難しいです。

特に中小企業やベンチャー企業では、成果を上げ、評価されるのが前提となります。

昇給・昇進にも成果が必要になるため、日々プレッシャーを感じながら働く方も多いです。

公務員から一般職への転職が難しい時の対策

自己分析を深める

公務員から民間企業の一般職に転職する場合、まだ自分の適性・強みがわからない方も多いのではないでしょうか。

適性に合った職業を選び、採用担当者に自分の長所を伝えるには、まず自分の強みについての自己分析が重要です。

自己分析を深めたいなら、アナタの適性や長所が分かる転職者向け診断サービスを利用するのよ♡

無料診断が充実した転職サービス

MIIDAS(ミイダス) グッドポイント診断
転職
サイト
特徴 3つの無料診断で自己分析できる
面接確約オファー
専用アプリあり
満足度No.1転職サイト
18種類の中から強みを診断
診断結果は応募時に添付OK
無料登録
(無料)

年齢に応じたアピールをする

まず、20代が公務員から民間企業に転職するのはそう難しくありません。

企業からは若さや今後のポテンシャルを期待されているので、業界研究・企業研究をしっかり行なって熱意をアピールしましょう。

30代以降で公務員から転職する場合、調整・マネジメント能力が問われます。

熱意だけでなく、実績と共に部署間の調整や折衝などの「相手を動かす」「予定通りに進める」力をアピールするのがおすすめです。

公務員から転職する難しさを乗り越えたい人におすすめのサービス

公務員から民間企業を目指す場合、自力での転職活動は難航しやすい傾向にあります。

そのため、転職活動のプロからサポートを受けられる転職サービスを利用するのがおすすめ。

まずは多くの求職者に対応できる大手転職サービスを利用し、20代の方は若手向けの転職エージェントを併用しましょう。

履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、面接日程の調整……、心強いサービスがたくさんあるのよ!

おすすめの大手転職エージェント

リクルート
エージェント
doda
転職エージェント
主な年齢層 20代~30代 26歳~35歳
主なサポート対象 全転職者に対応 大卒以上の転職希望者
支援実績 採用成功実績は54万人超 年間転職成功者は1万人以上
求人数 約20万件 約10万件
求人
対応地域
全地域対応 首都圏・関西圏・東海
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
スカウトサービスあり
丁寧な添削やサポートが好評
簡単登録
(無料)

20代におすすめの転職エージェント

第二新卒エージェントneo 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、新卒 フリーター、既卒、中卒も可
支援実績 1万人を超える採用決定実績 利用者累計10万人超
特徴 5千件の正社員限定求人あり 書類選考なし
優良企業1万社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)

適切なサービスを活用すれば、公務員からの転職も難しくない

公務員と民間企業の仕事内容は全く違うため、事前の業界研究や応募書類作成、面接対策にかかる労力は大きいでしょう。

かける労力を少しでも緩和するには、転職エージェントをはじめとしたさまざまなサービスを併用するのがおすすめです。

サービスによって自己分析に長けた診断ツールの数やフォローの手厚さなど、強みとなる部分は異なります。

自分に合ったサービスを活用して、公務員から一般職への転職を成功させましょう!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事