最終更新日:

自動車業界の営業職って大変?業務について理解しておこう

いざ転職をしたいと考えた時に、どのような職種にするのかを迷ってしまう人は非常に多いのではないでしょうか。

特に、はじめて営業職にチャレンジしたい方であればなおさらではないでしょうか。

営業職といってもジャンルが幅広く、WEB業界もあれば、通信業界もあります。そこで特に人気のある自動車業界の営業職について調べてみました。

どのような仕事をしているのか、実際に向いている人やそうでない人の特徴も考えてみましょう。

自動車業界の営業職の仕事内容とは?

自動車業界といっても、メーカー営業なのかディーラー営業なのかによって仕事内容は大きく変わってきます。

今回は、メーカー営業について見ていきましょう。メーカー営業は車を作っている会社(本社)で勤務することがほとんどです。ちなみによく街で見かけるトヨタやメルセデスベンツの車屋さんは、ディーラー営業ということを知っておいてください。

ですから、車屋さんに行って新車を購入する場合がディーラー営業といえます。

ディーラー向け

たいしてメーカー営業では、そのような営業をしないということが特徴です。メーカー営業の主な仕事は、各ディーラーに向けて自社ブランドの最新情報を届けたり、ときには販売促進をしたりします。

これらを徹底することで、全国にあるディーラーへの教育指導が行き届きます。そうすることで、どのディーラーで車を購入したとしても、同じ内容を聞くことができますし同じ価格で車を購入することができる、というわけです。

企業向け

メーカー営業にはもう1つの仕事があります。それは一般の方以外に車を販売することです。たとえば企業へ向けて販売したり、官公庁への販売もそれにあたります。つまり社用車を販売するということです。

なぜ企業や官公庁がメーカー営業なのか。それは販売台数が多くなる傾向にあるためです。ディーラーでは、一度に複数の同じ車を販売することを想定していません。

そこで、手っ取り早く交渉でき、さらには同じ車種を複数台購入することができるというのがメーカー営業というわけです。

未経験でも相性の良い業界や職種

もし、未経験で自動車業界のメーカー営業に就きたい場合は、接客に自信があるなら問題ないといってもいいでしょう。

営業職ゆえにどうしても人と会話しなければなりません。さらにはメーカー営業職はディーラーと違い、お客様は法人や官公庁がメインです。そのため、言葉遣いであったり身だしなみを常に整えられるのであれば何もいうことはありません。

法人や官公庁の担当は、決済権をもつ役職者や代表がすることも非常に多いです。自分自身は会社の顔となって販売するわけですから、常に神経を研ぎ澄まして相手の要望に的確にこたえなければなりません。

自動車の営業職に求められるスキル

自動車業界の営業職に必要とされるスキルや資格はいらないといってもいいでしょう。

しかし、一番重要な要素が一般常識を持っており相手を不快にさせないようにすることができるかが肝心ではないでしょうか。

あとはゆっくりと経験を積んでいけば車の知識も増えていくため、よりよい提案ができるようになってきます。

営業職に向いていない人の特徴とは?

これはメーカー営業だけではなく、すべての営業職にいえることですが、相手の立場になって物事を考えられない人は正直、営業職には向いていないのではないかと考えています。

「これください」「はいかしこまりました」で完結すればいいですが、それは販売員レベルの話です。営業職にはそれ以上のことが求められます。

相手が何を考えているのか、その考えていることにたいしてなにが提案できるのか。その提案を受け入れられ喜んでくれるのかが、営業職の醍醐味といっても過言ではありません。

全てが受け身レベルでは、絶対に営業職は勤まらないということは頭に入れておいてください。

自動車の営業職は将来どうなるの?

自動車業界は、日本国内ではトヨタを筆頭に今後も安定した業界であると認識することができます。

その理由の一つに時価総額があげられます。時価総額は会社の価値を表す指標のこと。全体で見ると堂々の1位がトヨタです。まさに自動車業界が日本の経済を動かしているというわけです。(※2018年6月11日調べ)

参照URL
https://www.nikkei.com/markets/ranking/page/?bd=caphigh

その業界に携われるということは、とても光栄なことでもありますし自分の自信にも繋がってくることでしょう。

もし、営業職に転職することをお考えのようであれば、自動車メーカーをおすすめします。

転職する際にもっともベストな方法が転職エージェントを利用することです。このサービスは、自分のやりたい職種を伝えるだけで、さまざまな案件を無料で紹介してくれます。

また、その業界について教えてくれたり、過去に面接をした方の傾向なども知ることができます。

その業界の傾向を知っているのか知らないのかでは、大きな差が生まれてしまいますし、面接の合否にも必ず響いてきます。

非常に便利なサービスですからぜひ有効活用してみてください。

営業職のオススメ記事











RECOMMEND

関連記事