最終更新日:

自動車デザイナーになるための条件とポイントとは?

自動車業界と言えばだれもが知っていて、安定を求めて働いてみたいと思うものです。

とくに、自動車のデザイナーはおしゃれでクリエイティブな仕事のイメージがあります。そこで自動車業界のデザイナーになるためには何をすればいいのか、採用されるためには何が必要なのかを見ていきましょう。

自動車業界のデザイナーの仕事内容とは?

そもそも、自動車業界のデザイナーはどのような仕事内容なのでしょうか。

自動車1つ1つにコンセプトがあり、それらを元にデザインを考えるのが、デザイナーの仕事です。自動車はいつの時代も人気の業界とはいえ、販売した車がぜんぶ大ヒットする訳ではありません。

そこで鍵となるのが、デザインという訳です。まったく同じスペックだったとしてもデザインが悪いと絶対にヒットしませんし、その会社としても歴史に傷をつけてしまいます。ですからデザイナーは、それくらい重要な職種です。

実はカーデザイナーにも複数の職種があるということをご存知でしょうか。すべてのデザインを1人で行うわけではありません。

インテリアデザイナー
内装だけをデザインするインテリアデザイナーは、車の外観にあわせた材質やカラー、顧客のニーズを考えてデザインをする仕事です。
エクステリアデザイナー
そして、もっとも大切なのがエクステリアデザイナーです。エクステリアとは外観の事を意味し、要するに車のボディーデザインを手掛ける職種です。

車を売るためにはボディーデザインがもっとも大切です。時代のニーズに合っているのかを考え、それに合わせた感性やイメージを実現していきます。

また、外見だけではなく、このデザインをすることでコスト的には見合うものなのか、さらには事故で衝突したときに運転手のダメージを軽減できるのかなど、そこまで考えれる力が必要です。

そのほかにも、クレイモデラー、デジタルモデラー、ハードモデラー、などの職種が存在します。

クレイモデラー
クレイとは粘土のことを表します。車の形を決めるためにまずは粘土でデザインをする職種です。あまり聞きなれない職種ではありますが、コンマ数ミリの技術で繊細なデザインを実現することができます。
デジタルモデラー
デジタルモデラーの役割は、クレイモデラーとは違い、パソコンを使ってデザインを行います。おもに3DCADというソフトを使うため、より立体感をだすことが可能です。
ハードモデラー
そしてハードモデラー。クレイモデラーやデジタルモデラーから完成したデザインをもとに、金属や樹脂などを使って実車のようなデザインを作り上げる役割をもっています。

たとえば、ランプの透明感やドアノブの形状まで細部にこだわることで、世にだされる車のデザインが完璧になるという訳です。

そして、それらの職種をまとめるのがデザインディレクターやチーフディレクターです。

デザイナーで求められるスキルとは?

自動車業界のデザイナーで、もとめられるスキルはどのようなものがあるのでしょうか。デザイナーになるためには、特に資格は必要ありませんが、まったくの未経験で入社するのは困難と言えます。

なぜならば、ほとんどのデザイナーは学校で美術や芸術、インダストリアルデザイン、プロダクトデザインなどを学んで入社しているからです。

ある程度、基本的な知識があってからこそ入社できるといっても過言ではありません。もし未経験でこの業界に入社したいと考えているのであれば、デザインの学校に入学することをおすすめします。

学校を卒業すると就職先になるのは、自動車メーカーのデザイン部がほとんどです。トヨタやホンダ、日産などの超一流企業に入社することもできます。

ですが、これらの大企業に入社するのはコツが必要です。面接でデザイン力をアピールするだけではなくプレゼンテーション力や、車の知識がどれだけあるのかのマーケティング力も試されます。

デザイナーに向いていない人の特徴

デザイナーに向いていない人の特徴といえば、表現力が不足していたり現代のニーズを察知できない人は難しいのではないでしょうか。

たとえば、1980年代に一般的だった全体的に角ばったボディーデザインをしたらどうでしょうか。マニアックな層にはウケる可能性がありますが、一般の人にとっては何も心に響くものはありません。

いかに、車のことを知っていて次世代に向けてヒットできるような車のデザインをしなければなりません。

たくさんの車をみてデザイン力をつけることで、よりよい車のデザインができるといえるでしょう。

自動車業界のデザイナーは今後どうなっていくの?

自動車は今、日本だけではなく世界中でなくてはならない存在です。それは10年先も20年先も同じこと。時代に合わせハイブリッドカーが誕生し、電気自動車や水素自動車などの次世代カーまでも誕生しているのが現状です。

そしてデザインも、角ばったものから美しい流線形の車が増えてきています。

時代に追いつき、先のことを考えられえるデザイナーであれば、今後も淘汰されることなく必要な職種として確率していくことでしょう。


RECOMMEND

関連記事