最終更新日:

ゲームプログラマーを目指すためにやっておきたいこととは?

子供のころからゲームに夢中になって、将来はゲームをつくる仕事に就きたいなんて思った人は非常に多いのではないでしょうか。

学校とは違い、ゲームには楽しさや感動しかなくつい1日中プレイしてしまったなんてことも。

そんなプレイヤーに感動を与えるゲーム制作で、もっともコアとなる職種がゲームプログラマー。そしてゲームプログラマーは憧れの仕事といえます。

そこで、ゲームプログラマーの仕事内容や、その仕事を目指すために必要なことを見ていきましょう。

ゲームプログラマーの仕事内容とは?

ゲームは老若男女問わず人気のある娯楽ですが、実際にそれを作っているプログラマーの仕事内容を知る人はそう多くはありません。

ゲームプログラマーは、プランナーやディレクターたちによって作成された企画書をもとに、キャラクターの動きやBGMなどの効果音を流すのはもちろん、ベストなタイミングでそれらを動かさないといけません。

まさに、スケールが大きい映画を1本つくるようなイメージでしょうか。それくらいゲームプログラマーの役割はとても重要です。

どれだけベストなシナリオがあったとしても、どれだけ素敵なBGMが揃っていたとしても、ゲームプログラマーがいないと、ゲームは絶対に動きませんし完成しません。

ミスを出さないこともゲームプログラマーの仕事

そして、ゲーム内容が細かくなればなるほどミスはつきもの。しかしそれを世の中に出してしまうとバグとして広まり、ゲーム進行に支障がでるようなものであれば別な意味でゲームの歴史に名を刻んでしまうことになるわけです。

ですから、そのような細かいミスをださないこともゲームプログラマーにとって重要な仕事といえるでしょう。

もちろん、不具合が発見されれば修正するのもゲームプログラマー役割です。繰り返し繰り返しバグを見つけては修正し、最終チェックが完了すればようやく世の中に誕生します。

未経験でも相性の良い業界や職種はあるの?


ゲームプログラマーになるためには、未経験で入社するにはなかなか難しいといえます。といいますのも、ゲームをつくるためにはやはりその分野をしっていなければなりませんし、イチから教えてもらうというのは無理があります。

そのため、なにかしらのプログラミング経験があるのであれば、ゲームプログラマーとして就くことができるといえるでしょう。

また、そうでない場合には、プログラミングが学べる専門学校に入学する必要があります。

もちろん、独学で学ぶことも可能ですが、それなりの強い決意と努力がないと難しいです。

ゲームプログラマーに求められるスキル

ゲームプログラマーに求められるスキルや資格は、C++やC#というプログラミング言語がメインとなります。

  • C++
  • C#

とくに今はゲーム機で遊ぶよりかは、より身近で手軽にできるスマートフォンのソーシャルゲームが人気を博しています。ソーシャルゲームをつくるためには、C#の知識が必要です。

C#(シーシャープ)とは
Microsoft社が開発したプログラミング言語

この言語は10年以上の歴史があり、まさにプログラミング言語の王道として認識されています。

もともとは、パソコンのOSで有名なWindows向けに作られたものですが、いまでは、MacやiPhone、Androidなどのアプリケーションの開発が進められています。

C#の難易度は?
C++よりも比較的易しく簡単に習得できる可能性があります

覚える時間や能力は人それぞれですが、1日3時間の勉強をしたとして、だいたい半年程度でC#をマスターすることができるでしょう。

もし、C++やJavaをかじったことがあるのでしたら、およそ1カ月程度で覚えることができます。

ゲームプログラマーに向いていない人の特徴

ゲームプログラマーに向いていない人は、あたりまえですがゲームが嫌いな人は絶対に無理です。なんでもそうですが、モノをつくるのであればそのジャンルが好きでないと魂のこもった作品が生まれることはありません。

ですから単純作業を好む人であれば、辞めたほうがいいといえるでしょう。そしてゲームプログラマーには納期が絶対的についてきます。もちろん、すべて納期どおりであればいいですがそうもいきません。

ですから体力的にも精神的にも、このゲームを納期までに完璧に仕上げるという意気込みをもっていないのであれば、難しいといえるでしょう。

ゲームプログラマーに将来性はあるの?

ゲームプログラマーは、食うか食われるかの世界ではないでしょうか。ファミコンの時代から考えると、生き残ったゲームもあれば、そうでないものもたくさんあります。

それは、ゲームをつくるプログラマーのセンスにかかっているわけです。またゲーム制作会社も生き残りをかけるために、つねに新しいアイデアを求めていることでしょう。

ゲームプログラマーも同様に、つねに新しいことをみつけこれからゲームを手にするであろうユーザーのことを考えて行動できるのであれば、明るい未来が待っているに違いありません。


RECOMMEND

関連記事