最終更新日:

医療コンサルタントになるには?知らない人のための解説書

病院で働くときに、最も高いスキルを持ち、高収入で花形の職種と言えば医師ですが、医療コンサルタントの存在も無視できない重要なポジションと言えます。そんな高いスキルを必要とする医師と匹敵するほどの職種、医療コンサルタントについて、どうすればなれるのか、難しい点は何かについて解説していきます。

医療コンサルタントの具体的な仕事内容とは?

コンサルタントと言えば、会社の経営に携わる人というイメージですが、医療コンサルタントは、病院を始めとする医療機関、医療機器メーカーなどの医療関連企業でコンサルタント業務を行う人のことです。具体的にどんな仕事をしているのか見ていきましょう。

病院の経営には欠かせない職種である医療コンサルタント

簡単に言えば、病院の経営がうまくいくように、言い換えれば十分な利益が出るように手助けをする仕事です。病院も経営手腕によっては、大きな規模になりますし、やり方を間違えれば閉院してしまう可能性もあります。病院の経営を見直して、存続させて繁盛するような病院に育てていくための指南役と言えるでしょう。

医療コンサルタントが担う重要な役割

病院へまったく行かない人でも、年を取ると共に病院へ行く機会が増えます。誰もが病院のお世話になるため、経営がうまくいくかどうかは気にしなくて良いのではないかと考えがちです。

しかしそうではありません。あなたの自宅や会社の近くにいくつの病院がありますか?小さい規模を含めると相当数ありますし、大きな総合病院も少し足を延ばせば複数見つかるのではないでしょうか?

では、どこの病院に掛かるのか決めるポイントは何でしょうか?会社や自宅のすぐ最も近い場所にある病院ですか?違いますよね。当然、腕が確かな医者がいるか、病院の施設は新しいか、自分が現在患っている箇所の担当医がいるかどうかなど、さまざまな思惑があり、それに適した病院を探していくはずです。

たとえば、すぐ近くに病院があっても、喘息の持病がある場合、呼吸化の専門医がいる病院を探す人もいます。歯科医院では、痛みが少ない治療法をしているところ探す場合もあるでしょう。このように、病院がいくつもある状況の中で、来院患者が多い人気の病院とあまりいない病院との差が出てしまいます。

ここで登場するのが医療コンサルタントです。それぞれの多様なニーズに合わせた経営手腕が必要になってきます。そのために、医療コンサルタントが必要になるわけです。

医療コンサルタントの大まかな流れ

病院や医療メーカーへ出向して、その場所で働く人は少なく、プロジェクトとして依頼を受け、打ち合わせを重ねながら進めていくという流れになります。複数を掛け持ちすることが多く、プロジェクトの規模にもよりますが、数カ月単位を複数同時に進行しながら進めていきます。各医療機関内のスタッフや医師、研究者の仕事内容を把握しつつ、事業計画案を提示し、入念な打ち合わせをしていきます。

医療コンサルタントに必須なスキルや資格は?


医療コンサルタントとして求められる経験やスキル、資格はどうなっているのかを見ていきましょう。

できればあった方が良い経験

経営手腕が問われますので、医療機関に限らず経営コンサルタントの経験はあった方が良いです。転職活動時に、実際に手掛けた企業名や具体的なプロジェクト内容を提示すると有利になります。当然、医療とはまったく関係のない業界で問題ありません。

実績として、業績が何パーセント上がったのかという具体的な数値もあると良いですね。それからデータ分析に必要な解析ツールを作成した経験も役立ちます。

医療コンサルタントに必要なスキル・資格

医療コンサルタントになるために、「これがあれば大丈夫!」というような資格は、残念ながら存在しません。これまでの経験を生かして医療コンサルタントとして働くというのが、最も近道と言えるでしょう。

いくつかのパターンがありますが、医療機関で実際に働いてきて、医療知識や専門用語に詳しい人が、医療コンサルタントになる方法があります。

それから、会計の仕組みなどに詳しい会計事務所で、長年働いて来た会計士から医療コンサルタントとなるケースです。数字に強いことや経営に関して詳しいことが挙げられます。あとは少ない事例ですが、薬剤師として薬局に働いていた人が、経営の勉強をして、医療経営コンサルタント会社の応募に成功したケースもあります。

医療コンサルタントに向いていない人の特徴

良い事業計画を立てられたとしても、PR能力や発言力がない人は向いていません。確たる自信を持って堂々と発言できる能力が必要です。小さい声でボソボソとしゃべる人も、残念ながら向いてないでしょう。弁護士と同様に弁の立つ人こそ適任だからです。

医療コンサルタントの待遇面と今後の将来性は?

高そうな給与をイメージしたくなる医療コンサルタントの気になる収入や、今後の将来性について解説します。

高スキルだけあってかなりの好待遇

だいたい500万円からスタートし、実績を積んでいけば1,500万円以上の収入も夢ではありません。休日や手当などは、一般的なサラリーマンと同様で、特筆すべき点はありませんが、軒並み高い給与が望めるでしょう。

将来は有望!高スキルはいつまで経っても健在!

将来的に企業がなくなることはありえませんし、いつの時代も経営コンサルタントは必要です。経営コンサルタント能力が高く実績があれば、どの業種でも引く手あまた状態と言えます。実績作りはとても大変ですが、苦労した分だけ将来的には安泰です。


RECOMMEND

関連記事