最終更新日:

ホテルのコンサルティングってどんな仕事?仕事内容や必要なスキル、将来性などを徹底解説

ホテルのコンサルティングというのは、ホテルを運営する会社に向けて、経営や集客に関する分析やアドバイスを行う仕事です。現在ホテルはどのようなことに困っているのか課題をヒアリングしながら、解決に向けてプランを作成し、実行の支援を行います。

ホテルのコンサルティングというのは実際にはどのような仕事をしているのか、必要なスキル、具体的な仕事の流れ、さらには待遇や将来性などについてご説明します。

ホテルのコンサルティングの仕事内容

ホテルのコンサルティングの仕事内容というのは、ホテル業の会社に対して集客や売り上げ向上のための支援を行うことです。ホテルのコンサルティングの仕事の具体的な中身について詳しくご紹介していきます。

ホテルのコンサルティングが果たすべき役割とは

ホテルのコンサルティングは、その名の通りホテルに関するコンサルティングを行うことが仕事です。

ホテル会社は、売り上げや集客など様々な面で課題を抱えています。特に、小規模で運営しているホテル会社は、戦略を立てるという機能が全くない場合も多くあります。そのようなホテル会社に対して、まず、そのホテルが抱える課題はどこにあるのか、課題の特定から一緒に検討を行っていきます。

一口に集客がうまくいかないといっても、『ホームページに問題があるのか』『ウェブによる宣伝ができていないのか』『リピーターが少ないのか』など、具体的な課題はホテル会社によって様々です。ホテルの運営や経営の中に入り込み、課題を見つけ、具体的な解決策を提案していくことがコンサルタントに任された役割です。

実際に新しいシステムを導入したり、ホームページをリニューアルしたり、具体的な展開についても、手を動かして対応していくこともあります。経営層のアドバイザー的存在であり実行担当であるといえます。

ホテルのコンサルティングの1日の仕事の流れとは

ホテルのコンサルティングの具体的な1日の仕事の流れはどのようになっているのでしょうか。一般的な流れについてご説明をしていきます。

朝出社したら、まずはメールの確認や、お客様のホテルの稼働状況・予約状況のチェックを行います。コンサルティングはデータに基づき行う必要があるので、数字の分析は必要不可欠です。

  • メールの確認
  • ホテルの稼働状況・予約状況のチェック
  • 数字の分析

日中はお客様先に出向いて、打ち合わせを行うことが多くなります。

遠方のホテルを担当することもあるため、移動だけで時間がかかることもありますが、実際の現場を確認するということは非常に重要です。数字だけでは見えてこない、従業員の様子や、ホテルの設備の状態などを確認することで、より精度の高い提案ができるようになります。ホテルの担当者と打ち合わせを行いながら、新たなプランや施策を一緒に検討していきます。

  • お客様先での打ち合わせ
  • 新たなプランや施策を検討

会社に戻ったあとは、お客様先で確認したこと、検討したことをベースに企画書などを作成していきます。データの分析から、現場の確認、お客様との打ち合わせ、書類の作成など、コンサルタントには幅広い仕事が求められます。

  • 企画書の作成

ホテルのコンサルティングをするために必要な経験やスキルについて

ホテルのコンサルティングを行うことができるようになるためには、ホテル業界にいた経験は有利となります。実際に、ホテルの仕事はどのように回っているのか、内情をよく知っているからです。

ただ、ホテル業界の経験がなくても、コンサルタントとしての経験があれば役に立ちます。特に経営コンサルタントの経験があれば、ホテル業界の勉強を行うことで、キャッチアップしやすいといえます。

ホテルのコンサルティングを行うためには、データの分析力と経営に関する知識が必要不可欠です。コンサルタントのお客様は、ホテルの経営トップです。経営層に対して戦略の提案ができる力が求められます。また、ホテル業界の最新の動向を仕入れ、常に新たな情報を掴んでいくことも非常に重要です。

こんな人はホテルのコンサルティングに向いていないので注意

  • 物事を俯瞰的に考えることができない人
  • 数値目標や成果主義をプレッシャーに感じる人

ホテルのコンサルティングに向いていないのはどのような人でしょうか。まず、物事を俯瞰的に考えることができない人は避けましょう。ホテルの経営を考えるということは、個別最適ではなく、全体最適をみなければなりません。一つ一つの問題を取り上げるのではなく、会社として今求められる、最善の次の一手が提案できなければなりません。

また、数値目標や成果主義をプレッシャーに感じる人もやめておいた方がいいかもしれません。コンサルタントには、明確な数値の目標の達成が求められます。集客、売り上げ、利益率、結果はすべて数字で表れます。

目標をモチベーションに変えることができない人には難しい仕事といえます。

ホテルのコンサルティングの待遇や将来性について

ホテルのコンサルティングは、一般的にある程度の給与が期待できる仕事といえます。特に、成績を残せば、それだけ報酬アップが期待できます。成果が報酬に明確に結びついている仕事です。

現在は、海外からのインバウンド効果もあり、都市部のホテルは高い稼働率が続いている状態です。ただ、地方では集客に苦戦し、経営に課題を抱えた小さなホテルも多くあります。特にシステム化やインターネット化、海外宿泊客向けの対応が進んでいないホテルもまだまだたくさんあるため、コンサルタントへ求められる需要は大きいと考えられます。


RECOMMEND

関連記事