最終更新日:

転職活動が辛い…疲れたときにはこの方法でリフレッシュ!

転職活動が辛い…疲れたときにはこの方法でリフレッシュ!

離職すればすぐに新しい職場で働ける。そんな期待に胸を膨らませながら転職活動をしているのに、いつまでたっても不採用が続く…。

このような事態に陥ったら本当に凹みますし、経済的な不安だって大きくなるに違いありません。

ですが、不採用続きで落ち込んでいる方は大勢存在し、それぞれに転職活動の辛い時期を上手に乗り切る工夫を行っています。

それでは、転職活動で辛いと感じたときにおすすめできる行動についてご紹介します。

その転職活動、一人で行っていませんか?

最近ではさまざまな種類の転職サイトが次々と登場してきていますので、このようなサイトを利用すれば、お手軽に転職活動を行うことができます。

ところが、このようなサイトでは人気の業種や職種に応募者が集中する可能性が高く、波いるライバルたちをすべて倒すことができるスキルがないとなかなか採用されません。

では、ハローワークではどうなのでしょうか?

一般的に、ハローワークは求人紹介だけを行う機関だと誤解されやすいのですが、実は、ハローワークでは転職相談だけではなく、スキルアップのためのセミナーや職業訓練、藻模擬面接などについての案内やアドバイスも行います。

また、ひとり親家庭に対する相談や情報提供も行っていますので、転職サイトの利用で不採用続きという方は、ひとまずハローワークに相談してみると良いでしょう。

ハローワークを訪れることができないという方は、転職エージェンシーに相談してみると良いでしょう。

ここではスキルアップセミナーや職業訓練の案内を受けることはできませんが、マッチングシステムが導入されていますので、よりあなたに合った企業と出会える確率が高くなるはずです。

転職活動が辛い!みんなはどうやって乗り切っているの?


転職活動は、長引けばそれだけ気持ちが沈みますので、どこかでうまく気持ちを聞くり替えなくてはなりません。
では、ほかの転職希望者たちは、辛い時期をどのようにして乗り切っているのでしょうか?

「優秀なライバルが多すぎた」と自分に言い聞かせる

当たり前の話ですが、あなたよりも高いスキルや経験を持ったライバルが現れれば、あなたが不採用になっても不思議なことではありません。

このようなときには「優秀なライバルが多すぎた」と捉え、今一度、ご自身のスキルについて考え、それと見合った企業に応募してきたか再確認してみましょう。

何度不採用になっても、必ずチャンスは訪れます。

仕事とは無縁の場所に知り合いや友人をつくる

「ハローワークで同じ境遇の人と友人関係になって相談し合う」というのもひとつの方法ではありますが、この方法の場合、どうかすると傷の舐め合いで終わってしまうこともありますので、母子家庭など特殊な家庭事情でない限り、あまりおすすめできません。

では、どのような場所で知り合いや友人をつくると良いのでしょうか?

最近増えているのが、SNSを利用して仕事とはまったく関係のない話題で盛り上がるということです。

束の間ではありますが、この方法は人と触れあうことができますので、心の癒しにはなるはずです。

「追えば逃げる」と心得て、1日転職活動を行わない日をつくる

転職活動がうまく運ばないと、とにかく焦って「どこの企業でもいいから採用して!」という切羽詰まった気持ちになります。

そして、あなたご自身が焦れば焦るほど、本来であれば応募すべきだはない企業に応募して不採用となり、ますます落ち込むというイタチごっこにはまり込んでしまうことがあります。

このような状況になったら、まずは焦って企業を追い回すのをやめてみましょう。

おすすめできるのは、まる1日転職活動を行わず、趣味などに没頭してみるということです。

この方法は、実際にやってみると気持ちを楽に切り替えることができるということがわかりますよ。

「自分だけ?」と思い詰めない

転職活動で辛い思いをしているのはあなただけではありません。

それはさまざまな理由によるものですが、ともかく、「なんで私だけ落とされる?」と思い詰めてしまわないことです。

不採用続きは、たまたまあなたがご自身とマッチングする企業と出会っていないだけ、つまり、悪い意味の偶然が重なっているということです。

ですが、マッチングする企業とひとたび出会ってしまえば、嘘のようにあっさりと再就職が決まることでしょう。

思い詰めていると視野が狭くなって、すぐそばにあるマッチング企業を見落としてしまうこともあります。

視野が狭くなればそれだけチャンスを逃す確率も高くなりますので、「私だけじゃない、みんな頑張っている!」とご自身に言い聞かせてみましょう。

偉人たちの名言集を読んでみる

在職中には、読みたいと思っていてもなかなか落ち着いて読むことができないのが、偉人たちが遺した名言集です。

たとえば、次のような名言があります。

「自分自身を信じてみるだけでいい。きっと道が見えてくる」(ゲーテ)

「この世は素晴らしい。戦う価値がある」(ヘミングウェイ)

「楽観よし悲観よし。悲観の中にも道があり、楽観の中にも道がある」(松下幸之助)

「失敗が人間を成長させると、私は考えている。失敗のない人なんて、本当に気の毒に思う」(本田宗一郎)

「経験というのは、莫大なお金に匹敵する価値がある」(ベンジャミン・フランクリン)

いかがでしょうか。
たった5つの名言を読んだだけでも、少しはあなたの心が軽くなったのではないでしょうか?

再就職先が決まったら忙しい日々になることは間違いありませんので、読むなら今!偉人の名言集に触れて明日に備えてみてはいかがでしょうか。


RECOMMEND

関連記事