最終更新日:

税理士法人へ効率よく転職するには?税理士法人への転職向きな人と転職成功法

税理士法人への効率的な転職は可能?

「税理士法人への効率的な転職は可能?」
「税理士法人への転職の注意点は?」
「税理士法人へ転職する方法は?」

税理士法人への転職を検討しているものの、効率よく転職できるかわからず悩んでいる人は少なくありません。

自己分析と企業調査を徹底して税理士向けの転職エージェントを活用すれば、効率よく税理士法人へ転職できます

本記事では、税理士法人への転職向きな人や税理士法人への転職成功法・効率よく税理士法人へ転職するコツを詳しく解説しましょう。

税理士法人と税理士事務所の違いは何?

税理士法人と税理士事務所の違い

そもそも税理士法人と税理士事務所は何が違うの?

税理士事務所と税理士法人は、運営形態が異なるのよ☆

税理士が個人事業主として経営する税理士事務所に対し、税理士法人は2人以上の税理士が所属し共同で設立する会社(法人)です。

国税庁の発表によると、2021年3月の税理士登録者・税理士法人届出数は下記の通りでした。

開業税理士 56398人
税理士法人 6661社

引用:国税庁 日本税理士会連合会

税理士事務所を開業している税理士の数は、本店・支店含めた税理士法人数の約8倍と大きく上回っています

税理士法人は会社なので、税理士事務所と違い支店展開ができ代表の税理士が死亡しても法人としての業務の継続が可能です。

税理士の業務内容

税理士法人と事務所の違いは多数あるんだね。そもそも税理士はどんな仕事をするの?

税理士の仕事には、税理士の独占業務と独占業務以外の業務があります。

独占業務以外で取り扱う業務は会計業務や会計コンサルティング業務・国際税務など様々で、税理士法人の規模や経営方針によって業務内容は異なります

税理士の独占業務とは、税務の代理・税務書類の作成・税務相談の3つ。独占業務は税理士資格を有する者にしかできない。

税理士法人への転職向きな人

  1. 専門性の高い業務に従事したい税理士
  2. 年収アップしたい税理士
  3. 大企業をクライアントに働きたい税理士

税理士法人の中で圧倒的な知名度を誇るBig4税理士法人では、業務が細分化されており専門性の高い業務経験を積めます。

大手税理士法人ではクライアントも大手・グローバル企業が多いため、M&Aや国際税務など基本的な税務実務以外の業務への従事が可能。

将来独立開業を目指す人は、税理士の基本的な業務を横断的に経験できる税理士事務所or小規模税理士法人が向いているでしょう。

まずは、専門性の高い業務に従事したい・年収UPしたい・独立開業したいなど希望を明確にしてみましょ★

自分の適性を診断するならコチラ>>>

税理士法人への転職成功法

税理士法人の規模によって独占業務以外の業務の特徴が違うのか!税理士法人への転職に失敗しない方法はある?

妥協できない条件を明確にして税理士法人へ転職

税理士法人に転職するなら、まず希望条件に優先順位をつけましょう。

収入や年間休日数だけでなく、仕事をする上で何が大事か・どうキャリアアップしたいか自分の価値観を深掘りしましょう。

譲れない条件と妥協できる条件を明確にすると、求人も探しやすくなるため効率的です。

残業や休日出勤について確認して税理士法人へ転職

税理士に限らず、求人の募集要項だけでは把握できない情報は多いです。

特に小規模税理士法人では、代表税理士の考え方が経営方針や業務の進め方に強く反映されるため、合う合わないがはっきりわかれます。

雰囲気や待遇面・希望の業務内容とのミスマッチを防ぐためにも企業調査を徹底しましょう。

税理士法人の繫忙期を避けて税理士法人へ転職

税理士業界の繫忙期は、他の業界と比較にならないほど忙しいです。

■税理士事務所の繫忙期
11~1月末:年末調整・関連する業務
2~3月15日:個人の確定申告の対応
4月:11~3月までの遅れた通常業務の対応
5月:法人税の確定申告

繫忙期に転職してしまうと、十分な引継ぎや教育を受けられません

独占業務など基本的な業務は同じでも、規模によっては今まで経験のない専門的な業務を扱っている税理士法人もあります。

時期を選べるなら、6~10月の閑散期に転職しましょう。

効率よく税理士法人へ転職するコツ

希望条件の明確化や企業調査をした方がいいのはわかるけど、そこまで手が回らない税理士はどうしたらいい…?

転職エージェントを利用すれば、忙しくても効率よく転職できるわよ♡

税理士法人への転職では転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用すれば、手厚いサポートが受けられます。

【転職エージェントのサポート内容】
・キャリアカウンセリング
・希望条件に合った求人の紹介
・応募書類添削
・面接対策
・面接日程の調整
・入社手続き
・企業への給与/条件交渉 など

面接日程の調整や条件交渉など企業との面倒なやり取りも代行、働きながらでも効率的な転職が可能です。

転職サイトや求人誌にはない好条件の非公開求人も多数保有しているため、年収アップ・スキルアップ転職も目指せます

会計業界に特化した転職エージェントは多数あるので、2~3社併用して希望の税理士法人への転職を成功させましょう。

転職エージェントごとに求人やサポート内容が異なるから、複数併用した方が効率的に転職できるわ☆

税理士向けの転職エージェント

最速転職ヒュープロ マイナビ税理士
転職エージェント
主な年齢層 25~45歳 20~30代
主なサポート対象者 税理士
税務スタッフ
科目合格者
未経験者
税理士
科目合格者
未経験者
特徴 業界最大級の税理士求人非公開求人も豊富 科目合格者の転職支援に強い
非公開求人80%
簡単登録
(無料)


ジャスネットキャリア MS-Japan
転職エージェント
主な年齢層 20代~30代 20~40代
主なサポート対象者 経理職/士業
税理士
簿記有資格者
管理部門
税理士
科目合格者
支援実績 税務分野で20年の支援実績 転職決定率/
登録率/転職相談率No.1
特徴 資格保有者◎
非公開求人99%
税理士求人多数
手厚いサポート
税理士求人多数
非公開求人90%
手厚いサポート

科目合格者OK
簡単登録
(無料)


ハイキャリアの税理士向け

ビズリーチ パソナキャリア
転職エージェント
主な年齢層 30代~40代 26~35歳
主なサポート対象者 管理職、年収500万円以上の転職者、税理士 年収400万円以上の東名阪の転職者、税理士
支援実績 年収1,000万円以上の人から支持される転職サービスNo.1 46万人の転職成功実績。4年連続顧客満足度No.1
特徴 求人の1/3が年収1000万円超
税理士求人多数
年収UP率67%
税理士に精通したアドバイザー
簡単登録
(無料)


税理士法人への転職では自己分析を徹底する

税理士法人への転職を目指すなら、スキルの棚卸しと自己分析を徹底して自分の強みをしっかり言語化しましょう。

即戦力になる税理士を採用したい税理士法人は多いので、自分の強み・スキルを的確にアピールできれば転職成功率がアップします。

適性診断など第三者の力を借りると、自己分析の精度が上がり効率的な転職が可能です。

科目合格の状況はもちろん、専門的なスキルや英語力がどの程度あるかも把握する。

手軽に自己分析できるサービス

グッドポイント
診断
byリクナビNEXT
MIIDAS
(ミイダス)
サイト
診断
区分
強み 市場価値/強み
ストレス耐性/
人間関係形成のヒント
内容 18種類の中から5つの強みを診断!
15分程度で完了
求人応募時に診断結果貼り付け可能⇒強みをアピール
3つの診断で自己分析「市場価値(適正年収)/個人の強み/適性度の高い職種が分かる」
面接確約オファーあり
公式


転職アプリ『VIEW』(ビュー)
転職診断 (AIキャリアシミュレーション)
主な対象者 20代ハイクラスの転職希望者
利用方法 アプリのインストール
特徴 手軽にキャリア診断が可能。スカウト&キャリア形成も◎
簡単登録
(無料)

効率よく税理士法人へ転職成功

税理士法人への転職を目指すなら、希望条件を明確にして企業調査を徹底するのが賢明。

転職のプロの手厚いサポートが受けられる転職エージェントを利用すれば、働きながらでも効率よく転職できます

税理士向けの転職エージェントを活用して、希望の税理士法人への転職を実現しましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人10万件超幅広い業界・職種から希望条件にマッチする求人を紹介可能

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サービス。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターからスカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事