最終更新日:

ホテルのシェフってどんな仕事?仕事内容や必要なスキル、将来性などを徹底解説

ホテルのシェフってどんな仕事?仕事内容や必要なスキル、将来性などを徹底解説

ホテルのシェフというのは、ホテルのレストランの料理やスタッフを取り仕切る存在です。

ホテルには、洋食レストラン、中華レストランなど複数のレストランが併設されていることがありますが、それぞれのレストランのトップにシェフがいます。レストランの品格や料理の質は、ホテルの評価を決める大きな要素です。そしてレストランの質は、シェフの手腕にかかっています。

ホテルのシェフというのは実際にはどのような仕事をしているのか、必要なスキル、具体的な仕事の流れ、さらには待遇や将来性などについてご説明します。

ホテルのシェフの仕事内容

ホテルのシェフの仕事内容は、ホテル内にあるレストランの統括を行うお仕事です。メニューの開発から調理スタッフの管理、さらには実際の料理まで、幅広い仕事を担当しています。

ホテルのシェフの仕事の具体的な中身について詳しくご紹介していきます。

ホテルのシェフが果たすべき役割とは

ホテルのシェフは、ホテルのレストランの評判を高めることによって、そのホテル自体の評価を高めることが役割です。

レストランの季節ごとのメニューを考案したり、調理スタッフの育成を行ったり、食材の仕入れの管理を行ったり、レストランに関わるあらゆる業務を統括しています。シェフによっては、実際に調理に加わる場合もありますが、主には料理の出来映えの確認といった最終のチェックを行っています。

レストランにはホテルに宿泊されるお客様だけではなく、レストランだけを利用されるお客様も少なくありません。レストランの利用を入り口として、そのホテルのファンになっていただけるように、創意工夫を凝らした料理とおもてなしを行います。

また、レストランの厨房はチームプレイです。各スタッフが気持ちよく働き成長していくことができるよう、常に人の様子にも目を配らせておくことがシェフには求められます。

単に料理センスがあるということに留まらず、管理者としての能力が問われる仕事です。

ホテルのシェフの1日の仕事の流れとは

ホテルのシェフの具体的な1日の仕事の流れはどのようになっているのでしょうか。一般的な流れについてご説明をしていきます。

まず仕入れた食材のチェックからシェフの仕事は始まります。ただ、シェフがすべて細かくみるというよりも、要所の確認を行うというイメージで、細かな部分は部下に任せます。その日の予約を確認し、料理の仕込みを指揮していきます。日中はホテルの運営スタッフと、打ち合わせを行う場合もあります。客数や客単価、利益率などレストラン運営についての確認や検討を行います。

ディナータイムがレストランにとっては一番忙しい時間帯になります。接客、料理の上げ下げなど、すべてが滞りなく進んでいくようにレストラン全体を指揮することがシェフには求められます。VIPのお客様のもとには、シェフからご挨拶を行うこともあります。お客様を見送り、片付けを確認し、1日の仕事は終了となります。

ホテルのシェフとなるために必要な経験やスキルについて

ホテルのシェフになるためには、料理人としての経験は必要不可欠です。特に有名ホテルのシェフというのは、料理人の中でのステータスとしては非常に高くなります。基本的には、料理人として長く修行を積み、結果を残してきた人が就くことができるお仕事です。

また、ホテルのシェフには、料理人としての腕前だけではなく、人を統率することができる力が必要不可欠です。様々なスタッフをチームとしてまとめ上げて、レストランを運営していかなければなりません。また、食材の仕入れや原価計算など、経営的な視点も求められます。

さらに、ホテル全体の運営や方針とのすり合わせを行わなければならない場面も多く、適切なコミュニケーション能力も必要です。

こんな人はホテルのシェフに向いていないので注意

ホテルのシェフに向いていないのはどのような人でしょうか。まず、単純に料理をすることだけが好きという人はやめておきましょう。シェフになると、実際に自分自身で料理をする機会は多くありません。また、メニューの開発も、自分の好きなものを好きなように考えることができるという訳ではありません。ホテルの客層や戦略に合わせて検討していくことが求められます。

また、人を取りまとめることが苦手という人もやめておいた方がいいかもしれません。シェフは、レストランを取り仕切るトップです。時にはスタッフに厳しい指導を行わなければならない場面も出てきます。

人の上に立つことにプレッシャーを感じてしまう人には、難しいといえます。

ホテルのシェフの待遇や将来性について

ホテルのシェフは、ある程度の地位や待遇を得られる仕事だといえます。単なる調理スタッフと比較すると、与えられる裁量も非常に大きくなります。また、ホテルシェフとして実績を積めば、他から引き抜きやスカウトの話が来るということも珍しくありません。

日本は現在海外からの富裕層の観光客が増加しており、ハイクラスのホテルの開業も続いています。それに合わせて、世界の美食を味わってきた富裕層の舌を満足させることができるシェフの需要も高くなっています。常にシェフとしての高みを目指していくことができれば、活躍の幅は広いといえます。


RECOMMEND

関連記事