最終更新日:

特養の仕事がきついと言われる理由は?きついだけじゃない特養への転職方法

特養 仕事 きつい 1

「特養がきついと言われる理由は?」
「特養のきついと言われる仕事内容は?」
「特養はきついだけでメリットはないの?」

特養の仕事への転職を検討していても、特養の仕事内容やきついと言われる理由がわからず悩んでいる人は少なくありません。

きついと言われる特養の仕事はスキルが身に付きやすくて平均給与も高く転職エージェントを活用すると効率的に転職活動が成功します

本記事では、特養の仕事がきついと言われる理由や仕事内容、メリット・デメリットと転職成功法を詳しく解説していきましょう。

\きつい仕事だけじゃない/
特養に転職するためのエージェントはこちら
↓ ↓ ↓

きつい仕事と言われる特養とは?

特養の仕事はよくきついと言われてるけど実際はどうなのかな?

まずはきついと言われる特養の特徴をご紹介♪一緒に見ていきましょ♡

きつい仕事と言われる特養は2種類

きつい仕事と言われる特養(特別養護老人ホーム)には従来型とユニット型の2種類があり、正式名称は介護老人福祉施設です。

常時介護が欠かせない在宅での生活が困難な高齢者にに対して生活全般の介護を提供します。

特養は入浴や排泄、食事などの身体介護や生活援助、機能訓練や健康管理など他の介護施設と比べてきついと感じやすい仕事が多いです

地域や家族との結びつきを重視している、定員29名以下の特養は地域密着型介護老人福祉施設と言います

きつい仕事と言われる従来型特養

特養 仕事 きつい 従来型

きつい仕事と言われる従来型特養は、他の利用者と同じ部屋で生活する相部屋が中心です

従来型特養は居室が一直線で並び廊下に面していて、食堂やリビング、浴室などは共有となっています。

大人数の入居者に対して大人数の職員で介護サービスを提供するので、毎回担当者が変わるのも従来型特養の特徴です

きつい仕事と言われるユニット型特養

特養 仕事 きつい ユニット

仕事がきついと言われるユニット型特養は10人前後の単位で1つのユニットを作り、ひとり一人個室や準個室を利用できます

ユニット型特養は共有スペースを囲むように部屋が配置されているので、他の入居者とも交流しやすいです。

ユニット型特養では研修を受けたリーダーが各ユニットに配置され、介護スタッフは担当するユニットの専任として働きます

きつい仕事と言われる特養の人員配置

厚生労働省の令和2年度「介護老人福祉施設の報酬・基準」によると、仕事がきついと言われる特養の人員配置基準は下記の通りでした。

職種 配置基準(人)
管理者
1
医師
必要な数
介護職員
看護職員
3:1
生活相談員
100:1以上
機能訓練指導員
1以上
介護支援専門員
1以上
栄養士
1以上
ユニットリーダー
ユニットごと

厚生労働省/介護老人福祉施設の報酬・基準

きつい仕事と言われる特養では入居者が安心して日常生活を送れるように、人員配置基準が決められています

特養の配置基準で定められた常勤の従事者が産前・産後休業・介護休業を取得した際は、複数の非常勤従事者の常勤換算が可能です

\きつい仕事だけじゃない/
特養に転職できるエージェントはこちら

特養がきつい仕事と言われる理由

特養には従来型とユニット型の2種類があって配置基準もあるんだ!なんで特養の仕事はきついと言われてるの?

    特養の仕事がきついと言われる理由

  1. 特養の仕事は体力面がきつい
  2. 特養の仕事は人間関係がきつい
  3. 特養の仕事は意思疎通がきつい
  4. 特養の仕事は夜勤がきつい

特養の仕事がきついのは体力面

仕事がきついと言われている特養だけでなく、ほとんどの介護職で身体介護があります。

特養では要介護レベルの高い人が多いので、介護技術が身に付いていないと体力面で仕事がきついと感じる人が多いです

自分よりも体重の重い利用者のサポートもするので、体力面で不安を抱えないためにも介護技術を身に付けましょう

きついと言われる特養の仕事は体を動かすのが好きな人におすすめよ♪

特養の仕事がきついのは人間関係

特養の仕事がきついと言われる1つの理由は人間関係です。

特養は民間企業ではなく、自治体や社会福祉法人運営しているため規模が大きく様々な職種の職員が在籍しています

他の介護施設では同じ職種の人同士で介護サービスを提供しますが、特養は医師や看護師もケアをするので考え方が異なりトラブルが発生しやすいです

人によって考え方が違うのは当然だから特養の仕事だけがきついわけじゃなさそうだね。

特養の仕事がきついのは意思疎通

特養はデイサービスや有料老人ホームと比べて、寝たきりや認知症など要介護度の高い人が利用しています。

特養では生活援助よりも身体介護の割合が高いため、意思疎通ができない人も多いです

表情や食事量、体調の変化を見逃さずに適切な介護サービスを提供しなければならないので、仕事がきついと感じる人もいます

特養は利用者の少しの変化にも気づかないとだめだから仕事がきついと感じやすいのね★

特養がきつい仕事なのは夜勤

昨今は勤務時間が日中帯のみの介護職が増えていますが、特養の仕事は夜勤もあります。

夜勤は生活リズムを整えるのが難しく、拘束時間の長さやスタッフが少ないため仕事がきついと感じる人も多いです

夜勤にも2交代制と3交代制など拘束時間が異なる夜勤があるので、少しでもきついと感じない夜勤の仕事を見つけましょう

夜勤はきついと言われるけど、デメリットだけなのかな?

夜勤は夜勤手当がつく・夜勤明けの時間を有効活用できるから夜勤専門として仕事する人も多いのよ♪

\きつい仕事だけじゃない/
特養に転職できるエージェントはこちら

特養のきつい仕事内容

特養は体力面や人間関係など仕事がきついと言われる理由がたくさんあるんだ。具体的な仕事内容は?

  1. 健康確認
  2. 身体介護
  3. レク・運動

特養のきつい仕事【健康確認】

特養のきついと言われる仕事には利用者の健康管理があります。

特養では体温・血圧測定、食事量や排泄量、床ずれなどを定期的に確認して医師に報告するのも介護職員の仕事です

特養のきつい仕事【身体介護】

介護職全体できついと言われる仕事の身体介護ですが、特養では特に要介護度の高い利用者のサポートをします

入浴や排泄などの介助の機会が多く、自分よりも体重が重い利用者もいるので体力面で特養の仕事がきついと感じる人も多いです

特養のきつい仕事【レク・運動】

特養では利用者の身体機能の維持・回復のためのレクリエイションや運動のサポートも仕事に含まれます

日常の介護業務に加えて、季節感を出すために開催するイベントなどの準備をするのがきついと感じる人も多いです

きつい仕事だけじゃない特養のメリット

特養の仕事は健康確認や身体介護、レク・運動がきついと思う人が多いんだ!特養の仕事のメリットはないの?

特養の仕事はきついだけじゃなくメリットもあるのよ♡特養の仕事に就くメリットを順番に見ていきましょ♪

特養の仕事はスキルが身に付く

特養 仕事 きつい スキルアップ

特養は要介護度の高い利用者が多いので、自然とレベルの高い介護技術を習得できます。

特養は他の介護施設と比べて利用者数も多くひとり一人個別に対応するため、緊急時にも臨機応変に対応できる人が多いです

特養で仕事をしていた人は介護業界で介護レベルの高い人としての認識があるため、介護職の転職で有利になります

特養の仕事は給与が高い

特養 仕事 きつい 給料

厚生労働省の平成30年度「介護従事者処遇状況等調査結果」によると、保有資格別の特養常勤者の平均給与額は下記の通りでした。

保有資格 平均給与額
特養常勤者平均
332,260円
管理職
400,570円
介護福祉士
313,920円
社会福祉士
336,340円
介護支援専門員
349,980円
実務者研修
288,060円
介護職員初任者研修
285,610円
保有資格なし
261,600円

厚生労働省/介護従事者処遇状況等調査結果

介護職員の平均給与300,970円(手当含む)と比較すると、特養は無資格でも平均に近い給与があり資格保有者は平均を上回ります

特養は地方公共団体が経営している事業所が多く、他の介護施設よりも平均給与が高いです

特養の仕事は自治体や社会福祉法人が運営しているので賞与や各種手当の待遇面も安定しています。

特養の仕事はキャリアアップしやすい

特養 仕事 きつい キャリアアップ

特養は自宅での生活が困難な要介護レベルの高い人を対象とした施設なので、仕事をしながら技術や知識の習得が可能です。

特養で要介護度の高い人の身体介護を経験していると、管理職や高収入・好待遇の仕事先への転職がスムーズに進みます

特養では定期的にケアプランの作成や介護知識を学ぶための研修をしているので、キャリアアップやケアマネージャーを目指している人におすすめです

\きつい仕事だけじゃない/
特養に転職できるエージェントはこちら

特養の仕事は無資格・未経験だときつい

特養の仕事はスキルが身に付きやすくて給料が高く、キャリアアップもしやすいんだ!特養は未経験・無資格でも仕事はあるの?

特養に入居するには入居条件の「要介護3」(※1)の認定が求められます。

要介護3とは、立ち上がりや歩行、食事、排泄、入浴など常に誰かのサポートが欠かせない身体・認知機能が低下している人です

特養は未経験・無資格でも仕事はありますが、レベルの高い介護サービスの提供が求められるので未経験・無資格者にはきついと言えます。

未経験・無資格で特養の仕事に就きたい人は、教育研修制度が整っている介護施設や事業所を選びましょう

特養の仕事に就くならエージェント

きつい仕事だけじゃない特養への転職を効率よく進めるには、転職エージェントの利用がおすすめです。

介護特化の転職エージェントは、介護業界の転職のプロが求人の紹介やサポートをしてくれるので選考通過率が上がります

それぞれ注力しているサポートは異なるので、比較検討して自分に合う転職エージェントを選びましょう。

特養の仕事が豊富なエージェント

ミラクス介護 マイナビ介護職
転職エージェント
主なサポート対象 介護業界経験者
未経験者も可
介護業界経験者
実績 介護職がすすめる転職サイトNo.1 福祉・介護職専門 利用者満足度No.1
求人数 21万3000件 5万6000件
+非公開求人
雇用形態 正社員/契約社員/パート 正社員/非常勤/パート
特徴 求人の5割が正社員求人
非公開求人は高年収が多い
介護求人の質が高い
転職活動を徹底的にサポート
公式サイト


きらケア かいご畑
転職エージェント
主なサポート対象 無資格・未経験
経験者も
幅広く対応
無資格・未経験の介護業界転職希望者
実績 幅広いニーズに対応可能 40代の転職成功実績あり
求人数 4万8000件
+非公開求人
1万件
+非公開求人
雇用形態 正社員/契約社員/派遣/パート/アルバイト 正社員/派遣に強い
特徴 面接同行など抜群のサポート
無料資格支援制度あり
無料で資格取得を目指せるキャリアアップ応援制度がある
公式サイト


きつい仕事だけじゃない特養に転職成功

特養の仕事はきついと言われていますが、スキルが身に付きやすくて給与が高く、転職エージェントを活用すると転職活動が効率的です

きついと言われる特養の仕事も働きやすい環境にするための制度が充実しているので、やりがいを持って働けます。

きついだけじゃない特養の仕事に就くには、特養の求人が豊富な転職エージェントを上手く活用し、希望の転職を成功させましょう

\きつい仕事だけじゃない/
特養に転職できるエージェントはこちら

(※1 引用:厚生労働省/要介護認定はどのように行われるか)

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人21万件!幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サービス。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターからスカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事