最終更新日:

介護職は子育てと両立できる?子育てと両立しやすい理由と介護職に就く方法

介護職 子育て 両立 1

「介護職は子育てと両立できる?」
「子育てと介護職を両立する悩みは?」
「子育てと介護職を両立する方法は?」

介護職と子育てを両立したくても、両立できるのか、介護職と育児を両立する方法が分からず悩んでいる人は少なくありません。

介護職は子育てに理解のある人が多いので育児と両立しやすくエージェントを活用すれば効率よく子育てと両立できる介護職を探せます

本記事では、介護職が子育てと両立できる理由や両立する悩み、子育てと両立しやすい職場と両立する方法を詳しく解説していきましょう。

【子育てと両立できる】
介護職が見つかるエージェントはこちら

↓ ↓ ↓

介護職が子育てと両立できる理由

子育てをしながら働きたい人はたくさんいるみたいだけど、介護職は子育てと両立できるの?

介護職は子育てに理解のある人が多くて働き方も選べるのよ♡

介護職員は育児に理解のある人が多い

厚生労働省の令和3年度「介護従事者処遇状況等調査結果」によると、介護職員の男女比は下記の通りでした。

介護職員の男女比
男性:25.0% 女性:74.8%
(引用:厚生労働省/介護従事者処遇状況等調査結果)

介護職は圧倒的に女性の割合が多く、平均年齢も40代後半と子育てを経験している人が多数

急な子供の体調不良などの欠勤にも快く理解して対応してくれる人が多いです。

介護職は託児所併設や保険料一部負担などの制度がある施設や事業所が増えているので、子育てと両立しやすいと言えるでしょう

介護職は子育てと両立できるシフト制

介護職は雇用形態の多様化やシフト制が導入されているため、自分が希望する働き方ができる勤務先を見つけやすいです。

シフト制は雇用形態に関係なく希望休を取得できるので、勤務日数を減らさずに子供の行事やイベントに参加可能。

介護職は子供の成長に合わせて勤務時間や雇用形態を選びやすいので、子育てと両立しやすい職種だと言えます

介護職は子育てが落ち着いた後に社員を目指せる、正社員登用実績も豊富です。

子育てと介護職を両立する人の1日

介護職は子育てと両立しやすい環境が整っていて働き方も選べるのね。実際に介護職と子育てを両立してる人のスケジュールは?

子育てと介護職を両立する正社員

08:00 保育園に子供を預ける
08:30 出勤
12:00 休憩(1h)
17:30 退勤
18:00 お迎え・買い物
19:00 帰宅

介護職の正社員は施設によっては早番や夜勤もありますが、勤務時間が長いため子育てと両立すると自由時間はかなり少なくなります。

子育てと介護職を両立するために施設や事業所が独自に設けている支援制度の利用も可能

法律によって定められた時短勤務や時間外・深夜労働の制限の制度もあるので、上手く活用して子育てと介護職を両立しましょう

子育てと介護職を両立するパート

08:00 保育園に子供を預ける
08:30 出勤
13:30 退勤
14:00 お迎え・買い物
15:00 帰宅

介護職は1日の勤務時間が2~3時間でも可能な施設・事業所も多く、子育ての隙間時間を活用して働けます

資格の取得が必須ですが、訪問介護では1日1時間からでも勤務可能です

介護職は様々な雇用形態や勤務時間があるから、子供の成長に合わせて勤務時間を変えやすいの♪

子育てと両立しながら介護職で働く悩み

介護職は自分の生活に合わせて働いてる人が多いのね。ここだけの話育児と両立してる人の悩みはないの?

もちろん子育てと介護職の両立ならではの悩みを持つ人もいるわ☆順番に見ていきましょ♪

  1. 急な休み・時短勤務に罪悪感
  2. 体力に不安
  3. 育児と介護職の両方が中途半端

子育て中は急な休み・時短勤務に罪悪感

子育てと介護職を両立する人は、急な休みや時短勤務に関する悩みが多くなっています。

子供の急な体調不良での欠勤や、お迎えなどで残業ができずに罪悪感を覚える人が多いです

介護職は子育てに理解のある人が多いですが、悩んでしまう人は面接時に急な休みや残業に関する悩みを相談しておきましょう

子育てと介護職の両立は体力に不安

子育て介護職の両立は、体力面で不安を抱える人も多いです

子育てと介護職を両立するには、かなりタイトなスケジュールで生活しなければなりません。

睡眠不足や疲労で体力的にきつくても手は抜けないので、周囲のサポート体制は必須です

子育てと介護職の両立で中途半端

子育てと介護職の両立は、どちらも中途半端になってしまうと感じる人が増えています。

業務の途中でも子供の預け先から連絡が来ると帰らなければならず、周りのスタッフと自分を比較して辛さを感じやすいです

子育てと介護職の両立は簡単ではありませんが、両立して活躍している人は多いので自分がストレスなく両立できる方法を探しましょう

子育てと介護職を両立するための方法

子育てと介護職を両立するには悩みも多いのね。どうやって悩みをなくして両立するの?

介護職に限らず育児と仕事を両立するには周囲の協力や息抜きが欠かせないわ♡一緒に見ていきましょ♪

  1. 両立しやすい介護職を選ぶ
  2. 自治体の子育て支援制度を利用
  3. 定期的な息抜き・ストレス発散

子育てと両立しやすい介護職を選ぶ

子育ての支援が充実している施設の求人には、下記のような特徴が記載されています。

子育ての支援が充実している施設の特徴
●子育て中のママさん活躍中
●子育て経験者多数在籍
●育休/有休取得率◎
●託児所完備
●育児補助/支援あり

介護職は支援や補助があるので子育て中の人も活躍しやすいです

転職エージェントでは求人だけではわからない施設の内情も教えてもらえるので、子育てに関する不安をなくして働けます

転職エージェントを利用すると、面接前に施設の見学も可能です。

育児と両立するなら支援制度を利用

多くの自治体では子供の預かりや保育園のお迎えなど、子育てと介護職を両立できるように支援する制度を設けています。

自治体によって内容は異なりますが、子育て支援制度は比較的安価で利用可能です

介護職と子育てを両立するには、自治体などの利用できる支援制度を上手く活用しましょう

子育てと介護職を両立するには息抜き

子育てと介護職を両立するには、定期的な息抜きが必須です。

休日に子供を預けて自分だけのために時間を使える環境を整えると、育児と介護職の両立がうまくいきます

短時間でも効率よく息抜き・ストレス発散できる方法を見つけて、無理なく両立できるようにしましょう

子育てと介護職を両立しやすい職場

子育てと両立しやすい職場
●デイサービス
●訪問介護(ホームヘルパー)

介護職には様々な施設や事業所がありますが、子育てとの両立におすすめなのはデイサービスと訪問介護です

デイサービスは日中帯のみの勤務で夜勤の心配もなく、要介護度の低い人に介護サービスを提供します。

訪問介護は介護職の登竜門とされている「介護職員初任者研修」の取得が必須ですが、登録ヘルパーは短時間の勤務がしやすいです。

勤務時間以外にも子育て支援制度や各種手当は施設・事業所によって異なるので求人に応募する前に確認しましょう。

子育てと両立するにはエージェント

子育てと両立しやすい介護職で働くには、介護職特化のエージェントの利用がおすすめです。

エージェントは求人紹介だけでなく、面接の日程調整や条件交渉もしてくれます

それぞれ得意な求人は異なるので、比較検討して自分に合ったサービスを利用しましょう

介護職の求人が豊富なエージェント

ミラクス介護 マイナビ介護職
転職エージェント
主なサポート対象 介護業界経験者
未経験者も可
介護業界経験者
実績 介護職がすすめる転職サイトNo.1 福祉・介護職専門 利用者満足度No.1
求人数 21万3000件 5万6000件
+非公開求人
雇用形態 正社員/契約社員/パート 正社員/非常勤/パート
特徴 求人の5割が正社員求人
非公開求人は高年収が多い
介護求人の質が高い
転職活動を徹底的にサポート
公式サイト


きらケア かいご畑
転職エージェント
主なサポート対象 無資格・未経験
経験者も
幅広く対応
無資格・未経験の介護業界転職希望者
実績 幅広いニーズに対応可能 40代の転職成功実績あり
求人数 4万8000件
+非公開求人
1万件
+非公開求人
雇用形態 正社員/契約社員/派遣/パート/アルバイト 正社員/派遣に強い
特徴 面接同行など抜群のサポート
無料資格支援制度あり
無料で資格取得を目指せるキャリアアップ応援制度がある
公式サイト


資格取得サービスがあるエージェント

【カイゴジョブエージェント】

手に職とは カイゴジョブエージェント【公式】https://www.kaigoagent.com/

カイゴジョブエージェントは正社員や契約社員、アルバイトなど様々な雇用形態の求人を保有する介護職に特化した人材サービス

カイゴジョブエージェントでは有資格者だけでなく、介護資格を取りながら就職・転職活動できる資格取得サービスを無料で受講できます

無料で資格取得を目指せるだけではなく、履歴書添削や面接対策などのサポート・就職後のアフターフォローも手厚いと評判です。

【介護ワーカー】

介護ワーカーの公式【公式】https://kaigoworker.jp/

介護ワーカーは全国に22の拠点があり、年間転職成功実績1万件を誇る転職エージェント。

残業や離職率・人間関係に至るまで、求人先の内部情報を細かく教えてくれるので、入社後のミスマッチが起こりにくいです。

無料の資格取得制度以外にも面談対策や求人紹介など充実のサポートが評判で、安心して働ける職場へ確実に就職できるでしょう。

子育てと介護職は両立できる

介護職は子育てに理解のある人が多いので両立しやすく、エージェントを活用すると就職・転職活動が効率的です

介護職は隙間時間を活用しやすいシフト制が導入されていて、支援制度も充実しているので子育てと両立しながら働けます。

介護職特化のエージェントを上手く活用し、効率よく子育てと両立できる介護職への就職・転職を成功させましょう

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人21万件!幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サービス。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターからスカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事