最終更新日:

ベンチャー企業への転職はなぜ不安?ベンチャー企業のメリットと転職成功法

ベンチャー企業 転職 不安

「ベンチャー企業に転職する人は不安が多い?」
「ベンチャー企業に転職するメリットは?」
「不安を解消して転職する方法は?」

ベンチャー企業への転職を検討していても、ベンチャー企業に転職するメリットや不安解消法が分からず悩んでいる人は少なくありません。

不安があってもベンチャー企業に転職するメリットは多数あり、転職エージェントを活用すれば効率よく希望の転職を実現できます

本記事では、ベンチャー企業への転職で感じる不安やベンチャー企業に転職するメリットと転職成功法を詳しく解説していきましょう。

【ベンチャー企業に転職できる】
おすすめの転職エージェントはこちら

↓ ↓ ↓

ベンチャー企業への転職が不安な理由

ベンチャー企業への転職に不安を感じる人が多いのはなんでだろう?

ベンチャー企業への転職は給与や労働環境、倒産のリスクなどに不安を感じやすいわ☆順番に見ていきましょ♡

そもそもベンチャー企業とは

ベンチャー企業に明確な定義はありませんが、下記のような企業を指すのが一般的です。

ベンチャー企業とは
◆新しい形態のサービスやビジネス(ベンチャービジネス)を展開する中・小企業。
◆独自の技術や製品で急成長していく企業。
◆今後の成長は期待できるが、財政基盤が弱く資金調達が困難で投資機関から支援を受けている企業。

ベンチャー企業は20~30代の若手が多く、現状は収益基盤が整っていませんが将来的に成長が期待できるのが特徴。

実力主義でマルチタスクを求められるので、勤続年数が長い人から出世するような一般企業とは大きく異なります。

ベンチャー企業は経営者や経営陣の近くで仕事をしたい人や、向上心が高く仕事が好きな人に向いているでしょう

\ベンチャー企業への転職に強い/
転職エージェントはこちら

ベンチャー企業への転職で感じる不安

  1. 給与面
  2. 労働環境
  3. 倒産のリスク

ベンチャー企業は給与面で不安

厚生労働省の令和元年度「賃金構造基本統計調査(初任給)の概況」によると、学歴別の初任給は下記の通りです。

学歴 初任給
大学院卒
23万8千円
大学卒
21万円
高専・短大卒
18万3千円
高校卒
16万7千円

ベンチャー企業の初任給は27万円(※1)となっており、一般企業よりも高い結果となりました

ベンチャー企業はIT系が多く初期費用を抑えて起業できるため、創業初期は給与が低くてもメガベンチャーになると高くなる傾向です。

給与が高くても福利厚生が整っていない企業や、残業時間がかなり多い企業もあるので事前の企業調査は欠かせないでしょう

給与面で不安な人は、福利厚生や昇給・ボーナスなども確認するのがおすすめです。

ベンチャー企業は労働環境が不安

ベンチャー企業への転職では、労働環境に関する不安を抱えている人が多数。

事業基盤や組織体制が整っていないため、人員不足の影響でひとり一人の業務量が多く労働時間の長期化が懸念されています

全てのベンチャー企業が当てはまるわけではありませんが、ワークライフバランスを重視したい人には向いていません。

マニュアルや研修制度がない企業も多いため、即戦力や自主性を求める企業が増えています。

研修制度のあるベンチャー企業を探すには、企業の内部情報まで把握している転職エージェントを利用しましょう。

ベンチャー企業は倒産のリスクが不安

中小企業庁の2017年度「中小企業白書」によると、起業後の企業生存率は下記の通りです。

ベンチャー企業 転職 不安 存続率

中小企業全体で見ると創業後5年の81%は生存していますが、ベンチャー企業は5年後は15%、10年後は6.3%となっています(※2)

ベンチャー企業は銀行から融資を受ける際に経営者が連帯保証人を担うため、経理の知識がない人が起業すると倒産・破産しやすいです。

倒産してしまうベンチャー企業に転職しないためにも、経営状況や資本政策について調べておきましょう

\ベンチャー企業への転職に強い/
転職エージェントはこちら

ベンチャー企業に転職するメリット

ベンチャー企業に転職する不安があっても事前の情報収集を徹底すればいいんだ!具体的にベンチャー企業に転職するメリットは?

  1. 業務内容が多様で経験を積める
  2. 会社内の風通しが良い
  3. 経営者の近くで仕事できる

業務内容が多様で経験を積める

ベンチャー企業では少人数で会社を運営しているため、一般企業と比較すると一人当たりの業務の幅が広いです。

大企業のようにすでにある事業を運営するのではなく、1から作り上げていくため自分の考えや経験を活かしやすくなっています

ベンチャー企業は実力主義の会社なので、様々な業務で経験を積んで自身の成長に繋げられる企業だと言えるでしょう

会社内の風通しが良い

ベンチャー企業のメリットとしてよく挙げられるのが、会社内の風通しの良さです。

直属の上司だけでなく役員や社長との距離も近く、アットホームな会社が多数あります

自分の意見を直接社長や経営層に伝えられるのも、ベンチャー企業に転職するメリットだと言えるでしょう。

経営者の近くで仕事できる

ベンチャー企業は社員数が少ないからこそ、社長や経営陣の仕事を身近に感じながらの業務が可能です。

意思決定までのスピード感や、自分の会社への貢献度も把握できるのは大きなやりがいを感じられます

ベンチャー企業では実践的に経営に関する知識も習得できるため、経営者の視点からの運営や起業について学びたい人にはメリットがあると言えるでしょう。

\ベンチャー企業への転職に強い/
転職エージェントはこちら

ベンチャー企業への転職の不安解消法

ベンチャー企業では経営層の近くで経験を積めてアットホームな会社が多いんだ!具体的な不安解消法は?

ベンチャー企業への転職の不安を解消するには、自己分析と転職エージェントの利用がおすすめよ♪一緒に見ていきましょ♡

自己分析を徹底して不安をなくす

ベンチャー企業への転職に不安を感じる人は、自己分析をしておくと向いている業界やアピールすべきポイントがわかります

自分の性質・強みや転職市場価値を無料で診断できるサービスを活用すれば、スマホやパソコンで簡単に自己分析が可能です。

【グッドポイント診断】

自分の適性をすぐ知りたい人はリクナビNEXTのサービス「グッドポイント診断」を利用しましょう。

診断結果ではあなたならではの5つの強みが分かり、仕事の向き不向きの適性をチェックできます。

グッドポイント診断

グッドポイント診断の詳しい手順はコチラ→

【グッドポイント診断のメリット】
・リクナビNEXT会員限定で本格診断が無料
・どこでも手軽に診断可
・自分の強みを客観的に把握できる
・診断結果は求人応募時に添付OK
・自己分析の負担が軽減され転職効率アップ
\無料で手軽に適性がわかる!/

【ミイダス】

市場価値がわかる転職アプリのミイダス【公式】https://miidas.jp/

ミイダスはあなたの本当の価値を『見い出す』アプリで、簡単な質問に答えるだけ転職市場価値や行動特性、適正などを診断できます。

登録すると条件にマッチする企業からオファーが届くので、転職活動が効率的です。

ミイダスの適性診断の開始手順はこちら→

【ミイダスのメリット】
家で手軽に適性診断可
5分程度かつ無料で転職市場価値がわかる
スマホだけで企業からオファーが届く体制に
・オファーが届いた時点で面接確約
・求人を探す手間が省けて転職の負担を軽減

エージェントの利用で不安をなくす

ベンチャー企業への転職を検討している人の多くは、転職サイトを2~3社併用しています。

    【転職サイトを併用するメリット】
    ● 検索・応募できる求人の幅が広がる
    ● 相性の良い担当者を見つけやすい
    ● 面接対策をしっかりできる
    転職成功までの期間が短くなる

複数の転職サイトを併用すると、紹介してもらえる求人数が増えるため自然と転職活動の期間は短くなる傾向です

転職エージェントで手厚いサポートを受けながら質の高い職務経歴書を作成すれば、選考通過率は上がるでしょう

\ベンチャー企業への転職に強い/
転職エージェントはこちら

不安が不要なベンチャー企業向きの人

ベンチャー企業への転職向きの人
・マルチタスクが得意な人
・体力に自信のある人
・成長意欲が高い人
・好奇心旺盛な人
・自己管理能力が高い人

ベンチャー企業は一人の業務の幅が広く、新しい業務に挑戦したい人や成長意欲の高い人に向いています

裁量権が大きいため一般企業よりも成長速度が速く、年功序列制度ではなく実力で勝負したい人が働きやすいです。

経営層に近い場所で仕事ができるので、経営を学びたい人や起業を考えている人もやりがいを感じやすいでしょう

\ベンチャー企業への転職に強い/
転職エージェントはこちら

ベンチャー企業への転職向きエージェント

ベンチャー企業への転職を効率よく成功させるには、転職エージェントの併用がおすすめ

それぞれ得意な業界やサポート内容は異なるので、自分に合うサービスを選びましょう。

ベンチャー企業向け転職エージェント

リクルート
エージェント
マイナビ
エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~30代
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用実績は54万人以上 20代の信頼
NO.1を獲得
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
手厚いサポートがある
中小企業に特化
簡単登録
(無料)


IT・web業界のベンチャー企業向け転職エージェント

WORKPORT
(ワークポート)
ギークリー
(Geekly)
転職エージェント
主な年齢層 20代~30代 全世代
主なサポート対象者 IT経験者・第二新卒 IT・Web・ゲーム業界の経験者
支援実績 転職決定人数
1位
ユーザー満足度85.3%
特徴 70~95%が
非公開求人

初心者向けの
プログラミング
スクールがある
利用者の75%が年収UP
非公開求人・
独占求人が豊富
簡単登録
(無料)

ハイクラスのベンチャー企業への転職サイト

ビズリーチ リクルートダイレクトスカウト
転職エージェント
主な年齢層
20代~40代
主なサポート対象者 高年収
ハイクラス
ハイキャリア
管理職クラス
支援実績 ハイクラスNo.1
1/3が年収
1000万円以上
転職時の平均年収は900万円
特徴 ヘッドハンターと企業からスカウトが届く
面談確約スカウトあり
リクルート運営で完全無料
一流ヘッドハンター指名可
簡単登録
(無料)


不安を解消してベンチャー企業へ転職成功

ベンチャー企業への転職を検討していても、ベンチャー企業に対する不安が多く転職活動に踏み出せない人は多いです。

ベンチャー企業への転職で感じる不安は企業分析や自己分析で解消でき、転職エージェントを利用すると不安なく転職を進められます。

ベンチャー企業への転職に強い転職エージェントは豊富なので、上手く活用して希望の転職を成功させましょう

\ベンチャー企業への転職に強い/
転職エージェントはこちら

(※1 引用:FASTGROW/「ベンチャーは薄給」は本当か?)
(※2 引用:日経ビジネス/「創業20年後の生存率0.3%」を乗り越えるには)

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人10万件超幅広い業界・職種から希望条件にマッチする求人を紹介可能

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サービス。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターからスカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事