最終更新日:

銀行の利益は銀行ディーラーの手に掛かっている?!銀行ディーラーに向いている人や仕事内容・年収を解説

銀行の利益は銀行ディーラーの手に掛かっている?!銀行ディーラーに向いている人や仕事内容・年収を解説

さて、銀行ディーラーとはいったいどのような仕事なのでしょうか?別名為替ディーラーとも呼ばれる銀行ディーラーとは、為替取引によって利益を生む仕事をしています。一般の個人トレーダーと同様にFX会社を通して通貨ペアを売買し、利益を出す仕事です。

FXを簡単に説明すると、外国為替証拠金取引のことで、国同士の通貨を売買し、その差益で利益を出します。スワップポイントなどで利益を生むこともありますが、為替差益の方が大きく利益を取れることが多いでしょう。

為替ディーラーとも呼ばれる、銀行ディーラーとはどのような特徴があり、どうすればなれるのか、気になる収入や将来性について解説していきます。

銀行ディーラーは日々どのような仕事をしているのか?

FX取引をしたことがない人にとっては、銀行ディーラーの仕事内容については不透明な部分が多いのではないでしょうか?そこで、具体的にどのような仕事をするのか説明していきますね。

銀行ディーラーの具体的な仕事内容

銀行ディーラーの仕事は、銀行によって微妙な違いはありますが、あまり違いはありません。一般的な個人投資家と同様に、FX会社でFX取引をし、為替差益を狙って注文を入れていきます

ただし、個人投資家と違うのは、資金量の違いとスキャルピングトレード的な短時間を仕掛けていく、ギャンブル的なトレード方法ではなく、戦略を十分に立て計画的に運用していくところです。あくまでも安定した利益を出すことが重要になります。

銀行ディーラーの銀行における役割

銀行で利益を出さないと、配当や利息を出せずに、顧客離れにつながってしまいます。利益には、当然貸付などでも含まれますが、為替差益を狙う利益については、うまく運用すれば相当な利益となり、比べ物になりません。そのため、銀行ディーラーが担う役割は、とても重要だと言えるでしょう。

銀行は預金額が大きいほど投資運用や貸付で利益を上げていきますが、この預金額を増やすためにもディーラーの役割は大きいのです。

銀行ディーラーの1日の流れ

一般的な企業の働く人たちと比べると、まったく違うのがこの銀行ディーラーです。なぜなら、為替市場は24時間動いており、東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場でそれぞれ違う動きがあるため、常にチャンスをうかがっていないといけない仕事と言えます。

市場が明ける時間はそれぞれ違うので(夏時間冬時間で1時間のずれあり)、ニューヨーク市場明けで大きく動いた場合は、就寝中でも起こされて、仕事をしなければなりません。ある意味仕事の合間に睡眠をとるという特殊な仕事と言えるでしょう。

銀行ディーラーになるにはどうすれば良いのか?

銀行ディーラーになるために、FX取引の能力が必要であることはわかってもらえたかと思いますが、それでは具体的に銀行ディーラーに必要な経験やスキル、資格について見てみましょう。

銀行ディーラーに有利な経験

  • 為替取引の経験が3年以上ある人
  • 為替取引で実績がある人

当然ではありますが、為替取引の経験が3年以上あることはもちろん必須と言えるでしょう。ただし、為替取引の経験だけではなく、実績がどのくらいあるかということがポイントです。資産100万円に対し、年利200%以上の実績を持っているなど確実な実績が必要になります。

100万円を1年で2000万円まで増やしたという実績ですね。銀行によって、基準は異なりますが、必ず増やした実績が必要であり、マイナスを出さないということではありません。為替取引の性質上、マイナスを出さない取引はありえませんので、あくまでも年利や月利での実績が重要なポイントです

未経験の募集は少ないので、銀行で働いた経験が1~3年以上あり、そのうえで為替取引の実績があるといいでしょう。

銀行ディーラーが求められるスキル・資格

外国人ディーラーと情報交換をする必要があるので、英語スキルは必要です。会話が成り立つ程度であれば問題ないでしょう

資格についてはとくに必要なものはありません。

銀行ディーラーに向いていない人の特徴

  • 精神的に弱い人
  • 決断力のない人

為替取引をするうえで、とても重要なのがメンタルの強さです。度胸と冷静な判断、決断力が必要とされるので、精神的に弱い人は止めておいた方が良いでしょう。個人投資家とは違い、大きな資金を動かすため、相当な度胸が必要です。

銀行ディーラーの収入は?将来性のある仕事なのか?

銀行ディーラーは大変な仕事ですが、その分給与は高そうですよね。気になる収入や将来性について見てみましょう。

銀行ディーラーの平均年収

銀行ディーラーは特殊な仕事なので、やはりというか相当な高収入となっています。金融系専門職の運用部門で平均年収は837万円です。寝る時間を惜しんで、チャートやマーケット情報とにらみ合う状態で仕事をしているので、これだけ高い収入になるのも当然と言えるのではないでしょうか。

平均年収ランキング2017
参考URL
https://doda.jp/guide/heikin/

銀行ディーラーの将来性について

銀行など金融会社では、資金運用には必ず為替取引が用いられます。もしかすると各国の通貨がすべてビットコインのような仮想通貨になればわかりませんが、そうなるとは限りませんので、為替取引で資金運用がメインとなるでしょう。

そう考えると、トレード能力の高さはどこの銀行でも通用しますし、長期的に安泰な仕事と言えます


RECOMMEND

関連記事