最終更新日:

需要拡大中!?福祉住環境コーディネーター仕事内容から年収まで徹底調査!

需要拡大中!?福祉住環境コーディネーター仕事内容から年収まで徹底調査!

高齢者が増えているなか、需要の高い職業のなかに、福祉住環境コーディネーターがあります。住みやすい環境作りを提供するのが、福祉住環境コーディネーターという仕事です。

名前から何となくイメージできそうな仕事ですが、実際にどんな仕事をしているのか、収入はどのくらいなのか、将来性はある仕事なのかという点において解説していきます。

福祉住環境コーディネーターとは何をする仕事?

高齢者だけではなく、体の不自由な人が暮らす環境を整える福祉住環境コーディネーターには、さまざまな仕事内容がありますが、基本的な仕事内容について見てみましょう。

福祉住環境コーディネーターの仕事内容

個人住宅から、高齢者集合施設までさまざまな建物に対応します。バリアフリーを設置し、車いすでも移動しやすいように設計したり、捕まって歩けるように壁側に手すりを付けるように指示を出すことが、メインの仕事です。

実際に作ったり、設置したりする仕事ではなく、ケアマネージャーや建築士、工務店と連携を組んで、総合的な環境作りをマネージメントするのが、福祉住環境コーディネーターの仕事です。

高齢社会における福祉住環境コーディネーターの役割

ひとえに高齢者が住みやすい環境を整えるといっても、人それぞれに体調や病気の度合いによって、対応は異なります。それぞれの適した環境を考え、最適な住空間を提供するのが大きな役割だと言えるでしょう。

実際に、住んでみないと不便さはわからないものですが、それを見越してその人に適した環境を整えてあげるのが、福祉住環境コーディネーターとして担うべき役割です。

体の不自由な人のできることに合わせて住みやすい環境を作ることが求められます。

福祉住環境コーディネーターの業務フロー

福祉住環境コーディネーター単体で就業することは少なく、介護の現場で働きながら、もしくは設計士として働きながら、福祉住環境コーディネーターとしても活躍するケースが多いです。

そのため、普段は介護士、設計士の仕事をしながら、需要が入ったときのみ福祉住環境コーディネーターとして活動をします。個人、法人問わず、まずは打ち合わせから始まり、どんな仕上がりにしていくのか相談し、各担当部署と連携を取りながら、最終的な完成へと進めていきます。

介護士や設計士としての業務の中に福祉住環境コーディネーターの仕事があると考えていただけるといいでしょう。

福祉住環境コーディネーターになる方法とは?

実際にどの程度の需要があるのかを踏まえて、福祉住環境コーディネーターになる方法について解説していきます。福祉系の仕事に興味のある人は参考にしてみてください。

福祉住環境コーディネーターに必要な経験

  • 介護業界での経験
  • 建築業界での経験

実際に福祉で働いた経験があることが条件となっている求人が多いです。介護士として数年の経験があるか、もしくは建築業界で働いた経験のある人と条件の欄に記載されています。

介護士の場合は、実際に高齢者の人がどんな状況で、不便な思いをしていた実例を目の当たりにしているため、その経験が生かされるということですね。建築業界で働いていた人は、建物の構造などに精通しているため、その経験が生かされます。

福祉住環境コーディネーターに求められるスキル・資格

  • コミュニケーション能力
  • 福祉住環境コーディネーター検定試験 2級~

必須となるスキルはありませんが、コミュニケーション能力は高い方がいいでしょう。あとは資格ですが、福祉住環境コーディネーター検定試験があります。3級・2級・1級があり、最低でも2級は取得しておいた方が良いです。

ただし、福祉住環境コーディネーター検定試験で資格を取得しただけでは、難しい場合が多いので、できれば介護士の資格を取って介護士としての経験を積んでから、福祉住環境コーディネーター検定試験を受けるなど、複合的に考えておいた方が良いでしょう。

福祉住環境コーディネーター検定試験要項(2018年度)
参考URL
https://www.kentei.org/fukushi/guideline.html

生活に不憫な思いをしている人に、少しでも楽に生活させてあげたいという思いもあるとなおいいでしょう。

福祉住環境コーディネーターに不向きな人

  • 介護が嫌いな人
  • こだわりが強すぎる人
  • 自身のこだわりを押し付ける人

介護の仕事と関連しているので、介護をする仕事自体が嫌いな人には向いていません。高齢者や体の不自由な人のために、親身になって仕事をすることが大切な仕事です。それから、こだわりが強すぎる人も向いていません。

あくまでもそれぞれの顧客に合わせたコーディネイトをしてあげることが大切なので、自分がやりたい仕事を押し付けるような人は向いていないでしょう。

福祉住環境コーディネーターの収入は高い?将来性はあるのか?

福祉住環境コーディネーターになると、収入はいくらもらえるのでしょうか?気になる収入についてと、将来性はある仕事なのかを解説していきます。

福祉住環境コーディネーターの平均年収

介護士として働く場合は、介護士の年収プラスアルファになり、そんなに高くはありません。ただし、インテリアコーディネーターとして、福祉関係の建物に携わる場合は、平均年収は330~400万円程度となっています。

介護業や建築業の本業の年収が高いほど福祉住環境コーディネーターとしての年収が高くなります。

給料BANK
福祉住環境コーディネーターの給料
参考URL
https://kyuryobank.com/doboku/housingenvironment-coordinator.html

福祉住環境コーディネーターの将来性について

少子高齢化社会が今後も続く限りは、需要の高い職業と言えます。今のところは応募者が少なく、需要が高まりつつあるため、今後も求人数が増え続け、給与がアップしていく可能性もあり、今後注目すべき仕事であると言えるでしょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「ミイダス」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事