最終更新日:

航空会社で必要とされるコンサルタントって?業務内容・年収を解説

航空会社で必要とされるコンサルタントって?業務内容・年収を解説

航空会社でコンサルタントをする人というと、どんな仕事をしているのか、漠然とでしか思い浮かばないという人が多いのではないでしょうか。

一般的な企業でコンサルタントとなると、企業経営やサービスの向上などで利益を得るためにコンサルタント活動をするというのが一般的ですが、航空会社では何のためにコンサルタント活動をするのか、わかりにくいかもしれませんね。

そこで、今回は航空コンサルタントについて、どんな仕事をしているのか詳しく説明します。

航空コンサルタントはどのような仕事をする職業なのか?

航空コンサルタント業務は、企業自体の経営ではなく、主に物流や機体の導入、保守、設備工場の確保など、飛行機に関連するビジネス全般をコンサルティングする仕事です。具体的にどのようなコンサルタント業務をしているのか見ていきましょう。

航空コンサルタントの業務内容

  • 航空機の導入時に関連する全般的なプロデュース
  • 物流関連のコンサルタント

メインの仕事は、航空機を導入するときに関連する全般的なプロデュースをする仕事です。生産計画から始まり、航空に導入する機体の計画や保守はどのように行うのか、投資金額の決定もコンサルタントの仕事です。

それから物流関連もコンサルタントとして関わってきます。海外に物流を持つ企業との間を取り持ち、どの程度の荷物をどうやって海外の物流に移すのか、コストはどうするのかというプランもコンサルタントが1から計画していきます。

航空機で物流ルートを確保し、荷物を搬送するときには、必ず法的な手続きが必要となってきます。その複雑な手続きも一手に引き受けることもあるのが、航空コンサルタントの役目です。

航空業界における航空コンサルタントの役割

航空コンサルタントは、利益を上げるために必要不可欠な存在ですが、航空業界全体の活気を与える重要な役割も担っています。航空業界を安定して維持し続けるためにも、コンサルタントの力はとても大きいものです。

航空会社の発展は、空港に訪れる人の増加につながり、飛行以外の売店やレストランなどの複合施設にも利益をもたらします。それは日々のコンサルタント業務による努力のたまものとも言えるでしょう。

航空コンサルタントの業務フロー

1日の流れは通常の会社と同様で、会社に出勤をして、会議や事務作業などをこなしながら、各企業を回り、打ち合わせをしていくというのが一連の流れとなります。

企業を回り、いつのフライトなら、どの程度の空きが確保できるのか、安全性の説明やコストの面はどうなっているのかを説明するのが大体の流れです。

航空コンサルタントは敷居の高い職業なのか?

どの業界でもコンサルタントの仕事は経験やスキルよりは、熱意を重視される場合があります。航空コンサルタントもとくに必須となる経験や資格はないのか、やる気や熱意だけでなれるのかを見てみましょう。

航空コンサルタントになるために必要な経験

  • 必要な経験はなし
  • コンサルタント経験があると有利
  • 物流業界の就業経験があると有利
  • 営業経験があるとかなり有利

業界不問でコンサルタント経験があると有利になります。航空会社の転職自体が若干敷居が高く、狭き門であるため、やる気だけでは少し難しいこともあるでしょう。十分なコンサルタント経験があると安心です。

あとは、空(そら)ルートによる物流関連の業務を担うため、物流業界での就業経験があると有利になります。物流の全体的な構造や流れを把握している人は、航空コンサルタントでも重宝されるはずです。それから業界問わず、しっかりとした営業経験もかなり有利となりますね。

航空コンサルタントに求められるスキルや資格

  • ビジネスマナーに留意した英会話スキル
  • 自動車普通免許

スキルについては、航空会社のどの職種であっても、海外企業とも取引することが多いため、英語スキルは必須です。日常会話を不自由なくできる程度は最低限必要で、ビジネスマナーに留意した英会話スキルは習得しておきましょう。

資格についてはコンサルタントに必須の基本的な資格と言えば、自動車普通免許です。これは基本として持っておくのは当然として、他に必要な資格はというと、とくに必須とされる資格はありません。

金融知識を必要としていることが多いため、会計士の資格を保有していて、企業の財務を取り仕切っていた実務経験がある人で、なおかつ航空機ビジネスに精通していると有利になります。

航空コンサルタントに向いていない人の特徴

  • 自信のない人
  • 人前で話すのが苦手な人

自信のない人、おどおどしている人、人前に出て話すのが苦手な人は向いていません。国外の人と堂々と会話のやり取りができる度胸がない人は、止めておいた方が良いでしょう。

航空コンサルタントは高収入なのか?将来性はある?

航空コンサルタントは誰にでも簡単になれる職業ではないので、かなりの高収入が予想されますね。航空コンサルタントの平均年収と合わせて、将来性についても見てみましょう。

航空コンサルタントの平均年収

航空業界でのコンサルタントも、他業界コンサルタントと同様の年収となっており、平均年収722万円です。業界は違っても、コンサルタント業務は高い能力が要求されるため、高めの給与設定となっています。

平均年収ランキング「戦略・経営コンサルタント」
参考URL
https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/
一般的なコンサルタント業務と同様の平均年収となっています。

航空コンサルタントの将来性について

航空業界は今後もますます需要の高い業界と言えるでしょう。コンサルタント業務も必須となっていく職業のため、末永く安定している仕事だと言えます


RECOMMEND

関連記事