最終更新日:

インテリアコーディネーターになるためには?仕事内容・年収をご紹介

インテリアコーディネーターになるためには?仕事内容・年収をご紹介

希望通りに内装をプロデュースしてくれるインテリアコーディネーターは、とても人気の高い職業です。なかでも女性は部屋の内装にこだわる人が多く、長い時間過ごす部屋をできる限り居心地の良い空間にしたいと考えています。

家具や壁の色、照明など、普段目にする機会の多いインテリアをコーディネートしてくれる人気の職業です。女性に人気の高いインテリアコーディネーターの仕事内容・年収など詳しく解説していきます。

インテリアコーディネーターは花形職業?!どんな仕事をする職業なのか?

インテリアコーディネーターを簡単に言うと、インテリアについての知識を豊富に持ち、顧客の希望通りに内装をコーディネートしてくれるインテリアのスペシャリストです。それでは、インテリアコーディネーターが普段どんな仕事をしているのかを見ていきましょう。

インテリアコーディネーターの仕事内容

インテリアコーディネーターと言っても、実際にはそれぞれの分野でやるべき仕事内容は変わってきます。

個人相手にマンションや住宅の内装をコーディネートする人、商業施設や病院など企業相手に仕事をする人で違いますし、ハウスメーカーに入社すればモデルルームを担当することもあるでしょう。

また、建築士の資格を有するフリーのインテリアコーディネーターの場合は、設計図からすべて請け負う場合もあります。いずれにしても、居住やサービスの利用など、さまざまな用途によって、臨機応変に対応し、顧客の要望に合わせて提案していくのがメインの仕事です。

ハウスメーカー業界におけるインテリアコーディネーターの役割

居心地が良くてセンスの良い部屋に住みたいというのは、誰しもが持っているものですが、とくにマンションなどの集合住宅では、全室すべて同じようなインテリアでは、入居する顧客の満足度は低くなります。

マンションを、他の部屋にはない、自分だけの空間にしたいと考えている人は多いです。そこで登場するのがインテリアコーディネーターで、既存の内装では不満を持っている顧客に、希望以上の高いクオリティになるようなコーディネートを提案していきます。

そうすることによって高い満足度につながり、評判となって広まり、ハウスメーカー業界全体のクオリティが相乗効果で高まっていくでしょう。

部屋のコーディネートで自分らしさを表現する手助けをする役目があります。

インテリアコーディネーターの業務フロー

  1. 事務作業・メール確認
  2. 予定・打ち合わせ内容の確認
  3. 顧客との打ち合わせ
  4. 提案書の作成・提案

出勤後はまず事務作業やメール確認を行い、打ち合わせからスタートです。情報共有やその日に会う予定の顧客に関しての打ち合わせ内容を事前に確認しておきます。

その後、待ち合わせ場所に向かい、顧客の希望を聞きながら、入念な打ち合わせをします。帰社し、打ち合わせ内容を検討して、提案書を作成していきます。作成した提案書は顧客に渡し、詳しく説明しながら納得してもらえるまで何度も作成し直し、再度提案するという根気の要る仕事です。

顧客の感性と提案内容を一致させるために、根気よくすり合わせるのが必要なのです。

インテリアコーディネーターになるためには?

みんなが憧れる人気の職業、インテリアコーディネーターになるにはどうすれば良いのでしょうか。インテリアコーディネーターは誰にでもなれる職業なのか、どんな資格が必要で、あると良いスキルは何かを解説していきます。

インテリアコーディネーターに必要な経験

なかには未経験でも可としている求人もありますが、ほとんどは実務経験を求めています。未経験可でも、実務経験ありの人が応募してくれば、当然そちらを採用する確率が高いです。

ただし、どの職業でもそうですが、熱意のある人の方が好印象なのは間違いありません。最初は雑用からでもかまわないことをアピールし、どんなことでもやるのでぜひ働かせてほしい旨を告げれば、可能性は低くありません

インテリアコーディネーターが求められるスキルや資格

必須となるスキルはありませんが、取得すべき資格はあります。それが「社団法人インテリア産業協会」が主催する「インテリアコーディネーター資格試験」です。未経験でインテリアコーディネーターを目指すなら、ぜひとも取得しておきましょう。

「インテリアコーディネーター資格試験」は1次と2次があり、1次に受からないと2次は受けられません。1次はマークシート形式で、2次は論文や製図などの実務試験があります。

難易度は高めの試験なので、しっかりと準備をしてから挑戦してみてください。

インテリアコーディネーター資格試験 受験概要
参考URL
https://www.interior.or.jp/examination/ic/overview/

インテリアコーディネーターに不向きな人の特徴

  • 受動的な人
  • 内向的な人
  • 著しくコミュニケーションが苦手な人

探求心や好奇心、勉強をしていくことが好きなことが大切なので、受動的な人や内向的な人には向いていない仕事です。

人とのつながりも大切な仕事なので、著しくコミュニケーションが苦手な人も向いていないでしょう。

インテリアコーディネーターの収入や将来性はどうなっているのか?

女性に大人気の職業、インテリアコーディネーターの収入や将来性について解説していきます。

インテリアコーディネーターの平均年収

20代で平均年収は325万円となっており、新米インテリアコーディネーターの場合、250万円から350万円というのが相場となっています。

平均年収ランキング「建築/プラント/不動産」⇒「内装・インテリア/リフォーム」×「技術系(建築/土木)×20代
参考URL
https://doda.jp/guide/heikin/search/

インテリアコーディネーターの気になる収入事情「アデコ」
参考URL
https://haken.adecco.co.jp/useful/showroom_guide/05/

インテリアコーディネーターの将来性について

需要の高い人気の職業であるため、将来にわたって安定した仕事だと言えます。建築士の資格を取ることで、さらに安定するでしょう。


RECOMMEND

関連記事