最終更新日:

徹底解説!マイナビジョブ20’sとマイナビエージェントの違いとは?

徹底解説!マイナビジョブ20’sとマイナビエージェントの違いとは?

年収、福利厚生の充実、社内の雰囲気…転職を決意されたのには、様々な要因があると思います。せっかく転職をするなら、より条件の良い会社で働きたいですよね。ですが、自分一人では集められる情報量にも行動量にも限界はあります

転職情報に精通していて、自分の為に動いてくれるサービス…それこそが転職エージェントです。今回は数あるエージェントの中でも特徴の違うマイナビジョブ20’sとマイナビエージェントに焦点を当て、比較しつつ解説してきます。

マイナビジョブ20’sとは?

第二新卒など、若い世代に特化した人材紹介サービス

マイナビジョブ20’sは、第二新卒などの転職に不慣れな20代を対象とした転職に特化しているサービスです。

経験が浅いことを前提にしているので、手取り足取り教えてくれる

点が、特徴です。

通常、転職を行う際は自身の職務経歴などから長所を見出して企業に売り込んでいくのですが、職務経歴が短い場合には中々その経歴を長所として扱うのが難しいです。エージェントによっては職務経歴が短いというだけでまともに扱ってくれない場合もあるくらいです。

その点マイナビジョブ20’sは職務経歴が短いのを前提にしているから、セミナーの内容やサポート体制が万全よ★

マイナビジョブ20’sを使いこなす方法

マイナビジョブ20’sを使いこなすには「エージェントに将来性を見出してもらう」のが何よりも大切です。

サポート体制が万全であるマイナビジョブ20’sですが、実際に面接の場に足を運べば職務経歴もばっちりである、歴戦の猛者達と戦わなくてはなりません。

そうなったときに20代が歴戦の猛者に勝てる要素。それは将来性です。企業にとって育て甲斐のある人間であると判断されれば十分に勝てる見込みがあります。

企業に自身の将来性を感じてもらう一番の方法が「担当エージェントに将来性を見出してもらう」ことなので、以下の要素に注意し、周囲の20代と差をつけましょう!

  • 転職を前向きに捉えて話す(前職の愚痴ばかりにならないように注意。)
  • 返事はどんなに時間がかかっても24時間以内に返す
  • 指摘に対して反論から入らず、メリットを探す癖をつける(素直な人材の方が育てたいと思ってもらえる)

周囲の20代と差をつけることができるから、マイナビジョブ20’sを活用の際は、実践してみよう!

マイナビエージェントとは?

幅広い年代に対応している人材紹介サービス

マイナビエージェントは、比較的幅広い年代に対応している人材紹介サービスです。

  • マイナビジョブ20’sに比べて、やや即戦力を求める傾向にある

のが、マイナビエージェントの特徴です。
実力があればそれ相応の求人を紹介して頂けますが、どちらかと言うと内定を取らせるのを第一に考えているので、希望と違う求人を紹介される可能性もあります。

実際に私が過去にマイナビエージェントを利用した際に、全く希望しないパチンコ店の求人も勧められました。
自分が思っている求人情報じゃなければ、しっかりと断りましょう。

押しに弱い人だと流されてしまうかもしれないので、この部位分は注意が必要よ!

マイナビエージェントを使いこなす方法

マイナビエージェントには様々な年齢層をダーゲットにした求人があるのですが、その多くが「即戦力を求めている求人」だということを理解しておきましょう。

マイナビジョブ20’sやマイナビエージェントのような紹介会社を通して人を採用すると、企業は人材に支払う給料とは別で、紹介会社にその人材が受け取る理論年収の数十%を支払わなくてはなりません。つまり、企業からすると普通に人を採用するよりも高い買い物になるわけですよね。

マイナビジョブ20’sのように「第二新卒特化型」のようなうたい文句があれば別ですが、マイナビエージェントはその分だけ普通の採用者よりも高い実力を求められる傾向にあるというのを念頭に置きましょう。

私がマイナビエージェントを利用した時は前職が営業であったというのもあり、営業会社を中心に企業を探していました。その時に企業から特に重要視されたのが、将来性や人柄よりも「数値の目標にどれだけコミットしてきたか」でした。

「営業職なので当たり前なのでは」

と思われるかもしれませんが、私は自身でも企業を探して面接に足を運んでいたので、比較ができました。
自分個人で受けた時よりもマイナビエージェントを通して受けた時の方が、明らかに「すぐに成果を出せる人材であるかどうか」を強く確認されたのです。

マイナビエージェントを活用する上では「どれだけ自分を良く魅せるか」で結果が大きく変わってきます。
そこを理解した上でエージェントを活用できると、大変有利だと思います。

よく見かける「マイナビ転職」って何が違うの?

マイナビジョブ20’sやマイナビエージェント以外にも「マイナビ転職」という転職サイトがあります。
2つの転職エージェントと何が違うのか分からない、という声も多く聞きます。

マイナビジョブ20’sやマイナビエージェントは、自分で行う転職活動以外に求人紹介や選考対策なども行ってくれるエージェントサービスを行うのに対し、マイナビ転職は求人を掲載しているだけの「求人サイト」です。

仕事が忙しく、自分のペースで転職活動を行いたい人には「マイナビ転職」をおすすめしますが、転職のプロにしっかりとサポートしてもらえるエージェントの方が転職成功率も高いので失敗は少ないでしょう。

違いを徹底的に比較してみました!


マイナビジョブ20’sとマイナビエージェントの違いはなんとなく理解して頂けたかと思うので、より具体的な違いについて

  • サービスの手厚さ
  • エージェントの対応
  • 自分たちが取るべきアプローチ

の3点に重きを置いて比較し、解説していきますね。

サービスの手厚さの違い

マイナビジョブ20’sとマイナビエージェント、どちらのサービスも手厚いのですが、方向性が違います。

例えば実施されているセミナーの内容の違いについてですが
マイナビジョブ20’sは第二新卒などの転職に不慣れな人間をターゲットにしているので

  • 初めての転職相談会
  • 就業1年未満向けの面接対策セミナー

などの「転職自体に慣れていく」のが目的のような、未経験でも参加しやすいセミナーが中心です。

一方マイナビエージェントは、初歩的な内容のものではなく

  • IT業界ハイクラス転職相談会
  • キャリアアップを目指す方のための転職相談会

といった「転職をきっかけに活躍するステージを引き上げる」のを目的としたセミナーが多いです。

「転職経験はないけどキャリアアップはしてみたい」という方は、ひとまず両方に登録をしてみるのも良いかもしれません。

エージェントの対応の違い

マイナビジョブ20’sのエージェントは「強みを見つけ出す能力が高い」のが長所です。
第二新卒では「前職での経験がマイナスイメージとしてしか残っておらず、長所が分からなくなってしまっている」状態に陥るのを、よく耳にします。

マイナスイメージを抱えたまま面接に臨んでしまうと、面接官は負のオーラを察知してしまうので中々結果に結びつきません。
マイナビジョブ20’sで自分の経歴を全て話し、自分の長所を発掘してもらいましょう。

マイナビジョブ20’sで自分の長所を発掘してもらおう!

一方マイナビエージェントは「すでに存在している強みをさらに強化する」のが長所です。
即戦力として企業に紹介する手前、時間のかけ方が主に「質を高める」ことに使われます。

より有意義な時間にするためにも
「自分の長所をある程度把握している」のが大前提になってくるの★
自分を見つめ直すいい機会ね!

自分たちが取るべきアプローチの違い

マイナビジョブ20’sにおいてはコンサルタントの「弟や妹」のようなポジションを狙うと良いです。

「経験の浅い20代で」「転職に不慣れ」というマイナス面を改善していくのには担当コンサルタントのエネルギーが必要ですが、コンサルタントも人間なので育てたいと思う人間にエネルギーが注がれがちです。

裏を返せば「育てたいと思わせれば良い」訳なので、マイナビジョブ20’sを活用する上では弟や妹のようなポジションを狙いつつ、下記が重要になってくるでしょう。

  • 転職理由を前向きに捉え
  • 返事にはどんなに時間がかかっても24時間以内に返す

一方、マイナビエージェントは「ビジネスパートナー」に近い位置を獲得した方が有利です。
マイナビジョブ20’sが「自分を商品化する」のを目的としているならば、マイナビエージェントは「自分という商品の質を高める」のが重要です。

質を高めるためにはディスカッションが欠かせませんので、立場的には対等に近い方が有利です。

生意気だと思われてしまうといけないので、指摘に対して否定から入らず真摯に受け止める姿勢を持った上で、マイナビエージェントは活用しましょう。

まとめ

結論から言いますと、マイナビジョブ20’sはこれから実力をつけていく転職初心者向けマイナビエージェントはすでに実力のある若者向けという結果になりました。

棲み分けがきっちりとしている分利用しやすいかと思いますが、ここで肝に銘じておいて頂きたいのは「自分の人生を決めるのは自分自身だ」ということです。

転職は情報戦ですので、マイナビジョブ20’sやマイナビエージェントのようなサービスを活用して多くの情報を得る必要がいります。そして情報を得たら、今度は取捨選択していく必要があるのです。

自分で調べたものも一つの情報ですし、マイナビジョブ20’sやマイナビエージェントから得たものも一つの情報です。
ぜひ、あなたに合ったエージェントを選んでくださいね。

最終的には主体性を持って決断するのが重要になってくるの!
それを念頭においてエージェントを活用してみてね★


RECOMMEND

関連記事