最終更新日:

テレビ番組を作るテレビディレクターとは?

テレビ番組を作るテレビディレクターとは?

視聴率を取れる番組作りをするのはとても難しいものです。視聴者が楽しめて、視聴率が上がるような番組を作るのがテレビディレクターという職業ですが、具体的にどのような仕事をしているのか、とても気になりますよね。

そこで、今回はテレビディレクターに注目して、仕事内容や収入に関して解説していきます。テレビディレクターになる方法も合わせて紹介していきますので、興味のある人は参考にしてみてください。

テレビディレクターはどんな職業なのか?

どんな番組でも、魅力的な番組を作るには、大勢の人の協力が必要です。そのトップに立ってみんなを指揮し、番組を作り上げていくテレビディレクターという職業について解説していきます。

テレビディレクターの具体的な仕事内容

新番組の製作が決定した時点から、番組プロジェクトの開始です。どんな番組にしていくのかという会議から始まり、方向性が決まったあとは、台本作成と出演者の決定&オファーを指揮して番組作りの進行を進めていきます。

実際に作業をするのは、それぞれ美術や大道具、小道具、照明、音響、カメラマンなど多くのスタッフですが、イメージ通りに仕上げるために事細かに指示を出していくのがテレビディレクターの仕事です

テレビ業界におけるテレビディレクターの役割

視聴者が楽しんで見られる魅力的な番組を作ることで、口コミなどで評判が上がり、視聴率アップにつながります。視聴率が上がり多くの人が番組を見て人気が出れば、相乗効果でCM効果も上がり、スポンサーである企業に利益が還元されるというわけです。

利益が十分に還元されれば、スポンサーである企業はさらに番組への協力として多くの資金を提供してくれます。それによって、多くの資金でさらに魅力的な番組制作ができるようになり、テレビ業界全体に良い影響が出るようになるでしょう。

このように誰もが楽しめる魅力的な番組を作ることが大切なのですが、それはテレビディレクターの手腕に掛かっています。それには、テレビディレクターの優れたセンスや能力が必須になるということです。

テレビを通して、面白い番組を提供することがテレビディレクターの役割です。

テレビディレクターの業務フロー

  1. 新番組決定
  2. 番組の内容等についての会議
  3. 出演者のオファー
  4. 構成作家との台本作り
  5. 台本を基に番組の収録・編集
  6. 番組放送

新番組がスタートすることが決まったら、まずは番組のイメージや方向性、内容、出演者などを会議で決めていきます。会議のあとは、出演者のオファーをして、出演者の確保を行い、構成作家と相談しながら台本作成です。

台本が完成したあとは、台本を基本として、照明や音響、美術スタッフたちと打合せしながら、番組を作成していきます。そして、出演者と演出などを指示して、番組の収録開始です。収録後は編集を経て番組放送となります。

テレビディレクターになるにはどうすれば良いのか?

テレビ番組を自分の思い通りに作れる、夢のような職業『テレビディレクター』になってみたいという人は多いのではないでしょうか。どうすればテレビディレクターになれるのか、その方法について見ていきましょう。

テレビディレクターに必要な経験

    未経験の場合に有利な経験

  • 広告業界で広告制作の実務経験
  • 番組制作会社にてアルバイトで経験

テレビディレクターになるためには、4年制大学を卒業してからテレビ局へ入社し、アシスタントディレクターで経験を積んでからディレクターとなる方法があります。

あとは、テレビ制作に関連した専門学校を卒業し、番組制作会社へ入社して、アシスタントディレクターからディレクターになる方法です。

異業界からの転職となると、少し難しいですが、広告業界で広告制作に携わった実務経験がある人は、テレビディレクターに転職できる可能性があります。

未経験の場合、まずは番組制作会社にアルバイトとして入り、経験を積んでからアシスタントディレクターを目指すのが良いでしょう。

テレビディレクターに求められるスキルや資格

  • 実務経験
  • やる気・熱意
  • センス・能力
  • 貪欲な意欲

テレビディレクターになるために必要なスキルや資格はありません。何よりも実務経験が大切なのと、やる気や熱意、センスや能力が必要です。おもしろい番組作りに必要となるなら、どんなスキルでも身に付けようという意欲が大事なのではないでしょうか。

テレビディレクターに向いていない人の特徴

  • 好奇心がない人
  • 消極的な人

日頃から常にトレンドを探し、おもしろいことにアンテナを張れる人でないと、魅力的でおもしろい番組は作れません。好奇心が皆無で、消極的な人は向いていない職業です。

個人的に面白いと感じたものや、ニュースで面白いと伝えているものをメモしておくといいかもしれません。

テレビディレクターの気になる収入は?将来性はあるのか?

夢のある職業テレビディレクターは、どのくらいの収入なのかとても気になりますよね。平均的な年収と将来性について見てみましょう。

テレビディレクターの平均年収

全体としての平均年収は355万円と少し低めですが、実際には年代でかなり違いがありますし、フジテレビやテレビ朝日などキー局では1,000万円を超えることもあり、一概に低い収入とは断定できません。

テレビディレクターの収入額はピンからキリまであります。

転職会議「ディレクター・ADの年収まとめ」
参考URL
https://jobtalk.jp/salary_matome/jobs/121

テレビディレクターの将来性について

おもしろい番組を作る能力やセンスというものは、誰にでも身に付けられるものではありません。競争力の激しい業界ではありますが、良い番組を作り続けることで、将来にわたって番組制作に関わっていけるでしょう


RECOMMEND

関連記事