最終更新日:

情報を正確に伝えるテレビアナウンサーの仕事とは?

情報を正確に伝えるテレビアナウンサーの仕事とは?

テレビアナウンサーというと、朝の情報番組やニュース番組でマイクを持って、情報を伝える仕事というのがイメージされますよね。テレビアナウンサーというと、それだけしか仕事をしていないように感じますが、実際はさまざまな仕事をしています。

そこで今回はテレビアナウンサーが実際にどのような仕事をしているのか、どうすればなることができるのかというのをメインに、収入や将来の展望について解説していきます。

テレビアナウンサーは情報を伝達するのが仕事?

テレビアナウンサーと言うと、テレビに出演する人というイメージが強いですが、ほかにもさまざまな仕事をしています。具体的にどのような仕事をしているのかを見ていきましょう。

テレビアナウンサーの仕事内容を解説!

朝やお昼、夕方などの情報番組や音楽番組、ニュース番組、バラエティ番組など、あらゆる番組で活躍しているテレビアナウンサーですが、有名になるとドラマ出演のオファーまであるため、芸能人と同等の活躍をする人もいます。

このほかにも、映画やドラマ、映像作品のナレーションや、イベントでの司会を行うこともあり、人気のある人は非常に多忙なようです。

あとは地方局に勤めるテレビアナウンサーはロケーションに出て、レポーターの仕事をすることもあります。

情報を伝えるのが仕事ですが、人気が出てくれば出演番組の幅が広がります。

テレビ業界におけるテレビアナウンサーの役割

番組に出演するのは、芸能人やタレントだけではなく、テレビアナウンサーも多数出演し、番組に花を添える点では非常に重要なポジションと言えます。

誰よりもしっかりと活舌良く話ができ、情報を正確に伝えることに長けているため、番組で重要な発言を任されたりと、責任感を伴う職業です。

人気のある芸能人のレアな話を聞きだすのも番組をよりおもしろくするために必要なことで、それができるのもテレビアナウンサーならではの仕事と言えるでしょう。

朝の情報番組の顔!テレビアナウンサーの1日を紹介

  1. 起床:2~3時
  2. テレビ局へ出勤
  3. メイク・打ち合わせ
  4. 番組収録
  5. 収録後の反省会
  6. 仮眠・昼食
  7. 次の収録・デスクワーク
  8. 帰宅

番組の収録時間によって変わりますが、今回は朝の情報番組へ出演しているテレビアナウンサーの1日を見てみましょう。起床は2時~3時と朝ではなく深夜に起床です。支度を整えてテレビ局へ出勤し、衣装替えやメイクをしてから、打ち合わせに入ります。そのあと本番を迎え収録開始です。

収録が終わるとすぐに反省会が行われ、仮眠や昼食の時間を取得したあとは、ほかの番組のロケや収録、デスクワークをこなし、夕方以降にようやく帰宅となります。就寝するのは深夜近くとなるときもあるため、睡眠時間が3~4時間となることもよくあるそうです。

朝が早く、夜は遅くなることがあるため、とにかく体調管理に気を付けなければなりません。

花形職業を目指したい!テレビアナウンサーになる方法とは?

人気のある花形職業のテレビアナウンサーになりたい、と考える人は多いのではないでしょうか。そこでテレビアナウンサーになるにはどうすれば良いのかを見てみましょう。

テレビアナウンサーになるために必要な経験

テレビアナウンサーになるには、経験を頼りに転職するケースはほとんどありません。新規卒業生で、大学生時代にアナウンススクールで勉強をしてきた人だけが、テレビ局のアナウンサーとして応募できます

すでにどこかのテレビ局にいて、アナウンス経験を持ったうえで、TBSかテレビ東京に移籍するケースもありますが、ほとんどの場合新卒での応募しか受け付けていません。テレビアナウンサーを目指す場合、大学在学中から準備をする必要があるということです。

テレビアナウンサーに求められるスキルや資格

    持っておくとよいスキルや資格

  • 英語スキル
  • アナウンス検定
  • 漢字検定

スキルについては、話術スキルはアナウンススクールで身に付けるのは当然として、英語スキルは必須ではありませんが、個性や能力向上のために身に付けるのは得策です。あとは資格ですが、特に必須となる資格はありません。

「アナウンス検定」や「漢字検定」など、取得しておくと便利な資格はあります。テレビアナウンサーになってから取得するのは、時間に余裕がないため難しいこともありますので、事前に取っておくのがおすすめです。

テレビアナウンサーに向いていない人の特徴

  • 極端なあがり症の人
  • 緊張し過ぎてしまう人
  • メンタル面が弱すぎる人

人に注目されたり、多くの人前で話すことが多いため、極端なあがり症の人や、緊張し過ぎてしまう人には向いていません。

どんなにつらいことがあっても、笑顔やポーカーフェイスが求められることもあるため、メンタル面が弱すぎる人もやめておいた方が良いでしょう。

テレビアナウンサーの気になる収入や将来性はどうなっているのか?

華やかな業界での仕事、テレビアナウンサーは高い年収なのでしょうか?気になる平均年収と将来性を見てみましょう。

テレビアナウンサーの平均年収

各テレビ局で差はありますが、全体としての平均年収は800万円となっています。フジテレビやTBSなどのキー局と地方局でもかなり差があるようです。あとは年数と人気の度合いによっても違いがあります。

「局」・「経験」・「人気度」で年収に違いが出てきます。

平均年収.JP
参考URL
https://heikinnenshu.jp/creative/anounce.html

テレビアナウンサーの将来性について

実力と人気があれば、年齢が上がっても仕事を続けていけます。タレントとして活躍したり、フリーアナウンサーとなる道もあり、実力さえあれば長く続けていける職業です


RECOMMEND

関連記事