最終更新日:

大ヒット商品を生み出す食品開発の仕事や年収は?

大ヒット商品を生み出す食品開発の仕事や年収は?

自分が開発した商品が、発売した途端人気商品となり、売り切れ続出ということになれば、またそのような仕事に携わる事が出来れば非常にやりがいを感じるでしょう。

国民の食生活を豊かにしてくれる食品開発の仕事とは、具体的にどのような仕事をしているのでしょうか。気になる食品開発の仕事内容と、なるために必要な経験や資格などを解説していきます。

食品開発は魅力的な商品を作るヒットメーカー?

売れる商品を作り出すのは本当に難しいものです。そんな難しい仕事に挑戦している食品開発の仕事は、当然やりがいも夢もある仕事と言えます。食品開発の仕事は具体的にどのような仕事をしているのか見ていきましょう。

食品開発が実際に行う仕事内容

まず最初に行う仕事は商品企画の仕事です。マーケティング部門と連携して、市場調査結果をもとにどのような傾向の商品が良く売れるのか、世間では何が人気の味なのかを研究しながら、どのような商品を開発するのか何度も打ち合わせしていきます。

その後、実際に作る作業となり、テイスティングを重ねながら、何度も作り直していきます。食べる回数はかなりのものになり、相当な試食の量となる場合もあるでしょう。

何度も作り直しを経てようやく完成した商品は、上司の承認を得てマーケティングの仕方や価格、パッケージなどを検討し、完成商品として量産されて店舗へと配送となります。

予め人気の味等を調査した上で食品を作っていきます。

食品業界における食品開発の役割

ただ生きるためだけに食べるわけではなく、食を楽しむためにもおいしくて魅力的な商品を作り出さなければなりません。そのためには食品開発者の努力や技術が鍵となってくるわけです。

大勢の人から愛されるヒット商品を生み出せば、食品会社だけではなく食品業界全体が盛り上がり、相乗効果で人気商品が後を続きます。

ある商品が大人気となった場合に、ほかの食品会社で魅力的な商品が新発売されていれば、そちらも買ってみようかという気になりますよね?このように、どこかの食品会社でヒット商品が出れば、食品業界全体の利益の底上げになるということです。

食品開発の1日を覗いてみよう!

  1. 連絡確認・データ確認
  2. 試作品作成・試食会
  3. 顧客先訪問・打ち合わせ
  4. 新商品企画会議
  5. 試作品の作成・試食
  6. 試作品のデータ確認

出勤後はメール連絡確認や前日に残した、もしくは研究途中のデータ確認作業などをこなしていきます。そのあとは試作品を作り、チーム全体で試食会です。顧客先を訪問し、担当者と打合せや現場訪問回りなどをします。

昼食をはさみ、新商品の企画会議を行います。会議で打ち合わせをした内容をもとに、試作品を作りつつ試食会の繰り返しです。夕方には工場で量産している自分で開発をした商品の作成過程動向を確認します。

最後に試作品の実験データ確認を行って、長時間の分析データ結果が必要なものは装置に設定してから帰宅です。

食品開発の仕事をするためにはどうすれば良いのか?

ある意味特殊とも言える食品開発の仕事ですが、どうすればなれるのか気になりますよね。食品開発になるために必要な経験や資格はあるのか解説していきます。

食品開発者を目指すために必要な経験

  • 商品開発の実務経験
  • 調理師や栄養士としての調理経験
  • メニュー考案経験

商品開発をした実務経験がある人は当然面接時に有利となりますが、未経験でも社内研修が充実している企業も多いため、最初から諦める必要はありません。新卒や年齢が若いうちの転職なら、十分にチャンスはあります。

クリエイティブ関連の仕事がしたい人や、食に関する興味が強い人で、やってみたいという強い気持ちがあるなら、応募してみるのがおすすめです。

あとは調理師や栄養士として、どこかの飲食店で実際に調理をした実務経験やメニューを考えたことがある人は、面接時に有利になります。

食品開発になるための必要なスキルや経験

    取得したら有利な資格

  • バイオ技術者
  • 食品衛生管理者
  • 管理栄養士

必須となるスキルはありませんが、取得しておいた方が良い資格はあります。「バイオ技術者」や「食品衛生管理者」、「管理栄養士」などの資格です。いずれも必須ではありませんが、取得しておいた方が面接時に有利となります。

食の安全性が大切なため、毒劇物や危険物取り扱いの知識は持っておいた方が良いと考えている企業が多いためです。入社してから取得する方法もありますが、転職の場合は、可能ならば取得しておいた方が良いでしょう。

バイオ技術者認定試験 認定試験案内
参考URL
http://www.bio-edu.or.jp/qualification

食品衛生管理者 受験案内
参考URL
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000049348.html

管理栄養士 試験案内
参考URL
http://www.tokyo-ac.jp/qualification/outline/management/

食品開発者に向いていない人の特徴

  • 食べることが好きではない人
  • 協調性が著しく低いマイペースタイプな人

試食を何度も繰り返すため、食べること自体が面倒、もしくは好きではない人には向いていません。あとはチームで仕事をするため、協調性が著しく低いマイペースタイプな人も向いていない仕事です。

食品開発の職業は高給与?気になる将来性は?

特殊な技術を要する仕事なので、高い給与なのではないかと期待する人も多いのではないでしょうか。気になる平均年収と将来性について見てみましょう。

食品開発者の平均年収

食品業界での商品開発における平均的な年収は420万円です。20代では若干下がり、340万円となっています。化粧品業界などと比べると、若干低い給与設定です。

食品開発 平均年収
参考URL
https://rdsupport-haken.jp/column/000098.html

食品開発の将来性について

食品業界自体は、今後も新商品が発売され続けていくはずなので、将来的にも安定した職業と言えます。開発する技術はなくならないため、長い目で見て安泰と言えるでしょう。


RECOMMEND

関連記事