最終更新日:

レバテックキャリアの面接対策とは?レバテック本社に聞いた真相は?

レバテックキャリアの面接対策とは?レバテック本社に聞いた真相は?

レバテックキャリアを利用したいけど「面接の練習はしっかりできる?」「どんな対策してくれるの?」とあまり慣れない面接に不安を感じるのは自然でしょう。

レバテックキャリアはオリジナル資料や模擬面接といった企業別の面接対策をするので内定率が高いです。

あまりネット上も情報は少ないので、今回は実際にレバテックに聞いた本当の面接対策の内容についてご紹介します。

レバテックキャリアの面接対策の特徴


「他社の面接対策となにが違うの?」と気になりますよね。

気になるのはレバテックキャリアならではについて。

その特徴はどんなものがあるのでしょうか。

レバテックキャリアの面接対策の種類は?

まずはさらっと面接対策の種類だけお教えしておきます。

  1. 面接対策資料
  2. 模擬面接

ここまでは一見普通の面接の対策ですよね。
それでは他の転職エージェントとはどのように違うのでしょうか。

企業別の面接対策ができる

レバテックキャリアの面接対策は受ける企業に合わせた対策ができます。

それぞれの企業に合わせた面接の受答えをレクチャーしてもらったり模擬面接をしてもらえます。

「ここの企業は○○の技術を特に求めているから、こっちの部分をより強調したほうが良い」等、企業が本当に求めている人物に合わせた対策なのです。

質問に対しての答えを毎回同じにして返すより、その企業にあった返答の仕方を教えてもらうことで、企業に刺さりやすく伝わりやすい面接になり内定を獲得しやすくなります

誰でも受けられるの?

レバテックキャリアの紹介求人で書類選考に通過した人ならば誰でも受けられるようです。
電話やメールで「面接対策をしてほしいです」と希望の旨を伝えましょう。

求人に応募せずに対策だけしてもらうことは出来ないみたいです。

面接の資料がもらえ、模擬面接もしてくれる
・受ける企業に合わせた面接対策ができる
・レバテックキャリアを利用して面接試験を控えている人なら誰でも受けられる

レバテックキャリアの面接対策①:対策資料

レバテックキャリア公式HPには面接対策の1つとして「レバテック独自のオリジナル資料や情報を用意しています」と書かれています。

実際、それは初めの面談時に渡され、資料に書かれている内容は、ポートフォリオや成果物の作り方だそうです。

過去の質問例お見送り理由などは機密情報の為、アドバイザーに直接聞く形(電話orメールor対面)となっているとのことです。
(レバテックキャリアに確認しました。)

アドバイザーに聞くべき面接に関するの情報は次の通りです。

  1. 各企業が採用で重視するポイント
  2. 過去の面接での質問例
  3. 過去に受けた人の不採用理由

この3つについて説明します。

①各企業が採用で重視するポイント

あなたの強みの中でより企業に刺さるアピールポイントをアドバイザーは知っています。
企業がどのようなスキルが求めているかを知っているので、企業ごとに採用で重視するポイントを教えてくれます。

②過去の面接での質問例

過去にその企業を受けた人がどんな面接でどんな質問をされたのかを知っています。

その質問例を参考にどう応えるかを事前に考えて面接に挑むことができます。

③不採用理由

過去にその企業を受けた人が不採用になった理由も聞けます。

担当のキャリアアドバイザーはその求職者が不採用の理由を採用担当者にヒアリングし、それを本人にフィードバックします。
その情報を面接対策用として蓄積しているのです。

・もらえる資料はポートフォリオの作り方
・過去の面接での実際の質問例等は、アドバイザーにこちらから聞く
聞くべき内容
  面接を受ける企業が採用で重視するポイント
  過去に同じ企業の面接を受けた人の質問例
  過去に同じ企業の面接を受けた人の不採用理由 

レバテックキャリアの面接対策②:模擬面接

この模擬面接は事前に「実際の面接のような形で練習したい」と担当のアドバイザーに申し出た人だけ受けられます。
「面接対策をしてほしい」だけでは電話での対策になり、過去の質問例など、先ほどと同じ内容になってしまいます。

電話ではなく対面で、実際の面接のような形で練習したい
これを必ずアドバイザーに伝えることが大切です。

「ちょっと言いにくいし面倒くさがれるかも」と心配する必要はないです。
アドバイザーには転職意欲が高いことが伝わるので、積極的な求職者ほど転職してくれる確率が高く、転職を成功させればアドバイザー自身の成績もあがるので手厚くサポートしてくれます。

それでは模擬面接の詳しい内容を説明していきます。

所要時間

模擬面接の所要時間は30分~60分です。

面接の受け答えは求職者によって違うので多少時間のバラつきはあるようです。
気になる点やわからない事を質問すれば長引くでしょう。

ただ模擬面接は貴重な時間なので、気になることはたとえ細かなことでも聞いておきましょう。
面接時の服装や髪型など身だしなみをチェックしてもらうでもかまいません。

模擬面接できる場所

模擬面接はレバテックキャリアのオフィスで行われます。

東京・神奈川・大阪・福岡のどこかになります。
希望の地域を担当のアドバイザーに申し出ると良いでしょう。

もし場所が遠く、わざわざ高い交通費をかけて行くのは煩わしいという人は電話での面接対策も可能です。

ただよく聞かれる質問を教えてもらい、それに対しての受け答えを添削してもらうといった内容になるので、できる限り対面の面接対策をおすすめします。

担当者

模擬面接をしてくれるのは担当アドバイザーだけではありません。

通常、模擬面接は担当のアドバイザーに行ってもらう転職エージェントが多いですが、レバテックキャリアでは、受ける企業の法人担当に模擬面接をしてもらうことができます。

わかりやすく説明すると、、、

※1

レバテックキャリアには
・求職者を担当するCA(キャリアアドバイザー)
・企業を担当するRA(リクルーティングアドバイザー)

が存在するのです。

このリクルーティングアドバイザーのことを法人担当とも言います。

転職エージェントでアドバイスなど求職者をサポートするのはキャリアアドバイザー(CA)です。
それとはもう一方で企業をサポートするリクルーティングアドバイザー(RA)がいます。

通常の転職エージェントではこの求職者担当のキャリアアドバイザーが面接対策をしてくれますが、レバテックキャリアでは希望すれば、現場情報に詳しい法人担当のリクルーティングアドバイザーにしてもらえます。

レバテックキャリアではRAが年に累計3000回以上、各企業に訪問し社風、職場の雰囲気、求めるスキル・人材像などを調査しています。
その企業に足を運んでいるレバテックキャリアのRAに模擬面接をしてもらえるのです。

つまり、その企業の内情に詳しく採用担当者とも密に関わっている為、面接でどのような受け答えをすれば強く刺さるのかをよく知っています。

だからレバテックキャリアは高い内定率を誇っているのです。

模擬面接内容

内容としては一般的な面接対策で行われる模擬面接とあまり変わりはありません。
面接でのマナー・言葉遣い・表情・より良い質問の答え方など細かくフィードバックしてくれます。

実際に自分では気付きにくい良い点や悪い点を教えてもらい、それを面接で活かすのはとても大事なことです。
そのフィードバックを元に直すべきところはしっかり対策してから本番に挑みましょう。

通常は電話での面接対策(過去の質問例や不採用理由)になる
・対面での面接対策(模擬面接)は申告制
・担当者は担当アドバイザーor受ける企業に詳しい法人担当

レバテックキャリアの面接対策を受ける良い・悪い点は?


レバテックキャリアの面接対策を受けることのメリットは何なんでしょうか。
また面接対策を受けることで逆にデメリットはあるのでしょうか。

内定率が上がる

やはり面接対策をそれなりにしてきた人としていない人では内定にも差がでます

ぶっつけ本番で面接に挑む人は少ないかもしれませんが、面接対策をしている人は考えがまとまっているので質問に対して言いたいことが明確になり伝わりやすくなります。

無料で受けられる

なによりも、この面接対策は当然ですがお金がかかりません
無料なので時間に余裕が少しでもあるなら面接対策を受けることをおすすめします。

丸暗記して棒読みになる

面接対策として「この質問がきたらこう答えよう」と考える人は多いです。
ただし丸暗記をしてはいけません。

丸暗記の何がいけないの?と思う方もいるかもしれませんが、採用担当者は丸暗記を簡単に見抜きます。
数多くの面接をこなしてきた面接官だからこそ、彼らには不自然に映るのでしょう。

言葉を覚えるのではなく、答える内容を決め自分の言葉で伝えると、採用担当者の心には響きます。
丸暗記という間違った面接対策には注意が必要です。

メリット
内定率が上がる
無料で受けられる
デメリット
丸暗記すると不自然な受け答えになる

レバテックキャリアの面接対策の口コミ


実際にレバテックキャリアの面接対策を利用した人の評価はどうでしょうか。見ていきましょう。

過去の面接状況は聞いて損なし

書類選考が通り面接を1週間前に控えてました。自分は面接は昔から自信がなく緊張してしまうと話す内容が全部飛んでしまうタイプでした。担当のアドバイザーに面接対策してほしい旨を伝えたところ過去に同じ企業の面接を受けた時の情報を事細かに「ここまで教えてくれるのか」と思うくらい教えてくれました。「ここ面接官は礼儀に厳しいので挨拶部分は大げさなくらいのほうが印象も良いです」と。面接官の印象を事前に知れたからか、いつもより緊張はほぐれ100%自分を出し切ることができ無事内定をいただくことができました。緊張する人は特に面接の様子を細かく聞いた方がいいと思います。

(東京都在住・20代前半・男性・年収350万円台)

全然面接対策してもらえなかった

面接対策が充実していると公式HPにも書いてあったのでそれに期待して登録したのに、選考に進む中で模擬面接はしてもらえなかったし提案もなかった。書類は添削してもらえたからそんなに落ちることはなかったけど、おかげで面接はズタボロ。こっちから聞かないとしてくれないのかしら。

(福岡県在住・20代前半・女性・年収250万円台)

模擬面接のフィードバックが効いた

他の転職エージェントを受けたことがあるがレバテックキャリアは面接対策が充実している印象。模擬面接は担当アドバイザーではなくレバテックキャリアの法人担当(企業に営業する人?)の人がしてくれた。私が受ける企業によく訪問しているみたいで、現場の状況もよく聞けた。模擬面接はこちらから要望しないとしてもらえないみたいでそこがちょっと不親切だとは思った。ただ対応や内容は充実したものでしっかりと自分の表情や言葉遣いの悪い癖から質問の答え方まで丁寧にフィードバックしてくれた。アドバイス通りにしたら内定はもらえた。実際に就職してみてアドバイザーや法人担当が言っていた内情は間違っていなかったので信用はできると思う。

(東京都在住・30代前半・男性・年収450万円台)

前職で働きながらだったので電話での面接対策は便利だった

前職はとても忙しく休日出勤も多かったためなかなか面接対策に時間は取りづらかったのですが、電話で「過去にこんな不採用理由がありました」「以前受けた人はこんな質問をされていました」など前に同じ会社を受けた人の情報を聞けたのがとても役立ちました。よくある質問例も教えてもらい短い時間でとても効率的な対策ができたのが自分的には良かったかなと思います。

(大阪在住・20代後半・男性・年収350万円台)

内定率は確かに高いと思う

ネットで見た情報では他の転職エージェントの内定率は15~20%前後のところレバテックキャリアは約30%あると書いてありそれ目当てで登録しました。担当のアドバイザーの方にこの内定率の真偽を確認したところ、「社内調査ででた数字で間違いありません」とのことでした。実際に書類添削から面接対策までしてもらい、6社中4社に内定をもらいました。書類選考で2社落ちましたが、残り面接まで進んだ4社は内定をとれました。過去の事例をもとにした面接対策は、どう答えれば印象が良くなるか正解がわかっているようなものなので、利用した甲斐はありました。

(大阪在住・20代後半・男性・年収330万円台)

レバテックキャリアに確認した内容通り、実際に利用した人の中でアドバイザーに模擬面接を提案されず受けられなかった人がいるようです。
そこは確かに不親切ではあります。
これを踏まえると「対面で模擬面接をしてほしい」と要望することが大切です。

レバテックキャリアの面接対策はこちらからアクションをとることが充実したサポートに繋がります。

評価されているポイントは

・法人担当から面接官の情報などとても細かい面接情報が聞けた

・入社前に聞いていた企業の内情と入社後の現実が一致していた

・模擬面接では表情や言葉遣いなどフィードバックが豊富

これはレバテックキャリアの強みであり、面接対策はとても充実しているものと言えます。

レバテックキャリアは内定率を高める!

レバテックキャリアには面接オリジナル資料模擬面接があることがわかりました。

一番の強みはなんといっても、
受ける企業別に対策ができること。

最大手では手が回らない細かなサポート「求職者第一の面接対策」がレバテックキャリアでは可能です。

面接対策を受けることで内定率はぐんっと上がります。

充実したサポートを受けて失敗のない転職活動を実現しましょう!

※1 出典:レバテックキャリア/サービス紹介


RECOMMEND

関連記事