最終更新日:

20代の失敗しない転職!失敗パターン5選とその対処法

20代の失敗しない転職!失敗パターン5選とその対処法

「初めての転職で失敗しないか心配」
「長く勤め続けられる会社に転職したい」

20代で転職を検討している方の中で、失敗したくないと考える方は多いでしょう。ですが、転職活動で失敗するパターンは決まっており、その対策をしっかり準備をすれば失敗することはありません。そこで、よくある失敗パターンとその対処法をご紹介しましょう!

  • 直近の転職活動を「失敗」だと思っている人は5.6%で、失敗したと感じる可能性はとても低い
  • 転職はあいまいな理由で行わず、明確な目標・理由をもっておく
  • 転職方法や選択肢は適度な数を持ちながら行う

20代の転職は成功しやすい

20代での転職はタイミングとしてベストだと言えます。企業は若手の採用にとても積極的ですので、あなたの選択肢も豊富にあります。また、未経験職種へのチャレンジなど、20代だからこそできる転職もあります。

人材大手会社、マイナビの20代向けアンケートによると、「もっとも直近で行なった転職は成功でしたか?失敗でしたか?」という質問に対し、成功と答えた人は66.2%、失敗と答えた人は5.6%でした。

成功 66.2%
失敗 5.6%
どちらともいえない 28.2%

参照:https://news.mynavi.jp/article/tenshoku_age-1/

また、失敗と感じた原因は転職先の職場環境や人間関係、給与など多様だという結果でした。結果からは、大多数の人が転職は成功だったと実感しており、失敗だと感じている人はとても少ないということがわかります。

しかし、それでも今の環境を変えることや失敗することへは不安を感じますよね。1回目、2回目の転職活動であれば、なおさら不安は大きいでしょう。過度に失敗を恐れる必要はありませんが、失敗しないコツを把握しておくことは大切です。そこでまずは転職に失敗するパターンについてご紹介していきましょう!

20代の転職で失敗するパターン5選

転職後に「失敗したなあ」と感じた人の共通している転職活動時の間違った行動や考え、5つのパターンをご紹介していきます。これらのパターンに気をつけて転職活動を行えば、失敗する確率はとても低くなりますので、是非頭に入れて実践してくださいね。

失敗パターン1:転職理由があいまい/目標がない

失敗するパターンで最も多いのがこのパターンです。このパターンは今の環境が自分にとって良くなく、「なんとなく」転職活動をするというパターンです。なぜ転職するのか、自分でも明確にわからない状態で転職してしまうと、転職先でも不満を抱き、失敗したと感じてしまいます。

日常でも後悔した出来事を振り返ると、なんとなく行動したことが原因であるということが多くありませんか?「今の環境から何が変われば自分にとってプラスなのか」ということをしっかり考え、転職活動に臨むようにしましょう。20代で勢いがある時期だからこそ、一度立ち止まって自己分析を行うことがオススメです。

失敗パターン2:「これだけは譲れない」という条件がない

転職先に求める条件は言い出したらキリがありません。ですので、自分の条件と求人の条件を照らし合わせ、妥協点を見つけることが大切になります。その際に、転職活動において「これだけは譲れない」という条件がないと何を軸に転職先を決めればいいかがあいまいになります。そして、周りの意見などに左右され、自身にとっていい選択をできなくなるということが多々あります。

転職活動はよく恋愛に例えられますが、あなたが彼氏や彼女に求めるものは何がありますか?妥協できる点はいろいろありますが、これだけは譲れないという点もきっとあるはずです。恋愛となると身近に感じますが、転職となると重たい決断のように感じますよね。ですが、その条件の決め方は非常に似ています。ですので、あなたが譲れない条件は給与なのか、休日なのか、仕事内容なのか明確にし、その条件をクリアしない求人の選考には進まないという意思で決めましょう。

失敗パターン3:選択肢が少ない/多すぎる

転職活動において「心の奥底から行きたい」と思える企業に出会うのは至難のわざです。就職活動を経験された方であれば分かるかと思いますが、多くの企業、採用担当や代表と出会うことは大切です。比較材料がない中で1社に決めるのは難しいですし、失敗につながりやすいので、選択肢は多く持っておくべきでしょう。しかし、選択肢が多すぎるのも失敗につながりやすいです。

とあるアメリカのスーパー2店舗で心理学の実験が行われました。その内容とは25種類のジャムを置いているスーパーか、3種類のジャムを置いているスーパーか、どちらのスーパーの売上が良かったかというものです。結果は3種類のみを置いているスーパーでした。それはなぜか?人間は多すぎる選択肢から選ぼうとすると、思考停止して選択できなくなるからだということでした。

心理学的には転職活動においても同様のことが言え、自分が把握できる範囲で選択肢を持っていることが大切だということです。その数は3社から多くても7社です。応募する企業は3社から7社に絞り、その中で自分の重視している条件と一致している順に希望企業を並べ、選考・面接に挑みましょう。

まずは、応募する企業は3社から7社に絞って考える

失敗パターン4:転職活動の方法が1つだけ

転職活動を考えている、実際に行っている中でどのような方法で求人応募を行っていますか?大半の人はまず、転職求人サイトを利用して求人を閲覧し、応募を行なっているでしょう。ですが、方法を一つだけに絞ることはオススメしません。

転職求人サイトのみで転職活動を行うと、求人だけでのみ判断することになり、的確なアドバイスを受けられず、自分の判断で選択しなければならなくなります。これはよく見る失敗するパターンですが、1回目、2回目の転職で自分だけで判断するというのは少しハードルが高いですし、転職後に「こんなはずじゃなかった」と思う人がとってしまった方法です。

転職エージェントも利用する

そのため、転職エージェントやハローワークなども利用しながら転職活動を行いましょう。特に転職エージェントはキャリアカウンセリングや書類作成まで手厚くサポートしてくれますので、是非利用してください。

ですが、反対に転職エージェントのみを利用することもオススメはしません。転職エージェントも利益を求めますので、あなたが有益である情報だけを与えてくれるわけではありません。ここで内情までお伝えすると長々となりますので省略しますが、転職求人サイトや転職エージェントなど複数利用し、転職活動を行いましょう。

転職サイト・転職エージェント・ハローワークなど複数利用して転職活動を行う

失敗パターン5:情報不足

最後の失敗パターンは情報不足です。失敗する人の3つの特徴として「慢心」、「思い込み」、そして「情報不足」があると林修先生がご自身の著書で紹介しています。中でも転職活動において、情報不足は失敗する最大の原因になります。「慢心」、「思い込み」は気持ちの持ち方次第で変えることができますが、情報については自分から行動して獲得しなければなりません。

よくあるパターンが現職(前職)の環境が自分にとってよくなく、「転職すれば解消される」と思い込み、情報を獲得しようとしないということです。「隣の芝は青い」という言葉がありますが、選考企業の的確な情報をしっかり掴みましょう。ネットが発達し、情報は得やすくなりましたが、ネットだけに頼りすぎることなく、幅広いメディアから情報を得るように心がけましょう。

様々な方法で情報を集める

その情報収集の方法は、例えば「四季報」です。四季報は雑誌でもありますし、ネット版もあります。四季報はその企業や業界について正確な情報を掲載している信頼ある媒体です。企業に関する口コミサイトが流行っており、それを見る価値は大いにありますが、それだけに頼らないことがオススメです。

その企業の業界はどのような状況にあるのか、その企業の業績はどうなのかなども併せて見ておきます。これは簡単に想像できると思いますが、業績状況が悪化している企業の大半は職場環境も悪化します。ですので、事前準備として信ぴょう性のある情報を得ながら、的確な判断をしましょう。

「四季報」「口コミサイト」「転職エージェント」など情報は多角的に仕入れる

失敗しないために!20代におすすめの転職エージェント

マイナビエージェント


マイナビエージェント

「マイナビエージェント」は株式会社マイナビが運営する総合型の転職エージェントです。ITとメーカーに強みを持っているのですが、総合型ですので転職希望先が漠然としている転職者におすすめです。

職種別でいうと、IT系・機械や電気系・営業が多い傾向があります。大手ですのでそもそもの求人数が多いのも魅力です。

20代後半~40代メインでITとメーカーへのキャリアアップ転職を考えている転職者との相性が良い

>>マイナビエージェント詳細はコチラ

マイナビジョブズ20‘s


マイナビジョブ20's

「マイナビジョブズ20‘s」は株式会社マイナビが運営する20代専門の転職エージェントです。20代・第二新卒・既卒向けですので、スキルなしでも受け入れ体制は整っています。全求人が20代対象というのがおすすめポイントで、特に20代の第二新卒の転職に強みを持っています。

20代・第二新卒に特化
未経験職種への初めての転職を考えている転職者向け

>>マイナビジョブ20’s詳細はコチラ

doda


doda

求人数10万件以上!非公開求人80%超!!
履歴書添削や面接対策など丁寧なサポートが人気で、転職後のアフターフォローも手厚い。
女性の求職者にも高評価です。

サポートが手厚いため、転職が初めての方にもおすすめ

>>doda詳細はコチラ

まとめ

失敗するパターンを5つご紹介しましたが、この5つに気をつけ転職活動を行えば、必ず納得のいく転職活動になります。そして転職活動で大切なことは、失敗を恐れずチャレンジすることです。この5つのパターンを抑えた後は、前向きな気持ちで転職活動に臨んでください。

「失敗しないように」と考えて行動するよりも「成功したい」と考えて行動した方が良い結果に繋がるというのはキャリア心理学でも証明されています。ですので、気持ちをフレッシュに、前向きに転職活動を行なってくださいね!


RECOMMEND

関連記事