最終更新日:

女性の転職なら求人数が多い20代がチャンス!成功するコツを紹介

女性の転職なら求人数が多い20代がチャンス!成功するコツを紹介

「結婚を機に女性の先輩がどんどん退職していくけど、私も辞めることになるのかな」
「このままこんなに残業する毎日を続けても良いのかな」

20代女性の中には今の働き方に悩みや不安を持っている人がいるでしょう。20代女性の転職に関しては以下のことが分かっています。

  • 20代前半女性はポテンシャルが重要視される
  • 20代後半女性は経験が重要視される
  • 26~28歳の女性を歓迎している求人が多くある

この記事では『20代女性が転職に成功するコツ』について解説します。

20代女性の転職に関するポイント

まずは、20代女性の転職に関する傾向を知っておきましょう。人生プランを立てる上でとても大切なことです。

20代前半女性はポテンシャルが大事

23~26歳であれば未経験業界・職種の転職がしやすい傾向にあります。

「他の職種にチャレンジしたい」「キャリアチェンジして希望や条件を叶えたい」と思ったら、20代前半での転職を検討しましょう。

20代後半女性は経験が大事

26歳以降になると、専門的な経験やスキルが求められることが多くなります。もちろん未経験でもOKの求人もありますが、会社としては一から人材を育てるなら20代前半を選ぶ傾向があります。

とはいえ、20代後半でも転職できないわけではありません。営業だと月にいくら売り上げたのか、事務職だとどんな資格を持っているか、アピールできると良いでしょう。

26~28歳の女性を歓迎する求人が多い

女性の転職市場では26~28歳が注目を集めています。大卒者であれば社会人経験が5年ほど経っているので、社会人基礎スキルが身に付いているのではないでしょうか。

即戦力として期待できるので、教育する余裕のない会社が積極的に採用しています。中には管理職候補として採用活動をしている会社があります。

26歳以降は経験を重要視されますが、求人数が多いのでキャリアアップの良い機会だといえます。

20代女性のキャリアの築き方

まだまだ男性が中心の職場も多いでしょう。「人生100年時代」や「老後2000万円問題」という言葉が飛び交い、希望と不安が入り混じっている人もいるのではないでしょうか。

「年金に頼れないので老後の貯金は自分で蓄えないといけないかも?」と思っている人も少なくないはずです。結婚しても、出産しても、生涯独身であっても、キャリアの築き方は考えないといけません。

20代だと将来を描きにくいかもしれませんが、30歳までを目途にキャリアプランを立ててみましょう。

30歳までにどう生きるか見つける

20代であれば、30歳までにどう生きるか見つけることをおすすめします。

  • どんなスキルや資格を持つか
  • 持っているスキルや資格をどう活かすか
  • どのくらい働くか、どのように働くか
  • どのように生きたいか(結婚したいか、子どもが欲しいか)

女性は出産や育児のタイミングで一定期間働きにくくなります。家族の協力を得て、早くに復職する女性もいますが、スキルや資格があってこそできることです。持っているスキルや資格を活かして、どう会社に貢献するかが重要なポイントだといえます。

しかし、生涯独身でいる選択肢もあるわけなので、どのように生きたいか模索していくことが大切です。人生にはこれという正解がないので、自分で正解を見つけていくことになります。

男女でキャリアの形成に違いがあることを理解する

承知の事実かもしれませんが、男女でキャリアの形成に違いがあるので、そのことを考慮した計画を立てることをおすすめします。

一番の違いが出産です。さらにいうと、育児休業制度や短時間正社員制度を利用する男性社員もいますが、まだまだ浸透していないのが現実です。

平成29年度における育児休業取得率は女性が83.2%、男性が5.14%と非常に大きな差があります。育児休業制度が設けられていても利用されていない実態があるわけです。

育児休業者割合※1
女性 男性
83.2 5.14

また、短時間正社員制度利用者が男女ともある会社の割合は4.1%です。女性のみ利用者ありが28.9%、男性のみ利用者ありが7.2%ですので、こちらも男女によって差があることが分かります。

短時間正社員制度利用者の有無別事業所割合(複数回答)※2
女性のみ利用者あり 男性のみ利用者あり
平成27年度 31.2 7.9
平成28年度 27.2 3.5
平成29年度 28.9 7.2

※1,※2
「平成29年度雇用均等基本調査」の結果概要‐厚生労働省

他にも、介護の負担が男女によって違いがあるともいわれます。50歳のころに両親が80歳ほどの年齢になるケースが少なくありません。キャリアとの兼ね合いを考慮しなければいけないでしょう。

自分の「軸」を作る

キャリアを築くときはどう将来を描きたいかという課題と向き合うことが大切です。他人と比べることなく、自分の歩みたい指針を見つけましょう。

途中で変化しても良いので、なるべく20代のうちにしっかりした人生観や軸を築くことをおすすめします。

ライフスタイルが変化しても女性が働きやすい環境とは

女性は結婚・出産・育児・介護などのタイミングでライフスタイルに変化が生じることが多いです。
正社員・派遣社員・アルバイト・パート・日雇いなど働き方はさまざまあるので、そのときに合った仕事との向き合い方を選択すると良いでしょう。

とはいえ、給料や安定性のことを考えると正社員を希望する女性も少なくありません。一度、働いていない期間があると再就職するのに苦戦する可能性があります。

新卒入社や転職する前には女性が働き続けやすい会社なのか判断する必要があります。

産休・育休・時短勤務などの制度が利用されている

産休・育休・時短勤務などの利用率を把握しましょう。制度が設けられているかではなく、しっかり利用されているかチェックするのです。

会社に質問すれば教えてくれるはずです。採用選考中だと質問しにくければ内定が出た後に具体的数値を聞くと良いでしょう。

産休・育休・時短勤務などの制度はあってもこれまで取得した人はいないケースもあるので、よく確認してください。

女性が活躍している

会社にどのような女性が働いているかチェックしましょう。下記のポイントで女性の働きやすさを想像してみます。

  1. 社内の男女比はどんな具合か
  2. 女性の勤続年数はどのくらいか
  3. 女性管理職の割合はいくらか

女性の平均年齢がやたら低ければ、結婚や出産のタイミングで退職している人が多いのではないかと予想できます。

自分の上司になる人が既婚者子持ちの女性であれば、出産・育児への理解があるかもしれません。入社後に良好な関係を築けるかという視点を持ちましょう。

転職を成功させるコツ

「今の会社だと長く働き続けるのは難しそう」と思ったら、20代のうちに転職を検討してみるのはいかがでしょうか。転職に成功する3つのコツを紹介します。

人に話を聞いて働くイメージを具体的に持つ

転職に成功するかどうかは転職準備をきちんとできたかによって変わってきます。

会社のホームページを見ると給料や福利厚生などをチェックすることができますが、実際に働いている人やキャリアコンサルタントなどの話を聞いて働くイメージを具体的に持つのが大切です。

例えば、アパレルだったら実際に何店舗か訪れてみることをおすすめします。さらに、正社員になる前にアルバイトとして働ける機会があるなら試してみると良いでしょう。

ネットだけでは分からない情報を得ましょう。

↓↓失敗しないための知識を事前にいれておきましょう↓↓

自己分析・他己分析をする

自分はどんな特性があるのか、どんな強みがあるのか、評価して仕事に活かすことを考えましょう。さほど努力しなくても人より優れている長所を伸ばすと、強みになります。

さまざまな働き方がありますが、強みを活かして働くのがベストではないでしょうか。評価が上がると給料がアップしたり昇進できたりとメリットがあります。

自分一人では見つけにくい短所や長所があるので、家族や友人に手伝ってもらい、自分と向き合いましょう。

相性の良い転職エージェントを利用する

転職を考えるなら、相性の良い転職エージェントを利用することをおすすめします。20代女性にぴったりの転職エージェントを紹介します。

◎パソナキャリア


パソナキャリア

パソナキャリアは、転職者の年収アップ率が67.1%で転職支援実績が25万人以上の大手転職エージェントです。

2019年、オリコン顧客満足度調査において転職エージェント第1位を獲得しています。総合型ですので、どの業界を選ぶべきか決めかねている人はキャリアコンサルタントに相談してみると良いでしょう。

口コミでは、誰に対しても履歴書・職務経歴書の添削や面接対策が丁寧で、電話やメールのレスポンスが早いと好評です。

リクルートやマイナビが運営する転職エージェントほど求人件数が多くないのがデメリットですが、女性の気持ちを理解した上で転職支援をしてくれるとの声が多く聞かれます。

◎マイナビジョブ20‘s


マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20‘sは、20代・第二新卒・既卒向けの転職エージェントです。未経験OKの求人も多数そろっているのでキャリアチェンジしやすい環境が整っています。

「自分は何をしたいか分からない」「漠然と今の職場で働き続けることに不安がある」という相談や要望にも答えてくれるでしょう。

首都圏以外の求人も扱っているので、関西で就職したいという希望を叶えられたという声があります。

まとめ

20代は自分の生き方を定めていく一つの起点になります。

20代前半だと「ポテンシャル」が重要視され、20代後半だと「経験」が重要視されるでしょう。26~28歳の女性を歓迎している求人が多くあるので、転職しやすいタイミングだといえます。

自分のキャリアに迷ったら、ライフスタイルが変化しても働きやすい環境を選んでみてはいかがでしょうか。

将来、結婚や出産をするのか、独身なのか、判断がつかないときは柔軟に対応できるように準備しておくと良いでしょう。


RECOMMEND

関連記事