最終更新日:

【男性版】キャリアアップに成功したいなら20代のうちに転職!

【男性版】キャリアアップに成功したいなら20代のうちに転職!

「先輩は転職して給与が上がったらしい」
「正直就活に失敗したから、今の会社に満足していない」

20代の男性会社員の中には、給料や仕事内容に対して不満を持っている人も少なくありません。

20代男性の転職に関しては以下のことが分かっています。

  • 転職失敗には原因がある
  • 20代後半から30代前半までの働き方が生涯年収を決めるポイント
  • 20代男性が転職成功する3つのコツがある

20代男性が今より良い会社に転職する方法について解説します。

20代男性の転職でよくある失敗事例

20代男性にありがちな転職失敗事例を紹介します。あらかじめよくある失敗事例を知っておくことで、そうならないように意識することができます。

業務内容とのミスマッチが生じている

「思っていたのと違った…」とミスマッチに悩む人は少なくありません。想像と相違があるのは、業務内容や社風、残業時間などさまざま考えられます。

残業時間は月に20時間ほどだとしても、自分のしたいことと一致しない業務内容だったら毎日が苦痛になってくるでしょう。1日8時間ほどの時間をどう過ごすかは重要なポイントです。

また、社風のミスマッチに苦しむことがあります。中には、毎日のように付き合い飲み会の文化があって帰宅するのはいつも22時や23時ごろでふらふらだという人もいるようです。

特に20代だと上司や先輩が何人もいるので気を遣い、金銭的にも厳しいので転職に失敗したと感じています。

他には、サービス残業が存在したというケースがあります。きっちり残業代が支払われないとなるとモチベーションが下がってしまいます。

ブラック企業だった

まれにサービス残業やパワハラが当たり前のブラック企業に入社してしまったというケースがあります。達成不可能なノルマを課せられて、精神的に追い詰められることがあるでしょう。「これだったら前の会社の方がましだった…」と考える人もいます。

転職に失敗する原因

転職成功しやすい20代なのになぜ転職に失敗してしまうのか、その原因を探ってみましょう。主な原因は2つあります。

情報収集が足りていない

転職失敗の原因としては、入社する会社や自分の長所・短所に対する情報収集が足りていないことが挙げられます。会社に関しては人事担当の言葉だけではなく、キャリアコンサルタントやネットでの評判などを総合的に考慮して判断する必要があります。

また、給料が良いという口コミがあってもどの世代の意見かチェックするようにしましょう。40代の給料が良いという意見だと20代のときにはあまりメリットを感じられないかもしれません。

部長や課長になれる人は一握りの会社もあるので、全ての人に当てはまるわけではないと考えておきましょう。20代の今、理想を実現できるのかという視点を忘れず持つことをおすすめします。

辞めることに焦り過ぎた

今の会社がつら過ぎて辞めるという目先のことしか考えられず、視野が狭くなっていると転職に失敗することが多いです。

20代はまだ社会人経験が少ないので自分の限界が把握できていないケースがあります。「自分はまだやれる。もっとできる」と信じた結果、心身に不調をきたす人がいます。

メンタルが壊れてしまうほど追い詰められていても冷静な判断が必要です。退職ではなく休職という方法があります。

転職するにしても、なんとなくつまらないからという理由でしたら現職を続けながらゆっくり転職活動することをおすすめします。

30代以降で家庭を持つと退職に億劫になるのですが、独り身の20代だと突然退職してしまう人がいます。

現職を辞めることに焦り過ぎた結果、さらに良くない環境に身を置くことになったという人もいるので気を付けましょう。

↓↓合わせてこちらの記事もどうぞ↓↓

20代男性のキャリアの築き方は?

とりわけ男性はどのようにキャリアを築くかしっかり考えないといけません。近年、共働きが増えてきたといっても男性の収入が柱になっている家庭が多いです。

家族を養っていく上で満足のいく年収を稼ぐ必要があるでしょう。40代になって「あの頃もっと頑張っていればな…」と後悔しても遅いケースがほとんどです。

そこで、20代男性のキャリアの築き方について考えましょう。

20代後半から30代前半までが生涯年収を決めるポイント

年収800~1,000万円を目指すなら20代後半から30代前半までの働き方が重要になってきます。

一概にはいえませんが、年収800万円で一つのラインを引くことができます。大企業であれば課長職あたりが年収800万円になるでしょう。

そのため20代のうちに自分に合った職種に出会い、スキルを高めて中間目標となる課長職に挑戦することが一つの目標になります。

年収はいくらを目指すのか明確にイメージする

将来、一家を支えることが多い男性は年収いくらを目指すのか明確にイメージすることが大切になってきます。

家族を養っていくことになるので、金銭的な悩みや不安を抱えることになるかもしれません。子どもが私立大学に行きたいと言ったとします。そのときあなたの年齢はいくつでしょうか。逆算して必要なときにお金があるように貯金しておかないといけません。

20代から、30歳や40歳のときに年収いくらを目指すのか計画を立てましょう。

必要なスキルを逆算して習得する

資格も大切ですが、ハイキャリアの男性だとコミュニケーション能力や折衝スキルなど、どの業界・業種でも通用するポータブルスキルを身に付けておく必要があります。

30代や40代になると、メンバーを育成するポジションになります。20代のうちにその素質を上司や先輩に見せておかないと、チャンスが巡ってきません。

20代のときにも後輩はいるはずです。積極的に教育する姿勢を上司にアピールしましょう。他にも社内でのプレゼンや交渉など、与えられた責務を着実にこなしていくのが給料アップ・昇進への近道です。

20代男性が転職成功する3つのコツ

男性にとって20代のときにどのようなキャリアを築くかは重要なポイントになります。今の会社では理想とする年収や働き方を実現できないと思ったら、転職を検討しましょう。

転職に成功するための3つのコツをお伝えしますので、参考にしてください。

1. 働きながら転職をする

特に男性であれば働きながら転職活動をすることをおすすめします。なせなら、以下のようなメリットがあるためです。

  • 納得できるまで転職を続けられる
  • 無収入で貯金が減るという精神的なストレスを感じずに済む
  • 今の会社と比較して内定を受諾するか最終決定できる

男性は、女性以上に収入や業務内容にこだわりがあるのではないでしょうか。心から満足できるように転職活動期間をしっかり持つことをおすすめします。

また、今の会社と比較するのは大切です。

  1. 上司と折り合いがつかなくて不満
  2. 衝動的に転職活動を始めた

上記のような場合では、『現職の年収は同業他社以上で残業が少ない』のなら、わざわざリスクを負って転職する必要はないといえます。

一方、働きながら転職するデメリットといえば、スケジュール調整が大変ということが挙げられます。

しかし、実際のところは平日の20時といった遅い時間から面接を設けてくれる会社があり、スケジュール調整がまったくできないわけではありません。有休や土日を有効活用して転職活動をしている人もいます。

転職エージェントを利用するのは良いでしょう。都合の良い時間をいくつかピックアップしたら、キャリアコンサルタントが面接日を設定してくれます。

働きながら転職するデメリットを転職エージェントがサポートしてくれるわけです。

2. キャリアプランを明確にイメージする

転職成功者は将来のキャリアプランを明確にイメージしている傾向があります。3年後、5年後にどんなスキルを持ってどのように働きたいか想像できていて、面接でしっかりアピールしています。

客観的に自己分析ができているといえます。人生において自分は主人公ですので、自分に対する確かな分析力があると、面接官は高評価をすることが多いです。

3. 転職エージェントを利用する

転職するなら転職エージェントを利用しない理由がありません。無料で利用できるのですが、貴重な専門家の意見を聞くことができます。転職エージェントに登録しないと知りえない求人情報があります。

20代男性との相性・ハイポジションへの転職という2つの視点でおすすめの転職エージェントを選んでみました。

■マイナビエージェント


マイナビエージェント

20代男性全般におすすめなのが、マイナビエージェントです。若いキャリアコンサルタントが多く、転職者に寄り添ったアドバイスをしてくれると好評です。

電話やメールのレスポンスが早くて熱意を感じたという声があります。ただし、30代以上やハイキャリアの求人は物足りない印象です。

■JACリクルートメント


JACリクルートメント

外資系・国内企業のハイポジションへの転職をしたいなら、JACリクルートメントが良いでしょう。

課長・マネージャー・部長・役員・技術/専門職に強く、薦めたい転職エージェントNo.1に選ばれています。今まで約43万人の転職支援をしているノウハウがあります。年収をアップさせたいと思ったら利用してみましょう。

生涯年収を考慮して仕事選びをしよう

情報収集不足や焦りがあると転職に失敗するのであらかじめ対策が必要です。キャリプランを明確にイメージしましょう。

自分一人では判断しにくいこともあるので、転職エージェントに登録してキャリアコンサルタントの意見を取り入れると良いでしょう。

20代後半から30代前半までの働き方が生涯年収を決めるポイントになります。転職活動をしてみて初めて気付く今の会社の良さもあるかもしれません。現状に不満や不安があるなら行動あるのみです。


RECOMMEND

関連記事