最終更新日:

転職したい50代女性必見!【50代女性の転職徹底ガイド】

転職したい50代女性必見!【50代女性の転職徹底ガイド】

収入を安定させたい、子育てから離れ自由な時間ができたので時間を有効活用したいなど、50代から転職を考える女性も少なくありません。50代女性が転職するときに注意すべき点や、仕事選びのポイントをご紹介します。50代女性だけでなく、これから50代に差し掛かる40代の方も必見ですよ!

50代女性、転職はできる?

定年までに最後の転職をしたいと考える50代女性が多くいます。50代女性がこれからの転職を考えたときの1番の不安といえば「50代でもまだ転職できるのだろうか?」という点ではないでしょうか。

結論からいうと、50代の女性でも転職できます。企業は、子育てから離れた女性をキャリアと働ける体力、精神力のある有力な戦力と考えているところが多くあります。

とはいえ、フレッシュな20代や働き盛りの30代に比べると、50代女性を対象とした求人数は少なめなのは否めません。50代の女性が転職を考えるときは、自身の強みをいかに生かしながら、弱みがカバーできる仕事を選ぶことがポイントになります。

50代女性が転職でアピールしたい3つのポイント

50代女性が転職活動をする場合には、どのような点を企業にアピールすれば良いのでしょうか。50代女性ならではのアピールポイントを整理してみましょう。

培ったキャリアがある

これまでの仕事の経験は、フレッシュマンにはない50代女性の魅力です。職種としてのキャリアだけでなく、仕事を長く続けてきた体力や精神力をアピールすることもできます

しかし、キャリアをアピールしすぎると、年下上司から扱いにくそうだと感じられることもあります。キャリアをアピールするときは、さじ加減に注意することが大切です。

社会人としてのマナーが身についている

社会人としてのマナーが身についている点も重要なポイントです。話し方や所作、身だしなみなどで、社会人としてのマナーが身についていることを面接時にアピールしておきましょう。

50代女性でしっかりとした敬語が使えなかったり、きちんとした着こなしができていない場合は「今まで何をしてきたの?」と思われてしまいます。面接時の所作や身だしなみには、十分注意しましょう

柔軟な対応力がある

コミュニケーション能力の高さや状況に応じた対応力の高さは、人を採用するシーンで高い需要があります。仕事でのキャリアだけでなく、人生経験が豊富なところも50代女性の魅力です。自身をもってアピールしてください。

50代女性が転職するときの注意点3つ

50代女性が転職を考えるときは、いくつか注意点があります。転職活動をスタートする前に注意点をチェックし、転職を成功に導きましょう。

正社員の求人件数が少ない

50代女性の正社員としての求人件数は、20代や30代の女性に比べると少なくなります。そのため、倍率が高くなってしまいがちです。

ブランクがある方で転職を考えている場合は、積極的に応募していきましょう。現在仕事がある方の場合は反対に、次の仕事が決まるまで、今の仕事をキープしておく姿勢も必要でしょう。

正社員としての転職だけでなく、条件をチェックしながら派遣社員やパート社員としての転職も視野に入れることをおすすめします。50代女性の場合、将来的に孫の面倒や介護などでライフスタイルが変わることも予想されます。

正社員として転職したけれど、パート社員のほうが時間の融通が付けやすく、働きやすかったという声もあります。

体力の衰えに備える

50代女性のなかには、体力の衰えを感じる方もいるかもしれません。体力勝負になる仕事には、少し注意が必要です。自身の体力と今後を考え、無理なく続けられる仕事を探してみましょう

採用する企業側も体力面での衰えを不安に思うことがあります。応募する場合は、体力がしっかりとあるのをアピールすることも忘れずに

ライフスタイルの変化に対応できる働き方を検討する

親の介護の問題や、夫の退職などでライフスタイルに変化が表れやすいのが50代女性の特徴の1つです。親の介護が必要になったとき、柔軟な働き方ができるかどうかも考えておきましょう

自身の生活環境を整えておくことも、長く仕事を続けたい場合には必要になるでしょう。

50代女性が転職を成功させる5つのポイント

転職を成功させるためには、それぞれの年代にあったポイントがあります。50代女性が転職を成功させるためのポイントをご紹介します

積極的に応募する

注意点のところでも前述しましたが、50代女性の正社員求人はほかの年代に比べて少ないため、倍率も上がりがちです。どうしようかなと何日も迷うよりも、年齢やその他の条件をクリアしている求人を見つけたら、積極的に応募してみましょう

キャリアが活かせる仕事を探す

未経験の職種にチャレンジするよりも、経験のある職種に応募するほうが採用されやすくなります。経験のある職種であれば職務内容について1から教える必要がなく、時間や労力も少なくて済むため、企業にとってメリットが大きいと言えます。

50代になると若いころよりも、物覚えが悪くなるのが一般的です。経験のある仕事であれば新しく覚えることが少なくなります。未経験の仕事にチャレンジするよりもスムーズに仕事が始められますよ。

魅力を活かせる仕事を探す

50代女性の魅力でもある柔軟な対応力や、高いコミュニケーション能力が活かせる仕事を選べば、職場で重宝されることでしょう。

例えば、サービス業全般や介護・福祉業界などは、50代女性の特性が活かせる仕事だと言えるでしょう。ほかにも、保育関係やセレモニーホールでの仕事、コールセンター業務などでも50代女性の活躍が期待されています。

転職サイトや転職エージェントを活用する

転職サイトや転職エージェントを利用して仕事を探すのが最近では当たり前になっています。

転職サイトや転職エージェントの各会社には、それぞれ得意な年代や得意な業種があり、効率よく転職活動を進めるためには、50代女性の転職を得意としている転職サイトや転職エージェントを吟味することをおすすめします。

求職者それぞれに担当者がつく転職エージェントは、アドバイスや面接の練習もしてもらえるため、久しぶりに転職活動をする場合に、心強いと感じる方も多いようです。

ここでは50代の女性におすすめの転職エージェントを一部ご紹介しますので、まずはいずれかに登録をし、必要に応じて他の転職エージェントにも複数登録するといいでしょう。

リクルートエージェント



転職成功実績No.1の手厚いサポートで圧倒的な支持を集めているのが『リクルートエージェント』です。リクルートグループならではの企業との幅広いパイプがあり、求人数は群を抜いています

求人数が少ない50代の転職だからこそ、圧倒的求人数を誇るリクルートエージェントが最もおすすめです。転職実績No.1ということもあり、キャリアアドバイザーの評価も高く、登録しておいて損はない転職エージェントです。

Spring転職エージェント(アデコ)



『Spring転職エージェント(アデコ)』は企業も求職者も一人のキャリアアドバイザーが担当する仕組みである「両面型コンサルティング」を採用しています。そのためアドバイザーの専門性が高くて、求職者のニーズを的確に把握しミスマッチが少ないです

中でもこの転職エージェントの特徴は、絶対に面談を断らないことです。周りと比べて条件が厳しい50代の男性にとって、非常にありがたい特徴と言えるえるでしょう。

転職に有利な資格を取得する

資格があれば必ず転職できるわけではありませんが、資格はその人の能力やスキルを客観的に示す資料になり、転職活動を有利に進めることができます

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)は50代女性の特性にもマッチし、人気があります。事務職に転職したい場合には、ワードやエクセルの技能を証明する国際資格であるMOS日商簿記検定などを取得するのもおすすめです。

資格取得までにはある程度の時間が必要になるため、転職を検討している場合は、できるだけ早くから準備をはじめておきましょう

ハローワークを上手に活用しよう!

50代女性は、孫が生まれている方や親の介護をしている人など、ライフスタイルがさまざまです。家庭の都合で仕事に対する時間的な制約がある方も多く、自宅の近くに職場があるほうが便利になるケースがあります

通勤の時間だけでなく、体力面でも職場への通いやすさは魅力の1つです。自宅近くで転職先を探したい方は、ハローワークを積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

ハローワークでは正社員だけでなく、パート求人も同時にチェックすることができ、多様な働き方を検討している方にもおすすめです。転職を有利にするための職業訓練を受けることもできます

キャリアサポーターやキャリアコンサルタントなど、50代女性のコミュニケーション能力や柔軟な対応力を発揮できる職業を目指すコースもありますよ。

50代女性は自身の強みと弱みを理解して転職を

50代女性は、体力もライフスタイルも変化の時期を迎えます。キャリアと人生経験を積んでいるからこそ持っている魅力は、若い世代にはない強みです。自分自身が持っている強みと弱みを理解して、仕事選びを進めましょう。募集年齢や条件をクリアしている求人があれば積極的にチャレンジすることをおすすめします


RECOMMEND

関連記事