最終更新日:

40代の転職で年収は下がる?年収アップを可能にする方法

40代の転職で年収は下がる?年収アップを可能にする方法

「転職に成功した40代の年収は上がってるの?」
「40代の転職で年収アップは可能なの?」

40代の転職で気になることの一つが年収ではないでしょうか。
現在の年収よりもアップした転職者が多ければ前向きに取り組めますし、逆にダウンした転職者ばかりなら、仕事探しに後ろ向きになってしまうかもしれません。
そんな40代の転職の年収に関する情報を解説します。

実際に転職を成功させた40代の年収はあがっている?

実際に転職を成功させた40代の年収は上がっているのでしょうか?
参考データとして、日系キャリアNET 転職ニュース&コラムより引用します。

上記のQ4で以下の質問がされていました。

「転職で年収はどう変わりましたか?」

null

第15回 目標年収と転職後の年収変化2016/日経キャリアNET

それに対する40代の回答として、「年収が増えた」「年収が減った」「変わらなかった」がそれぞれ30%前後でした。
特に「年収が増えた」と「年収が減った」がほぼ同数で、若干の差で「年収が増えた」が勝っていましたね。
ちなみに20代は「変わらなかった」が最も多く、30代は「年収が増えた」が最も多い、という結果でした。

そう考えると、40代で転職しても年収が下がるとは限らず、年収が増える人もほぼ同数いる、と言えるでしょう。

転職した40代の年収相場を知りたい

dodaが提供している平均年収ランキングは以下です。

男性 女性 平均
583万円 413万円 528万円

平均年収ランキング最新版【年齢別】/doda

上記によると、40代の平均年収は、男性で583万円、女性413万円となっていますね。
全体では528万円が平均年収でしたが、これは20代、30代よりも高い数値です。

これは、「40代の転職では現状維持、もしくは年収アップが狙える」ということは、希望を抱ける結果ではないでしょうか。
たとえ転職して年収が下がっても、元々の平均年収が高い40代ですから、

  • 20代の平均年収 346万円
  • 30代の平均年収 452万円

上記よりも高年収を得られる可能性がありますよ。

仕事選びの基準は年収だけに限らない

先ほどの『第15回 目標年収と転職後の年収変化2016』によると、仕事選びに関して「年収の下限は重視するものの、仕事のやりがいなどを優先」という結果が見られました。

私も40代で転職しましたが、年収や給料の優先順位は低かったですね。
知人の紹介で二度ほど仕事の紹介を受け、面接に臨みましたが、最初に紹介を受けた仕事の方が高年収でした。
面接も良い雰囲気で進みましたが、「自分には合わない」と判断してお断りしました。

二度目に紹介を受けた仕事は年収こそ低かったものの、やりがいを感じる上に、自分に合った仕事と判断しました。お互い納得の上で、採用してもらった形です。
40代で新たな環境に入ったので大変な側面もありますが、充実した日々を過ごしています。

仕事選びの基準は人それぞれですし、「何が正しくて何が間違っている」ということはありません。
しかし年収だけで仕事を選んでしまうと、結果的に苦手な仕事に従事することになりかねません。そのような仕事に携わると、時間が過ぎるのを長く感じてしまうものですよ。自分に合わない仕事は苦しいものです。

そのため、年収の下限を決めた上で、やり甲斐を感じる仕事を探してみてはどうでしょうか。繰り返しになりますが、「40代の転職で年収が下がるとは限らない」と言えますので、積極的に求人を探せると思います。

40代の転職で年収を上げるには

  1. 年収の下限を決める
  2. やり甲斐ある仕事を探す

そのような流れをおすすめしますが、それでも、少しでも年収を上げたい、という気持ちは誰でもあると思います。
前職の年収が500万、転職先で年収400万(賞与は考えない)とすれば、月給で10万以上の差が付きます。独身ならまだしも、家族を養っていれば、家計の厳しさは深刻かもしれません。

それを防ぐには、下限の年収を前職の年収に近付ける(先ほどの例なら450万~480万まで上げる)といった形が良いですが、必ずしも希望通りの求人が見付かるとは限りません。
そもそも、ミドル層で好条件の求人が、どこに集まっているか分かりづらいですよね。

相談できる相手を作ることが大事

新着求人が大量に集まるのはハローワークですが、「本当に40代でも履歴書を送れる求人かどうか?」を確かめるには、印刷された求人票を持って、窓口に行く必要があります。
「履歴書を送っても良いですよ」と窓口の担当者に言われても、実際に送ってみたら40代を対象にしていなかった、というケースもあります。
そのようなデメリットを補うほど、ハローワークの新着求人の多さには魅力がありますが、40代の転職で年収を上げるには、転職エージェントの利用を検討して下さい。

私の場合は先述したように、知人の紹介で面接を受けましたし、元から信頼できる企業への転職でした。
しかし自分一人で、ゼロから求人を探すには、信頼できる相談相手が大切になります。

  • 自分の市場価値はどのくらいなのか
  • 希望年収に合った求人案件はあるのか
  • 今から年収を上げることは可能なのか
  • 履歴書、職務経歴書、志望動機の書き方
  • 40代の面接対策のやり方

そういった事を気軽に相談できれば、転職活動も楽ではないでしょうか。
40代に対応している転職エージェントがありますので、まずは気軽に相談してみると良いでしょう。

転職エージェントのおすすめ

◎高年収を狙うならビズリーチ


ビズリーチ

もしこれまでの経歴に自信があるようであれば、最もおすすめできるのが『ビズリーチ』です。ビズリーチは転職エージェントではなく、登録しておくことで企業やヘッドハンターからのスカウトが届くヘッドハンティング型の転職サイトです。

登録者の平均年齢も高く、年収アップ転職を成功させている40代男性も多くいます。登録しておくだけでスカウトが届く可能性はあるので、自信がある方はまず登録することをおすすめします。

◎親身なサポートを受けたいならSpring転職エージェント


Spring転職エージェント

2018年利用者満足度No.1!
管理職や金融、営業やマーケティング、ITやメディカルなど4つの職種専門部があり専門領域に特化。
Spring転職エージェント(アデコ)は、企業と求職者が同じ担当でマッチング率が高い。

【まとめ】40代の転職で年収アップのケースはある

40代の転職で年収が上がるケースは実際にあります。
それと共に「仕事のやり甲斐」という観点からの求人探しも大切です。
まずは40代対応の転職エージェントに登録して、気軽に相談してみて下さい。

また、転職エージェントを使って転職活動する際は、年収交渉もお願いしましょう!


RECOMMEND

関連記事