最終更新日:

20代前半は転職に不利じゃない!20代前半での転職活動のポイント3選

20代前半は転職に不利じゃない!20代前半での転職活動のポイント3選

「20代前半での転職は難しいとよく聞く」
「経験やスキルがないので転職が上手くいくか不安」
「もう企業選びに失敗したくない」

20代前半、第二新卒で転職を検討されている方で、このような悩みや不安を抱えている方は多いでしょう。ですが、20代前半の転職には成功させるポイントがあり、それさえおさえておけば思い悩むこともなく、前向きに転職活動を行うことができます。

そこで、本記事では20代前半の方向けに転職を成功させる方法とコツ、気をつけるべきポイントをご紹介します。

  • 20代前半の強みは若さと基本的なビジネスマナーの習得
  • 転職活動をする際のポイントは謙虚であること、熱意を伝えること
  • 転職活動に向けて早めの準備と企業研究が重要

20代前半は転職が難しい?

20代前半の転職は難しいとよく耳にしますよね。20代前半であれば新卒入社後、おおむね3年以内という人が多いでしょう。その20代前半の転職はなぜ難しいといわれるのか、まずその理由、20代前半で転職するデメリットについてみておきましょう。

デメリット1:長続きしないのでは?と評価されてしまう

入社3年以内で退職に踏み切ると、「すぐに辞めてしまう人」と評価されてしまうことがあります。ですので、採用面接や書類選考の際に「うちに入ってもすぐに辞めてしまうのでは?」と採用担当者も不安に感じることからも少し厳しい評価を受けてしまいます。

デメリット2:経験・スキルがない

中途採用は基本的に即戦力が求められています。20代前半だと即戦力になりうる経験やスキルが身についていないと考えられるため、採用のハードルが高くなります。

20代前半の転職は難しくない!

20代前半の転職が難しいといわれる理由をお伝えしましたが、結論からお伝えすると20代前半の転職は難しくありません。新卒の有効求人倍率は2020年3月卒で1.83倍(リクルートワークス研究所調べ)であり、企業は若手の採用に苦しんでいます。

来春2020年3月卒業予定の大学生・大学院生対象の大卒求人倍率は1.83倍と、前年の1.88倍より0.05ポイント下落。8年ぶりに減少したが、高水準を維持し、リーマンショックで求人倍率が大幅に低下した2010年以降で2番目の高さとなった。
リクルートワークス研究所

そのため、企業は若手の採用を積極的に行うために、20代前半の採用基準を年々低くしており、新卒と同様の採用基準を設けている企業もあります。“若い”という武器で戦うことができることは20代前半で転職する最大のメリットにもなります。

上記にお伝えした転職が難しい理由は転職方法やコツ次第で解消できますので、安心して前向きな気持ちで転職活動に臨みましょう。

転職を成功させる3つのポイント

20代前半の転職活動での成功ポイントは大きく3つあります。転職するデメリットでもご紹介したとおり、若手採用が活発とはいえ書類選考や面接の段階で評価が低いことは、しばしばあります。ご紹介する3つの方法をしっかり把握して、転職活動の参考にしてくださいね。

1)熱意と謙虚さをアピールする

20代前半の方が面接の際に重視されるポイントは“熱意”と“謙虚さ”です。まず若いという最大のメリットを生かさない手はありません。若手らしい仕事への熱意をアピールすることが大切です。

また、謙虚さも非常に重視されるポイントになります。採用担当者の立場になって考えると分かりやすいのですが、20代前半だとどうしても経験・スキル不足だと感じられます。そのときに「私は○○ができます!△△が得意です!」と豪語されても、「いやいや・・・」とため息が出そうになりますよね。

つまり、自分はまだまだこれから成長すべき点があると謙虚な気持ちを持ち、これからの仕事に対する熱意をしっかり伝えることが採用を勝ち取る近道です。

2)退職理由の伝え方を工夫する

20代前半、第二新卒の退職理由は回答の多い順に「人間関係・社風が合わなかった(42.1%)」、「ワークライフバランスが悪い(36.5%)」、「そもそもやりたい仕事ではなかった(33.4%)」と挙げられています。

転職理由

第二新卒の転職理由、1位は?/マイナビニュース

さて、この理由を素直にお伝えするのは、評価が悪くなりそうですよね。
ですが、正直な理由を話さないとそのウソを採用担当者は見抜きます。工夫としては「正直+ポジティブ」という方法です。

正直+ポジティブが基本

例えば、人間関係が合わずに退職を考えている場合の伝え方としては下記です。

「正直な理由としては職場の人間関係が合わないことが転職を考えるきっかけとなりました。(省略:詳細を話す)自分自身も職場の同僚や先輩とコミュニケーション不足だったと反省しております。これから仕事を進めていくにあたり、この反省を生かし、まず職場の同僚、先輩とコミュニケーションを積極的にとり、自分だけではなく周りも働きやすい環境作りを行っていきたい、チャレンジしたいと考え、転職に踏み出しました。」

正直な理由は正直に伝えて大丈夫です。ですが、最後はポジティブな話を伝えましょう。これは「親近効果」といわれる効果を使用したコツですが、親近効果とは「最後に与えられた情報でその人の印象が決定されやすい」という心理効果です。

つまり、「終わりよければ全てよし」と考え、ポジティブな話を最後にすることを意識して退職理由の伝え方を工夫しましょう!

3)ビジネスマナーが備わっていることをアピールする

採用企業の中には若手の中でも新卒ではなく、20代前半の求職者を積極的に採用している企業もいます。その理由は「ビジネスマナーが備わっており、基本的な研修が不要だから」ということです。

新卒であれば、ビジネスマナーを1から研修で教える必要があります。服装から名刺交換、挨拶など挙げればきりがありません。ですが、20代前半の場合は一度社会人経験をしており、研修も受けているため、研修をする必要もなく企業側にとっても採用のメリットになります。

服装や身だしなみ、挨拶など社会人らしいふるまいを心掛け、面接に挑みましょう。

もう企業選びに失敗したくないあなたへ

20代前半の方の転職を考えている理由は今の職場への不安や不満の理由が大きいでしょう。「もう、企業選びに失敗したくない」と思われる方も多くいらっしゃいますよね。そこで、企業選びを失敗しないコツを2つお伝えします。

徹底的な企業研究

まずは徹底的に企業研究をしてください。就職活動を経験されている方はよく自己分析をしがちになります。「本当に自分がやりたいことは何か?」と分析し続けてしまいます。ですが、これは大きな落とし穴です。

恋愛で例えると、自己分析を行うことは自分の好みの人はどういう人か、ということを一生懸命に分析することになります。ですが、それだけで恋愛は成功しませんよね。つまり、自分を好きになってくれる人はどういう人なのかを考えることが成功させるコツです。転職活動も同様に、相手の分析をしっかりして臨むことがポイントです。

早い転職準備を進める

20代前半の方の転職活動を見ていると、準備不足であることが多々あります。転職活動が初めてであったり、仕事をしながら何かをすることに慣れていなかったり、理由は様々あるようです。そして、準備不足は転職活動の失敗の原因になってしまいます。

初めての転職活動の不安を払しょくするには、自分より詳しい相手にアドバイスをもらいたいですよね。
転職活動では、転職エージェントという転職のプロに無料でアドバイスをもらいながら活動できるサービスがあります。

  • 自己分析や企業研究のアドバイス
  • 書類添削・面接対策
  • 転職活動のスケジューリング
転職の準備は早めに進めてください。そうすることで準備に十分な時間を取ることができ、余裕をもった転職活動ができるようになります。

20代前半の方におすすめの転職エージェント

◎マイナビジョブ20‘s


マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20‘sは、20代限定の転職エージェントです。未経験OKの求人も多数そろっているのでキャリアチェンジしやすい環境が整っています。

「自分は何をしたいか分からない」「漠然と今の職場で働き続けることに不安がある」という相談や要望にも答えてくれるでしょう。

また、第二新卒特有の転職市場を熟知している専門のキャリアアドバイザーがつくので、サポート力にも定評があります。第二新卒の転職で迷ったらまずここに登録することをおすすめします。

◎doda


doda

求人数10万件以上!非公開求人80%超!!
履歴書添削や面接対策など丁寧なサポートが人気で、転職後のアフターフォローも手厚い。
女性の求職者にも高評価です。

サポートが手厚いため、転職が初めての方にもおすすめ

◎JAIC(ジェイック)



『JAIC(ジェイック)』は通常の転職エージェントとは異なり、まず約5日間の研修に参加してビジネス基礎から面接対策まで、就職活動に必要なスキルを徹底的に学びます

研修後は書類選考不要の集団面接会が行われるため、就職成功率は81.1%以上といった高い数字を誇っています。

転職するにあたって基礎から学び直したい方にはおすすめですが、研修は終日かけて行われるため、有給が利用できる方、もしくは既に退職している方など、時間が確保できる方のみ利用した方がいいでしょう

20代前半だからこそアピールできることを重視!

20代前半で転職する際のポイントについて、ご理解いただけましたか?

20代前半だからこそ、その若さを武器にして転職を有利に進めることができます。また、これからの社会人人生の方が遥かに長いため、何が自分にとってベストな選択になるのか冷静に考える時期でもあります。採用担当者はあなたのこれからの成長やポテンシャルをとても楽しみにします。

20代前半で経験・スキルがなく不利だと思わず、20代前半だからこそ有利に進めることを頭に入れて前向き転職活動に挑んでください!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「MIIDAS(ミイダス)」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事