最終更新日:

30代男性の転職事情と転職成功のポイント3選

30代男性の転職事情と転職成功のポイント3選

「30代男性だが転職できるのか?」
「30代で転職する際のポイントがわかない」
「30代の転職事情が知りたい」

30代男性で転職を考えている方でこのように不安を抱える方は多いでしょう。ですが、ポイントさえおさえれば30代男性でも転職活動は成功します。そこで、30代男性の転職事情や転職する際のポイントについてご紹介しましょう!

  • 30代男性は20人に1~2人は転職している
  • 自分の将来への不安から転職に踏み切るのが多数
  • キャリアプラン・マネジメントスキル・最大の強みを武器にするのが成功ポイント

30代男性の転職事情

30代男性には35歳の壁がある『つまり35歳が転職のラストチャンス』だとよく耳にしませんか?
30代になると、そのような噂からも転職できるか不安に思うことも少なくないでしょう。

ですが、本当に35歳が転職のラストチャンスなのでしょうか?その噂が本当なのか、まずは30代男性の転職事情の事実をご紹介しましょう。

30代男性の転職率

30~34歳男性 8.9%
35~39歳男性 7.7%

厚生労働省「平成30年度雇用動向調査結果」によれば、30~34歳男性は8.9%、35~39歳男性は7.7%の転職率となっています。つまり、30代男性は1年間で20人に1~2人の割合は転職しているとわかります。全体の1年間での転職率は10.0%ですので、全体と比較しても、少なくない数値だと分かります。

転職入職者の状況/厚生労働省

このデータからも30代男性が転職できないとは考えられないのが分かりますよね。

30代男性の転職理由

dodaのデータから性別・年代別の転職を参照したころ、30代男性で多い転職理由は以下の順で多く挙げられているのが分かります。

  • ほかにやりたい仕事がある
  • 会社の将来性に不安
  • 給与に不満
  • 残業が多い/休日が少ない

転職理由ランキング2018<年代別>/doda

転職理由ランキング2018<年代別>/doda

30代男性は将来性や給与が不安から転職するのが特徴のようです。また、30代になりキャリアを見直したときに、ほかにやりたい仕事があると転職が選択肢に入るのも特徴のひとつです。

30代後半の転職は多少不利

リクルートが実施した30代前半、30代後半の転職経験者向けのアンケートによれば、「転職活動で不利だと感じた」と答えた30代前半の人は31.9%、30代後半は53.4%との結果でした。また、年収が前職より下がったと答えた30代前半の人は37.6%、30代後半は54.2%でかなり開きのある結果でした。

30代前半
30代後半

30代前半の転職って、有利? 不利?/リクナビNEXT
30代後半、その転職は成功? 失敗?/リクナビNEXT

30代前半と30代後半では転職率にさほど大きい差はありませんでしたが、35歳の壁は多少存在するようです。30代前半で転職を迷われている方は積極的に動きだすべきでしょう。30代後半の方はこれからご紹介する転職成功のポイントを実践して有利な転職活動にしていきましょう。

30代男性の転職成功のポイント3選

30代男性の転職はポイントをおさえて転職活動するのが大切です。熱意や勢いで転職できるのは20代までですので、冷静にどう転職活動に臨めばいいのか、面接でアピールするポイントをどう考えればいいのかをご紹介します。

キャリアプランを明確にする

30代男性は家庭を持ち大黒柱になることや責任ある仕事を任せられる年代です。そのため、今を一生懸命になり、キャリアプランや将来のビジョンを考える機会は多くないでしょう。

ですが、30代男性の面接で重視されるポイントのひとつとしてキャリアビジョンが明確にあるかどうかが挙げられます。どう働いていきたいか、会社を支える人材になるビジョンがあるのかなど面接官は非常に注目します。

これまでの社会人生活からどう成長してきたか、そしてどう活躍していきたいかを考えましょう。キャリアの棚卸しを行い、過去を振り返るとともに、キャリアプランを明確にするのがポイントです。

マネジメント力・リーダーシップをアピールする

30代男性に最も期待するのはマネジメント力・リーダーシップ力です。自分のことだけでなく、若手や同僚、チームを支えられる人材であることをアピールできれば採用はグッと近づきます。

マネジメントスキル・リーダーシップをより上手くアピールするためには以下の2点を順に行いましょう。

  • マネジメント経験を全て書き出す
  • そのマネジメントで達成した事項や実績を振り返る

まずはマネジメント経験を全て書き出しましょう。どんなに小さな経験でも良いです。全て書き出した後はそのマネジメント経験から達成した具体的な事項や実績を振り返ってください。実績に関しては具体的な数値があればなお良いです。

そしてその中から特にアピールできそうな経験をエピソードとしてまとめておいてください。30代男性の面接では必ずと言っていいほど、マネジメント経験についての質問をされます。その際に、エピソードと具体的な実績を明確に伝えるようにしましょう。そうすればしっかりアピールでき、高い評価につながります。

最大の強みやスキルをアピールする

約10年の社会人経験の中で培った最大の強みやスキルは何でしょうか?
自分のキャリアを振り返り、どんな強みやスキルを培ったか明確にしましょう。そして、最大の強みやスキルはこれまでの仕事で一番大変だったこと、苦労したことを振り返れば浮かんできます。

「一番大変だった仕事のときに、どんな強みやスキルを発揮してどう乗り越えてきたか?」

これを自問自答しましょう。20代とは違い、30代男性だからこそきつい仕事や辛い仕事を乗り越えた経験はあるかと思います。最大の強みやスキルはこれからのキャリアの軸にもなりますし、面接の際にもアピールできるポイントです。

是非キャリアを振り返り、強みやスキルを明確にしてみましょう。

ポイントを考えるのにつまずいたら転職エージェントに相談を

ご紹介したポイントを実践した時に、もしもつまずいたら転職エージェントに登録してキャリアアドバイザーに相談してみてください。30代男性での転職はときにハードルがあり、息詰まることもあると思います。そんなときは一人で悩まずに、転職のプロに相談しましょう。

一人で考えるより、必ず良い答えが出ますので、転職エージェントにサポートしてもらいながら、転職活動に挑むのがオススメです!

30代男性におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント



転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
あらゆる業種・職種を網羅する圧倒的な求人数で幅広い求職者のニーズに応える業界最大手の転職エージェント。
充実の面接対策も人気!

30代に特化した転職エージェントではないものの、その求人数の多さから30代向けの求人も多数扱っているため登録しておいて損はない転職エージェントです。

高年収を狙うならビズリーチ


ビズリーチ

もしこれまでの経歴に自信があるようであれば、最もおすすめできるのが『ビズリーチ』です。ビズリーチは転職エージェントではなく、登録しておくことで企業やヘッドハンターからのスカウトが届くヘッドハンティング型の転職サイトです。

登録者の平均年齢も高く、年収アップ転職を成功させている30代男性も多くいます。登録しておくだけでスカウトが届く可能性はあるので、自信がある方はまず登録することをおすすめします。

30代男性は悩みの世代、それでも前向きに!

40歳は「不惑の歳」と言われ、迷いがなくなる年齢になりますが、30代はその反対で悩みのつきない年代です。キャリアの専門用語でキャリアミストがありますが、30代はこのキャリアミストの状態にしばしば陥ります。キャリアミストとはキャリアに霧がかかった状態、つまり先行きが見えなく、不安になる状態を指します。30代男性は仕事だけでなく、結婚や家庭などの役割が増え、その分悩みも増えます。転職活動も責任も重くなり不安が多いでしょう。

ですが、ご紹介したポイントをしっかり理解し、実践すれば過剰に不安になる必要はありません。これからのキャリアを明るく考え、良い転職をイメージしましょう。前向きな状態が成功を導くと心理学の研究でも証明されていますので、決して精神論の話ではありません。30代男性は悩みの世代だからこそ、できるだけ前を向いて転職活動に挑みましょう。


RECOMMEND

関連記事