最終更新日:

女性ニートで将来が不安! 結婚・原因・脱出法についても解説

女性ニートで将来が不安! 結婚・原因・脱出法についても解説

ニートの問題は、度々メディアなどでも取り上げられています。しかし、その多くは女性ニート特有の問題や、デリケートさについて言及されていません。

「ニートは甘え」
「ニートは社会的落伍者」
「親が甘やかすから」

など、女性ニートの身になり考えるような意見はなかなか見当たりません。

本記事では、女性ニートの悩みに寄り添いながら、この問題について考えます。
そして、女性ニートの原因・結婚にも触れ、脱出法について解説します。

女性ニートの末路は悲惨

女性ニート問題は、「恥ずかしいから」といった親や他人への世間体ではありません。女性ニート本人の問題なのです。

今は何ともなくても将来により大きな問題となります。焦りを自覚した頃には、もう手遅れということが女性ニート問題の恐ろしさです。
ぜひ、自分自身にとって重大な問題と考えていただきたいです。

どんどん社会から孤立する

厚生労働省によるニートの定義は、

  • 15歳~34歳まで
  • 働いていない、学校に通っていない、職業訓練を受けていない
  • 家事手伝いもしていない

このようになっています。引きこもりとの違いは、定義としては年齢と他人との交流の有無です。
家事をしていれば、ニートではないというのもポイントでしょう。それは、主婦や在宅ワーカーと区別するためです。

女性ニートは、20代のある時期までは友人との交流も10代と変わらずあることでしょう。しかし、友人らが進学、就職、結婚と、人生の歩みを進めるうちに、その友人関係も変化していきます。

価値観が変わっていけば次第に会話も合わなくなり、疎遠になることは珍しくありません。女性ニートのままでも受け入れてくれる友人ならいいですが、順調な友人に対し本人が引け目を感じることもあります。

学校や仕事にも行かないという女性ニートにとって、友人の存在は社会との唯一の接点です。
その友人と疎遠になれば、なかなか外へ出る機会もなくなり、次第に引きこもってしまいます。
女性ニートのままでは、いずれ完全に社会から孤立してしまうのです。

経済的問題が大きくなる

仕事をしていない女性ニートにとって、経済的な支えは親がほとんどです。しかし、親は女性ニートと同様に年齢を重ねていきます

仮に親が資産家で、財産などで将来的にも経済的な悩みがないなら別ですが、将来的には親の年金が頼りになるでしょう。

多くない年金で、親は女性ニートを養っていかなければなりません。そして、親が年老いて介護が必要となればさらに経済的に困窮するだけでなく、女性ニート自身が親を助けなければなりません。

特別裕福でない限り、女性ニートにとっての経済的よりどころは、いずれなくなってしまうことを知っておく必要があります。その時、本当の意味で無収入となり、女性ニートの生活も続けられなくなるのです。

生活保護についてですが、近年は支給の基準が厳しくなっており、健康で働ける状態ならまず期待できないでしょう。

悲惨な老後

社会から孤立し経済的基盤を失えば、女性ニートの老後がどれだけ悲惨か想像するのは難しくないでしょう。むしろ、老後以前に中年期から困難な状況に直面します。

20代から女性ニートを続ければ、無収入状態で年金も払えません。年金もなく、預貯金もないとなれば、待っているのは貧困です。その時になってようやく働こうとしても、どこに仕事があるのでしょうか。

女性ニートの状態で年齢を重ねれば、同時進行で社会的信用を失っていきます。仕事が欲しいと思った時には、社会には若い世代もたくさんいるのです。スキル・職歴・資格のいずれもない女性ニートと若者を比べ、企業が若い人を選ぶのは当然のことです。

誰かのためではなく自分自身のため、女性ニートを続けることは自分の手で人生を台無しにしようとしてしまっているのです。

なぜ?女性がニートになる原因とは

女性ニート問題について、メディアなどでは厳しい意見が飛び交います。しかし、そのほとんどは女性ニートの苦しさに共感する内容ではありません。

女性がニートになるのは、そこに何かしら原因があります。原因を知ることで問題の本質を捉えることができ、有効な解決法を導き出せるでしょう。

無気力

「自己肯定感」という言葉をご存知でしょうか。これは、自分自身を認め受け入れる感情のことです。女性ニートになる方の多くは、この感情が大きく欠落しています。

そのため、何かしようとしても全て否定的になってしまうのです。

「自分には無理」
「自分なんてどうせ…」

こういうメンタリティです。こうした状態になる原因には、親や環境との関係性が挙げられます。親との関係で言えば、過干渉、不干渉のどちらもです。過干渉には過保護だけではなく、強く否定し続けることも含まれます。

一方不干渉は、親が子供に関心を示さないケースです。子供に何かしら経験させる機会を与えなければ、子供は挑戦する機会も成功体験も得られません。成功体験がなければ、自信もつかず、自己肯定感の低い人物になってしまいます。

いじめなど人間関係がうまくかなかった

学校や職場での人間関係は、女性ニートになる大きなきっかけです。これは環境によって自己肯定感が損なわれます。

いじめなどを受けると、被害者は次第に自分自身を否定するようになります。人間関係での嫌な記憶は次第にトラウマとなり、女性ニートからの脱出の大きな足枷となるのです。

就職活動に失敗した

就活での失敗は、自信喪失にも繋がります。まるで自分が、社会から必要とされていないように感じるのです。

日本の就活は、一度レールから外れると戻るのが難しい構造であることが指摘されます。就活に失敗した女性がそのままニートとなり、そこから抜け出せなくなってしまうのです。

しかしながら、働き方や生き方というのは、自分自身で見つけようと思えばいくらでも方法があるものです。世間一般のレールにうまく乗れなかったことを、過剰に否定する必要はありません。

社会や他人が認めてくれる方法ではなく、自分にとって相応しい方法が女性ニート脱出の鍵になっていきます。

女性ニートでも結婚できる?

世間は広く、結婚や愛の形も様々です。女性ニートも例外ではなく、自分次第で結婚は可能でしょう。なぜなら、世の中には多くの障害を乗り越えて家庭を築いている方がたくさんいるからです。

誰にでも結婚できる”可能性”はある

誰にでも、女性ニートにも結婚できる”可能性”はあります。高いか低いかい関わらず、ゼロではないということです。

その可能性を高めるのは、女性ニート自身の努力に懸かっています。それは世の多くの女性となんら変わりません。

そして、結婚の現実についても考える必要があります。結婚とはめでたい知らせで、祝福のメッセージで埋まります。一方でネガティブな情報は遮断されています。平成27年の厚生労働省の統計によれば、日本の離婚率はおよそ35%前後です。つまり、3組に1組は離婚します。

結婚はゴールではなく、その後の安泰をなんら保証しません

一方的に男性に求めてはいけない

婚活をリクルートと捉えるなら、女性ニートはかなり厳しい立場でしょう。もし、親の代わりに男性に経済的に依存することを考えているのなら、改めてなくてはいけません。

愛情も同じで、一方的に愛情を男性に求めてもいけません。逆の立場なら、どう感じるでしょうか。女性に社会的ステータスを求めている男性ばかりではありません。男性も女性同様に、人間性を重視しています。

女性ニート以前に結婚できるかは、人間性にかかっています。男性を利用して楽をしようとか、玉の輿に乗ろうと考えていては、結婚は難しくなるでしょう。

女性ニートから脱出する方法

女性ニートの末路や原因、そして結婚について触れました。最後はこれらを踏まえ、女性ニートからの脱出法について解説します。

アルバイトから段階的に

遅れた分を取り返そう、なんとか簡単に楽に解決しようとするのは大きな失敗の元です。運動不足の人が急に激しい運動をすれば、大怪我をしてしまいます。

女性ニートの多くは働いたことがないか、長期間働いていないという方がほとんどではないでしょうか。
そのような方が、突然負荷の強い仕事をすれば、疲労とストレスに耐えられません。

それが原因で働くのが嫌になるということは、まず避けなければいけないのです。コミュニケーションが苦手な方が接客から始める、というのは大きな間違いです。

短時間の仕事や体力的に負荷の軽い仕事からはじめ、段階的に負荷を上げていきましょう。確実にできることからはじめ、成功体験を積んで自信を付けます。コツコツと積み重ねることで自己肯定感が高まり、もっと大きな挑戦に繋がっていきます。

女性ニート脱出に特効薬はありません。もっとも有効なのは、小さな成功をコツコツと積み重ねることです。

自分にとっての”幸せ”について考える

女性ニート脱出を行動に移す前と後どちらでもいいですが、自分にとっての幸せについて考えることをおすすめします。

社会のレールから外れたことを女性ニートは気にしますが、仮に社会の望む自分であれば幸せと思えるのでしょうか。誰かが褒めてくれる自分を追い求めれば、同じ失敗を繰り返すでしょう。

とはいえ、それは利己的とも異なります。幸せには、親や他人、恋人や友人との良好な関係も含まれるからです。

男性や親に依存せず自立する

誰しも将来は不安であり、保証するものは何もありません。結婚の部分でも触れましたが、離婚率は35%もあり、結婚すらも解決にはならないかもしれないのです。子供を持ったまま離婚すれば、女性ニートはシングルマザーとなります。

女性ニートの問題を本質的に解決するためには、親にも男性にも依存しない生活を築かなければなりません。

まとめ

女性ニート問題の脱出法について解説しました。

女性ニートの末路、原因、結婚にも触れることで、何をすればいいかをより具体的に浮き彫りにした形です。

女性ニートの問題は、親や他人ではなく、女性ニート自身の人生を損なう点にあります。そして、脱出の重要なポイントは小さな成功体験をコツコツと積み重ねることです。自己肯定感の低い女性ニートにとって、この方法が自信をつける有効な方法になります。

自信がつけば、より多くの可能性について考えられるようになるでしょう。それによって、積極的に物事に挑戦し、人生が大きく開けるはずです。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「ミイダス」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事