最終更新日:

既卒向け就職エージェントおすすめ4社!うまく活用して「はじめての就職」を勝ち取ろう!

既卒向け就職エージェントおすすめ4社!うまく活用して「はじめての就職」を勝ち取ろう!

はじめての就職活動。

新卒と違いブランクのある既卒者は、次のような悩みや疑問を抱いているのではないでしょうか。

  • 既卒はどうやって就活すれば良いのかな?
  • 少しでも早く内定取らないとヤバイな…
  • 既卒でも就職できる企業はあるのかな?

空白期間がある既卒だからこそ焦りがあるものの、右も左も分からず漠然とした不安を感じてしまうことも。「とりあえず就職!」と感情的に動いてしまうと、ブラック企業に入社してしまい早期転職するリスクがあります。

そんな既卒の就職に対する不安を解消するには、就職エージェントを利用するのがおすすめです。内定獲得だけでなく「ここに入って良かった」と思える就職を果たすためにも、就職エージェントを利用すべき理由や活用方法などを見ていきましょう。

既卒が就職エージェントを活用するメリット

就職活動に対して知識のない既卒者は、経験豊富な就職エージェントを利用するべきです。

就職エージェントを利用して得られるメリットは

  1. 専任のカウンセラーがサポートしてくれる
  2. 履歴書や面接の対策方法を教えてくれる
  3. 非公開の求人情報を紹介してくれる

などがあります。以下で詳しく見ていきましょう。

専任のカウンセラーがサポートしてくれる

既卒向けの就職エージェントは、専任のカウンセラーがあなたの就職をフルサポートしてくれます。社会人経験がない既卒者にとって、理想の企業を明確にするのは意外にも困難です。

自分の能力が未知数な既卒にとっては

  • どんな企業が合っているのか
  • どんな仕事に向いているのか
  • そもそも就職できる企業はあるのか

などを分析することが難しいでしょう。客観的にアドバイスをしてくれる就職エージェントを活用すれば、明確性が増して就職の失敗率を最小限にできます。就職エージェントは既卒だからこそ利用すべきサービスと言えますね。

履歴書や面接の対策方法を教えてくれる

就職エージェントは、入社を希望する企業に合わせて履歴書や面接の対策方法を教えてくれます。綺麗な履歴書の書き方は、ネットを調べれば分かるでしょう。

しかし「この企業に入るため」の履歴書の書き方までは分からないものです。面接で志望動機を述べる際も、採用担当に「刺さる」言葉を作るのは既卒にとって難易度が高いはず。

  • アピールすべきポイント
  • 言わない方が良いこと
  • 姿勢や作法

経験がないことをイメージしても、実際の現場で通じるとは限りません。この点、就職エージェントを利用すれば本番に近い状況で練習できます

「面接で非常識な人間と思われたらどうしよう」という不安も解決できるはず。就職エージェントは、社会人の基礎を学べる場でもあるのです。

非公開の求人情報を紹介してくれる

就職エージェントは、一般的な求人サイトでは見つからない非公開求人も紹介してくれます。

非公開求人の中には

  • 待遇や条件の良い企業
  • 大手企業
  • 働きやすい優良企業

なども多く含まれているのです。各就職エージェントには「そこにしかない非公開求人」があります。つまり、就職エージェントを利用するだけで選択肢が広がるということ。

独自のコネがあるからこそ、通常なら書類審査さえ断られる企業と繋がれるのです。既卒者にとって、はじめての就職は絶対に失敗したくないもの。後悔したくない人こそ、就職エージェントを利用する意味があるのです。

既卒が就職エージェントを利用する流れ

就職エージェントを利用する流れは、基本的に以下のようになっています。

  1. 就職エージェントの会員登録
  2. 担当と面接→カウンセリング
  3. あなたに合った求人を提案
  4. 履歴書・面接の対策・改善
  5. 企業へ応募
  6. 書類審査通過→面接実施
  7. 内定獲得→給料の交渉→入社日の決定

上記の流れを見て分かる通り、就職エージェントは既卒者の就職に関わる工程を最初から最後までサポートしてくれます。ここまで充実したサポートを受けられるにも関わらず利用料は無料です。

就職活動を進めていれば、疑問に感じることや不安に思うことも出てくるでしょう。そんな時でも、プロの就職エージェントがいれば即解決できます。まずは、次に紹介する既卒向けの就職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。

既卒におすすめの就職エージェントを比較解説

既卒に特化したおすすめの就職エージェント3社を比較しながら解説します。

まずは以下の表をご覧ください。

内定率 書類選考 求人数
DYM就職 96% なし 2,000社超
就職shop 非公開 なし 8,555社超
JAIC 81.1% なし 非公開
第二新卒エージェントneo 非公開 あり 5,000社超

結論から言うと、就職エージェントごとに大きな差はありません。求人数に大きな開きがあるものの、実際は就職活動するタイミングによって増減します。

内2つの就職エージェントが書類選考の必要がなくメリットのように思えます。しかし、書類選考がある就職エージェントだからこそ、扱える非公開求人もあるのです。

残念ながら「〇〇を選べば間違いない」という正解はありません。ここでは、各就職エージェントの特筆点をお届けします。あなたに最適な就職エージェントはどれなのか詳しく見ていきましょう。

DYM就職:就職率96%を誇るマッチング度が魅力

「DYM就職」は3社の就職エージェントの中で断トツの就職率を誇っています。既卒者には「自分でも就職できるのかな?」といった悩みがあるはずです。この点、業界No.1とも言える就職率は、信頼がおけるのではないでしょうか。

また、DYM就職の場合、書類審査の必要がない点もポイントです。就職活動で第一関門となる書類審査を省けるのは、既卒や第二新卒専門の就職エージェントならではのメリットと言えるでしょう。

↓DYM就職の登録はこちらから↓
【公式】https://www.dshu.jp/

就職shop:登録求人は全て「未経験歓迎」

「就職shop」は、厳選した未経験求人を紹介してもらえる就職エージェントです。

書類審査不要でダイレクトに面接選考へ進めるのもポイント。扱っている求人企業は全て未経験OKだから、実績やスキルも心配もいりません。

やる気や入社に対するモチベーションなど、あなた自身の人間性を重視して就職をサポートしてくれる、既卒に最適な就職エージェントになっています。

↓就職shopの登録はこちらから↓
【公式】https://www.ss-shop.jp/

JAIC(ジェイック):離職率の低い業界を厳選

「JAIC(ジェイック)」は、利用者の満足度が非常に高い就職エージェントです。就職率は81.1%となっており、入社後の定着率は91.3%と高めになっています。ポイントは「離職率の高い企業や業界を紹介しない」というポリシーです。

待遇は良くてもハードワークで消耗すれば、転職を考える人は沢山いるでしょう。JAIC(ジェイック)で紹介している求人は、離職率の低い企業に厳選されています。

正社員採用以外の求人もないため、就職で後悔したくない既卒者に最適な就職エージェントと言えるでしょう。

↓JAICの登録はこちらから↓
【公式】https://www.jaic-college.jp/

第二新卒エージェントneo:職務経験なしへの実績がピカイチ

第二新卒エージェントneoは「働く」経験がない人へのサポートが全体の半分を占める転職エージェント。

アドバイザーの多くは元既卒や元第二新卒だから気持ちに寄り添った支援が可能。「就職転職相談しやすさ」部門でNo.1を獲得するほどの実力を持っています。

ブラック求人も排除されているので就職初心者の既卒も既卒者におすすめの転職エージェントです。

↓第二新卒エージェントneoの登録はこちら↓
【公式】https://www.daini-agent.jp/

既卒向け就職エージェントの上手な活用方法

既卒が就職エージェントを活用して内定を勝ち取るには、いくつかのポイントがあります。既卒向けの就職エージェントを上手に活用するには

  1. 複数のエージェントを利用して親切な担当を選ぶ
  2. 担当の言うことを鵜呑みにしない
  3. 自身の経歴は素直に伝える

などのポイントを意識しておきましょう。

複数のエージェントを利用して親切な担当を選ぶ

就職エージェントは、1つだけでなく複数利用するのがおすすめです。複数の就職エージェントを利用することで以下のメリットが得られます。

  • 様々な非公開求人を紹介してもらえる
  • 理想の企業に出会いやすい
  • 担当を比較して親切な人を選べる

例えば「就職エージェントAでは面接選考させてもらえなかったけど、就職エージェントBなら面接させてくれた。結果、内定ゲットできた!」といった話もよくあります。

就職エージェントの担当によって相性や仕事ぶりが異なるため「就職率が高い=ベスト」とは言い切れないのです。

  1. 複数の就職エージェントに登録
  2. 各担当を確認
  3. 最も親切な就職エージェントに絞る

上記の流れで就職エージェントを決めると、就職活動をスムーズに進めていけます。

担当の言うことを鵜呑みにしない

就職エージェントを利用する際は、担当の言いなりにならないように注意してください。残念ながら担当によっては、理想とかけ離れた「入りやすい」求人を進めてくることもあるのです。

  • 全く異なる職種を紹介された
  • とにかく受けろと強要された
  • 自分の意見を全否定された

このような問題は就職エージェントを運営する会社そのものではなく、担当の質そのものが原因になっています。就職エージェントによっては「担当を変えてください」と申し出ることで、変更することも可能です。

担当の意見を鵜呑みにしてしまうと、あなたの理想とは全く異なる就職活動になってしまう恐れがあります。この点からも、複数の就職エージェントを利用して担当の質をチェックすることが大切なのです。

自身の経歴は素直に伝える

就職エージェントには、自身の経歴を素直に伝えましょう。既卒者の中には「自分の経歴なんか言ったら、就活で不利になりそう」と考える方もいます。しかし、既卒向けの就職エージェントなら不安を抱く必要はありません。

新卒で就職しなかった理由や、今までどんなアルバイトを経験していたのかなどを素直に話すと、担当もあなたのことを理解しやすいはずです。経歴を偽ると、担当はもちろん企業とのミスマッチも起こります。

就職エージェントは、あなたの就職を成功に導くパートナーです。経歴は素直に伝えて、信頼関係を構築しておきましょう

まとめ

就職エージェントは、社会人経験がない既卒者の就職活動を全面的にサポートしてくれます。

  • 理想の企業を明確化
  • 書類や面接の作法と対策
  • 内定後の給与・入社日の調整

就職活動で内定を勝ち取るには、戦略を立てて計画的に行動していくことが大切です。既卒者にとって難しい就職活動も、就職エージェントを活用することで安心できるでしょう。

ただし、前述した通り就職エージェントの担当の質はバラバラです。就職失敗のリスクを最小限にしたい方は、複数の就職エージェントを活用することも忘れないでくださいね

既卒にとって「はじめての就職」を成功させるためにも、就職エージェントとタッグを組んでスムーズかつ迅速に内定を勝ち取りましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事