最終更新日:

20代がイライラする原因は?心の平穏を取り戻すための対処法

20代がイライラする原因は?心の平穏を取り戻すための対処法

現在20代で、意味もなくイライラしたり、ストレスを感じてたりして悩んでいませんか?

イライラする原因の大半はきっと仕事からくるものだと考えられます。

THE ADECCO GROUPの調べで、仕事に対してストレスを感じている20代は約60%いると分かっているから。

そこで今回は、仕事に対してイライラを感じている20代に向けて、他の20代が思う仕事でイライラする場面や、イライラしやすい人の特徴、イライラする時の対処法を紹介します。

この記事を参考にして心の平穏を取り戻してください。

20代の60%は仕事にイライラしている

ストレスの感じ方(年齢別)

参考:調査報告 あなたの仕事のストレスは何ですか?|THE ADECCO GROUP

人材派遣や人材紹介サービスを提供する、大手グループ「THE ADECCO GROUP」は、2015年に仕事上のストレスをテーマにアンケート調査を行いました。

同調査によれば、「あなたは普段、仕事をする上でのストレスをどの程度感じていますか」の質問に対して、最も多かった回答「やや感じる」と答えた20代は、40%以上いることがわかりました。

また「かなり感じる」「精神的にまいるほど感じる」を含めると、20代の60%以上が仕事に対してストレスを抱えている計算になります。

20代がイライラする場面

何にストレスを感じるのか

参考:調査報告 あなたの仕事のストレスは何ですか?|THE ADECCO GROUP

THE ADECCO GROUPの同調査では、「あなたが仕事をする上で、ストレスだと感じるものは何ですか?」との質問に対して、最も多かった回答は以下の2つとなりました。

  1. 職場の人間関係(約50%)
  2. 仕事量が多い(約30%)

仕事をする20代のうち6割は仕事に対してイライラし、その多くが人間関係また仕事量に対してストレスを感じているようです。

また他の回答として、自分の将来への不安や、勤務先の将来への不安、また雇用形態や給与などの勤務条件などがあります。

以下では、それらイライラする原因について深掘りしていきます。

職場の人間関係

調査結果で、20代が最もストレスを感じる場面は「人間関係」でした。

人間関係は職場に限らず、家族や友人、恋人などプライベートにおいてもストレスの元になります。

中でも、職場は関わる人間を選べない上に、相手の年齢や育った環境も大きく違います。自分と相性の悪い人とも付き合わないといけないため、悩まされやすいのです。

    イライラ原因の具体例

  • 仕事での意見が合わない
  • 仕事のやり方が違う
  • 性格による相性が悪い

上記が原因で人間関係にストレスを感じ、思わずイライラしてしまうと考えられます。

その場合は仕事とプライベートとを割り切り、職場の人間関係はドライに考えるのが大切です。

何か頼まれそうな仕事はあらかじめ終わらせておくなど、相手と話すきっかけを減らすようにすると良いでしょう。

仕事量が多い

仕事を引き受ける余裕はある?

20代が2番目に多くストレスを感じるのが仕事量です。

仕事量が多ければ多いほど、労働時間が延びたり休憩時間が短くなったりして精神的な負担が大きくなりかかるので、イライラに繫がります。

やりがいのある仕事や好きな仕事だったとしても、適度に休憩を入れるのが大切で、仕事のしすぎは体に良くありません。

仕事量が多くてイライラする20代は、何でもかんでも仕事を受け入れようとしないことが大切。

もし自分がこなせる仕事の範囲を超える注文を受けた時には、断る勇気や周りに頼って仕事を分担する協力が必要です。

また人手不足を理由に仕事を振られやすいため、他の解決策として、事前に会社の人事に人材確保をお願いするなどの相談してみたりしましょう。

イライラしやすい人の3つの特徴

イライラする人の3つの特徴

イライラしやすい人には以下3つの特徴があります。

  • 責任感が強い
  • プライドが高い
  • 自分の気持ちを伝えるのが下手

ここからは、それぞれの対処法についてくわしく解説していきます。

責任感が強い

    責任感の強い人の特徴

  • 頼まれごとを断れず、一人で背負い込む
  • 本来の業務を超えた範囲にまで手を出す

責任感が強い人は、仕事でイライラしやすい傾向にあります。

なぜなら人から頼まれたことを断れず、またそれを自分一人で背負いこんでしまうため。

「自分でやらなきゃ」と自分で自分を追い詰め、残業や休日出勤も当たり前になっている人は特に要注意です。

また、自分が手を付ける必要のないところまで、手を出してしまうのも責任感が強い人の特徴です。

分担してチームで動いた方がスムーズにこなせる仕事も、自分一人でやろうとし、結局納期までに仕事が終わらないこともあるでしょう。

厳しいことかもしれませんが、責任感の強い人は自身の能力を過信し、それゆえ自分でなければ仕事はこなせない、言い換えると他人には任せられないと信用していない部分があるのかもしれません。

自分がやらなければと思うことが多い人は他の人を頼る勇気を持ち、仲間を信頼してみてはいかがでしょうか。

仕事の分担が心を落ち着かせる要因になります。

プライドが高い

プライドが高い人も、仕事でイライラしやすい人の特徴です。

プライドが高い人は責任感が強い人と同様、頼まれた仕事を断ることができない場合が多いです。

「相手の期待に応えたい」「相手に失望されたくない」などの気持ちが強く、自分の印象が悪くなるのをとても嫌がる傾向があります。

そして、自分で自分を追い詰め、イライラしてしまうのです。

思い当る節がある人は、自身はプライドの高い人間なのだと自覚し、相手から持たれる印象を気にしすぎないように心がけましょう。

自分の許容範囲を超えた仕事を断っても、印象が悪くなくことはないので、自分のストレスをコントロールできるよう意識する必要があります。

自分の気持ちを伝えるのが下手

自分の気持ちを伝えるのが下手な人は、仕事でイライラしやすい傾向にあります。

上司や同僚の意見が間違っている、あるいはその意見と別の意見を持っていても、自分の気持ちをうまく伝えられません。

本当は伝えたいことでも自分でいえない、仮に口に出してもそれが伝わらないことにストレスを感じ、どうしてもイライラしてしまうのです。

自分の気持ちを伝えるのが下手な人は、人と話し慣れていない場合や、人とのコミュニケーションがうまくとれていない可能性があります。

自分の気持ちを伝える特訓として以下のことをしてみるのをおすすめします。

  • 人と会話する機会を作る
  • 相手と意思の疎通を意識したコミュニケーションを取る

20代が仕事でイライラするときの対処法

イライラの対処法

    20代が仕事でイライラする時の対処法

  • イライラを受け入れる
  • 軽い運動をする
  • 生活習慣を整える
  • 仕事は仕事と割り切る
  • 他人とイライラを共有しない

イライラを軽減する方法は内面的なものから、対人的なものまでさまざまです。

ひとつの対処法だけにとらわれず、自分に合ったものを選びましょう。

イライラを受け入れる

イライラする時はその原因を考え、受け入れることでイライラを解消できる場合があります。

なんとなくイライラしていても、その理由をよくよく考えてみると、どうでもいい内容であるケースも少なくありません。

物事の捉え方は非常に大切で、ストレスに感じていることへの見方を変えると、イライラ度合いも変化します。

そのため、イライラしたら何が原因なのか一度考えてみましょう。

軽い運動をする

軽い運動をするとイライラが解消されやすくなります。

ジョギングやウォーキングなど軽い運動には、セロトニンと呼ばれるホルモンが分泌される効果があるからです。

セロトニンには気分を落ち着かせて爽やかな気分にしたり、集中力を高めたりする効果が認められています。反対にセロトニンが不足するとイライラしやすくなります。

つまり、定期的に軽い運動を行うことで、イライラするのを抑えられるのです。

また、運動効果は2〜3日継続するため毎日する必要はありません。

イライラを感じたら軽い運動をしてみましょう。

参考:心も体も健康に|社会保険出版社

生活習慣を整える

栄養・睡眠不足とイライラの関係
マグネシウム不足 セロトニンの分泌が促されずイライラしやすい状態
睡眠不足 疲労がたまりやすくストレスを感じやすい状態

イライラを抑えるためには、生活習慣を整えるのも大切。

睡眠時間をしっかり確保し、栄養のある食事を心がけるだけで、イライラが解消される場合があります。

たとえば、あさりや大豆などに多く含まれるマグネシウムを摂取するとセロトニンの分泌が促されるのでイライラしにくくなります。

また、睡眠不足はストレスを感じやすく、また疲労が溜まりやすい状態です。

そのため、睡眠と栄養を心がければ、イライラが解消する可能性があります。

参考:ストレスケア|株式会社セイシン企業

仕事は仕事と割り切る

仕事でイライラしてしまう人は、仕事を割り切りましょう。

プライベートと仕事は別と考え、仕事でイライラしても「仕事だからどうでもいい」と考えれば、イライラがどうでもよくなる場合があります。

また、仕事を割り切る方法として、プライベートを充実させるのが効果的です。

プライベートを充実させ、楽しいプライベートのために仕事を頑張っていると考えれば、仕事とプライベートに区切りをつけやすくなります。

そのため、仕事でイライラしてしまう人は、趣味などでプライベートを充実させ、仕事は仕事と割り切るのがオススメです。

他人とイライラを共有しない

ストレスを溜めないために、他人とイライラを共有しないよう注意しましょう。

自分がイライラしている原因を他人と共有すると、一時的にイライラは解消されますが、また同じような場面で敏感になり、さらにイライラする可能性があります。

また、同様に他人からのイライラの共有も避けるべき。

イライラしている友人から愚痴を聞かされれば、その友人の気持ちに共感し、自分までイライラするおそれがあるからです。

他人とイライラを共有しないよう注意が必要です。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「ミイダス」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事