最終更新日:

dodaは既卒でも利用できる?既卒から正社員への就職が実現する方法

dodaは既卒でも利用できる?既卒から正社員への就職が実現する方法

「ずっとフリーターやニートを続けていて既卒になったけど、やっぱり定職に就きたい!」と考えている既卒の方は多いのではないでしょうか。

業界トップクラスの求人数を保有する転職エージェント「doda」は、既卒の人でも登録可能です。

しかし、年齢や職務経歴によっては既卒だとdodaのエージェントサービスを受けるのが難しいケースがあります。

今回は既卒がdodaに登録するとどうなるのか、既卒でdodaを利用するコツ、既卒に強い転職エージェントなどをご紹介します。

既卒から正社員への就職・転職を目指す方は必見です!

↓dodaについて詳しく知りたい方はこちら↓

既卒やフリーターでもdodaを利用できる

dodaは利用者の年代・職務経歴に制限を設けていないので、既卒がdodaに登録して求人を探しても問題ありません。

dodaの公開求人数は80,414件。その中でフリーワード「既卒」でヒットするのは243件、「フリーター」が408件でした。

dodaは経験のある職種での転職希望者がメインターゲットなので、明確に「既卒を歓迎します!」と謳っている企業はあまり多くないのが事実です。

しかし「業界・職種未経験歓迎」でヒットする3,560件の中にも、既卒で応募できる求人が一定数存在します。(求人数は全て2020年1月30日現在の情報)

多少応募要件に合わなくても、ポテンシャルや熱意次第で採用の可能性はあるので、気になった求人にはまず応募してみましょう。

転職エージェントとしての機能は使えない可能性がある

dodaは転職サイト・転職エージェントが一体化したサービスも特徴の1つですが、エージェントサービスの利用についてはdodaの公式サイトで以下のような回答がありました。

Q.正社員としての就業経験がないと、サービスは利用できませんか?
A.サービスのご利用は可能です。なお、正社員・派遣社員・契約社員いずれかの社員としての就業経験をお持ちではない場合や学生・アルバイトご経験のみの場合、サポートが難しい場合があります。
出典:doda公式サイト

アルバイトは正式な職務経歴に入らないので、社員経験がない既卒が社員になる場合は転職ではなく就職扱いになります。

経験者の転職をメインにするdodaでは、未経験者の対応は後回しになる可能性が高いです。

ただし「難しい場合がある」だけで、必ずしもサポートを受けられない訳ではありません。

手厚いサポートや豊富な求人数をもつdodaの求人に興味がある人なら、登録しておいて損はないでしょう。

エージェントに協力してもらえなかったら、dodaを利用する意味なんてないんじゃないの?

そんなことないわ!転職サイトとして使えるんだから、公開求人の中で気になる仕事があったらエージェントを通さずに応募しちゃえばいいの♡

たしかに、公開求人だけで8万件以上もあるし…。どんな人でも登録して損はなさそうだね!

書類添削や面接対策をして欲しい子は、他のエージェントとdodaを併用する手もあるわよ☆

既卒がdodaで就職・転職を成功させるコツ

dodaは書類や面接対策などのサポートが手厚く、転職初心者の支援にも熱心な転職エージェントです。

職務経歴から考えて難しいと分かっていても「できればdodaでサポートしてほしい」と思う方もいるでしょう。

既卒がdodaでサポートを受けられる可能性を高めるには、就職・転職を成功させる意思をアピールするのが重要です。

登録フォームはしっかり埋めておく

dodaの登録フォームには、資格・スキル、現在の状況などを自由に記述できる欄が設けられています。

空欄や虚偽の内容があると心証が悪くなり、サポートを断られる場合があるので、嘘をつかない範囲でしっかりと書き込みましょう。

どうして正社員を目指そうと思ったのか、今まで自分はどんな物事に打ち込んできたか等、自分の熱意が伝わるような内容を盛り込むのがおすすめです。

担当者に良い印象をもってもらう

時間を守らない、連絡が遅い、横柄な態度を取るなど、担当者に嫌われるような行動は避けるほうが無難です。

担当者と信頼関係を築くとお互いのモチベーションが高まり、より良い求人を優先的に提案してもらえる可能性が高くなります。

面談の際は清潔感のある服装と謙虚な態度で臨みましょう。

条件の高望みをしないで応募する

dodaはキャリアアップを目指す経験者をメインターゲットにしているため、高収入の求人はほとんどが経験者層が応募する前提です。

社員としての就業経験がない既卒が応募できる求人では、あまり初年度の年収を期待しないほうが良いでしょう。

仕事内容や年収、労働時間などの希望を伝えるのは必要な行動ですが、あまり条件が厳しいと、紹介してもらえる求人がなくなってしまうケースも。

多少希望とは異なる求人にも選択肢を広げてみると、就職・転職の成功率が上がります。

dodaよりも既卒に強い転職エージェントを利用する

dodaのサービスは既卒でも利用はできますが、既卒に強いわけではありません。

職務経歴の浅い若手を専門にしている他社は数多く、中には既卒・フリーター・ニートなどをメインに扱う就職エージェントもあります

既卒に強いエージェントを併用すれば、どんな職務経歴でも未経験から正社員になれる可能性が高いです。

既卒に強いおすすめエージェント

dodaと既卒に強い転職エージェントを併用すれば既卒でも正社員に就職できる!

    既卒でdodaを利用する時に覚えておきたいポイント

  • 経験によってはサポートを受けられない場合がある
  • 就職への熱意をアピールする
  • 既卒に強いエージェントを併用する

dodaは業界トップクラスの求人数と、転職エージェント・転職サイト両方の使い方ができるサービス形式が魅力。

年齢や経験によっては手厚いサポートを受けられない場合もありますが、公開求人に応募するのは自由です。

dodaに登録するだけで応募できる求人の数が大幅に増えるので、どんな人も登録しておいて損はありません。

また、今回ご紹介した既卒向け転職エージェントの多くは、20~30代の若手を主な対象にしています。

既卒から正社員になりたい人は、なるべく早く就職・転職活動を始めた方が有利です。さらに複数の転職エージェントを併用すると、より希望通りの求人を見つけやすくなります。

職務経歴のない既卒に強い就職・転職エージェントは数多くあるので、自分の志向に合った所を選びましょう。

【既卒の就職に強いエージェント】

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「ミイダス」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事