最終更新日:

アパレルの販売職ってどんな仕事?仕事内容や勤務体系、将来性などを徹底解説

アパレル会社の販売職というと、華やかなイメージを持っている方が多いかもしれません。最新のトレンドファッションに身を包んだ販売スタッフは、アパレル会社にとっての顔というべき存在です。実際のお客様一人一人と向き合い、短い時間で話をしながらニーズや求めるものを引き出し、最適な商品を提案していくお仕事です。

売り上げを立てるという数字のプレッシャーがあるぶん、やりがいも大きい仕事です。また、お客様の笑顔を直接見ることができることも魅力の一つです。

アパレル会社の販売職というのは具体的にどのような仕事をしているのか、必要なスキル、具体的な仕事の流れ、さらには待遇や将来性などについてご説明します。

アパレルの販売職が果たすべき役割とは


アパレル会社の販売の仕事は、自社の商品を取り扱う店の店頭に立って、お客様に商品をお勧めする仕事です。路面店や百貨店、ショッピングセンターなどの商業施設が働く場所となります。

販売の仕事は、お客様のニーズをくみ取るところからスタートします。お客様はどのようなテイストの洋服が好みなのか、今日はどのようなアイテムを探しているのか、服装に関する悩みはないか、短い時間でお客様のことを引き出していきます。そして、そのお客様にとってもっともふさわしいアイテムを提案することが販売職の仕事です。

また、販売スタッフは、会社の広告塔の役割も果たしています。どのような着こなしをすればおしゃれに見えるのか、最新のトレンドファッションは今どうなっているのか、実際に着用している商品を通して表現します。最近ではSNSなどで毎日のファッションを投稿して人気を集め、カリスマ店員として活躍する販売スタッフもいます。
販売職がいなければ、会社の売り上げはあがりません。販売職は会社の業績を支える非常に重要な役割を担っています。

アパレルの販売職の1日の仕事の流れとは


アパレルの販売職の具体的な1日の仕事は、どのように進んでいくのでしょうか。一般的な流れについてご説明をしていきます。

なお、アパレルの販売職は早番や遅番などシフト制となっている場合が多いです。店舗の開店前の準備を行う場合は早番、閉店後のクロージング作業を行うのが遅番です。店舗の営業時間が長いからといって、早朝から深夜までずっと働かされるということは基本的にないので、心配は必要ありません。

まず、オープン前の開店準備では、店内の清掃や必要商品の品出し、レジへの金銭の補充などを行います。お客様が来店される前に速やかに進めていきます。そして営業が開始されると、基本的には、お客様への接客がメインの仕事となります。お客様へお声掛けをしながら、求められている商品を提案していきます。

商品が購入された際は、お客様情報や接客内容をシステムに入力し報告するという会社もあります。もし、お客様からクレームが入った場合は、状況を確認し対応を行います。

  • 店内の清掃や必要商品の品出し
  • レジへの金銭の補充などを行う
  • お客様への接客
  • 情報入力

日によっては、新しい商品が店舗へ納入されてくる場合もあります。その際は、商品の検品を行い、必要に応じて店頭への品出しをします。お客様の少ない時間帯には、お得意様へ商品情報やセール情報を記したはがきやお手紙を作成することもあります。

営業時間が終了すると、その日の売り上げを集計し、店内の清掃を行い、クロージング作業を実施します。お客様への接客以外にも、実は様々な作業を販売職は行い、店舗の運営を支えています。

  • 商品の検品・店頭へ品出し
  • はがきやお手紙作成
  • 売上集計
  • 店内清掃

未経験でも相性の良い業界や職種というのはなにかあるか


アパレル会社の販売職に転職するうえでは、サービス業や接客業の経験があると有利です。販売職はお客様と直接やりとりするため、高いコミュニケーション能力が求められます。サービス業で培ったお客様と接する力というのはとても役に立ちます。例えば、ホテルや旅館のフロントや、飲食店のホールスタッフなどが相性のいい職種といえます。

また、営業職の経験があると、販売職へ転職するうえでは非常に有利です。お客様の意図をくみ取る力や提案力は、必ず接客の場面で活かすことができます。ぜひ転職する際は、これらの経験は積極的にアピールしていくようにしましょう。

さらに、アパレルの販売職というのは、多くが女性となっています。そのため、職場の同僚のほとんどは女性です。これまでの学校生活や仕事の中で、女性が多い環境で過ごしてきている人の方がすぐに職場に馴染みやすいといえます。もし女性と働くことが苦手という場合は、避けたほうがいいかもしれません。

アパレルの販売職に必要なスキルや資格はどんなものがあるか

アパレルの販売職に必ず必要なスキルは、ヒューマンスキルです。お客様の負担にならない声掛け、短い時間で相手の要望やニーズをくみ取る力、安心して提案を任せたいと思ってもらえるかなどが、とても重要になっています。

また、流行やトレンドをキャッチする力、ファッションや洋服への強い関心も求められます。販売職は、お客様の憧れの存在となれることが理想です。そのためには、最新のファッション情報を取り入れていくことは欠かせません。そのほか、生地の材質や取扱の注意点の知識を学んだり、色やデザインに関する勉強したりすることも必要です。例えばカラーコーディネーターなど、ファッションに関連した資格がある場合は強みになります。

こんな人はアパレル会社の販売職に向いないので注意

アパレル会社の販売職に向いていないのはどのような人でしょうか。まず、人と接することが得意ではない、初対面の人に気軽に声をかけることができない人はやめておきましょう。販売職をしていると、毎日が新しいお客様との会話の連続です。会話のキャッチボールを楽しめない人には向いていないお仕事です。

また、ファッションや流行に興味がないという人も向いていません。ファッション誌やネットでは毎月様々なトレンドが発信されています。特にファッションの世界は流行の移り変わりが激しくなっています。これらの波をいち早くキャッチしていくことができなければ、販売職としての魅力を高めていくことは難しいです。毎シーズン同じような服装しか着ていない人には販売職の仕事は難しいかもしれません。

アパレル会社の販売職の待遇や将来性について

アパレル会社の販売職は一般的に、給料や処遇が低めだと言われています。ただ、会社によっては、販売数に応じてボーナスが加算されるなど、必ずしも待遇が悪いということはありません。また、洋服を社員割引で購入することができるなど、給与面以外での魅力もあります。

勤務についてはシフト制で、土日や祝日が繁忙期となります。そのため、休みは平日に取る場合が多くなっています。平日にお休みをとれることで、人が集まりやすいスポットにもゆっくりと出かけていくことができます。

アパレル販売職の将来性は?

現在アパレル業界には、インターネット、EC化の波が押し寄せてきています。これまで実店舗でしか販売を行ってきていませんでしたが、多くの企業はECサイトでの商品の販売拡大を進めています。ただ、ECサイトでの販売が増加する一方で、実際に店舗で手に取って商品を試したい、自分に合った商品を提案してもらいたいというニーズも出てきています。

そのため、販売職はこれからますます専門性を高めていくことが求められています。ただ、お客様を待っていればいいという時代ではなく、SNSなどを通して発信し、お客様を呼び込んでいくことが必要です。そしてそれぞれのお客様に合わせたオーダーメイドの接客と提案ができる販売員が価値を高めていきます。


RECOMMEND

関連記事