最終更新日:

転職はハローワークですべき?他のサービスと強みを補完しあい転職成功させる

転職はハローワークですべき?他のサービスと強みを補完しあい転職成功させる
  • 転職するならとりあえずハローワークに行く方がいいのか
  • ネットで検索しても悪く書かれた情報が多くて不安
  • ハローワークのを使うにしてもその使い方、特徴を知りたい

転職を検討する方の中には上記のような悩みを持っているのではないでしょうか?

結論から言うと、転職でハローワークは使うべきです。

実はハローワークには転職サイトや転職エージェントにはない強みがあり、以下のような人におすすめ。

ハローワークの利用がおすすめな人

  • ハローワークに足が運べる人
  • 地元就職を希望する人
  • 未経験の仕事に就きたい人

この記事ではハローワークで転職するメリットや注意点、利用に向いている人やハローワークを最大限利用する方法を紹介します。

転職でハローワークは使うべき

そもそもハローワークは職業安定所といい、国営の職業紹介所を指します。

ハローワークに登録すれば、自分に合った求人を紹介や面接対策、職業訓練を無料で実施してくれるのです。

またハローワークで紹介される求人は正社員はもちろん、パートやアルバイトなど様々。

そのため、数多くの方がハローワークを利用しています。

ハローワークで求職をした人は年間で550万人以上もいるのよ★

参照:公共職業安定所(ハローワーク)の主な取組と実績|厚生労働省 職業安定局

ハローワークで転職するメリット

転職にハローワークを使うのがおすすめなのは分かったけど、具体的にどんなメリットがあるのかな?

    転職にハローワークを利用するメリット

  • 地元での転職に強い
  • 求人数が多い
  • 面接対策や職業訓練、各種手当を受けられる
  • 採否が必ず通知される

地元での転職に強い

ハローワークが扱っている求人はその地域にある企業のものが多く、地元で転職をしたい人におすすめです。

なんでハローワークは地元の求人を多く扱ってるんだろう?

(職業紹介の地域)
公共職業安定所は、求職者に対し、できる限り、就職の際にその住所又は居所の変更を必要としない職業を紹介するよう努めなければならない。

引用:職業安定法 第17条

ハローワークで転職活動すれば、今の家から引っ越す必要のない範囲で求人を紹介してくれるので、効率よく地元での転職を実現できるのです。

地元就職だけじゃなく、UターンやIターン転職といった特定の地域での転職したい子にも嬉しい特徴と言えるわね★

求人数が多い

ハローワークと他の転職サービスの求人数比較
転職サービス 求人数
ハローワーク 973.4万件
(平成28年度新規求人数(パート含む))
リクルートエージェント 約31.5万件
doda 約14万件

ハローワークは非常に多くの求人を取り扱っているサービスで、年間で900万件以上の新規求人が増えています。

求人数が非常に多いリクルートエージェントのそれと比べると実に30倍以上の求人が毎年増えているのです。

ハローワークの全体の求人数は分かりませんが、少なくとも900万件はあるので、圧倒的と言えるでしょう。

なんでハローワークはこんなにも求人を持っているのかな?

全国540か所以上に設置されているハローワークの持つ求人は、一つのネットワークでつながっています。

求職者に地元の求人を紹介できるようにしているハローワークが全国に540か所以上あるので、全体の求人数はおのずと多くなるのです。

またハローワークは転職サイトや転職エージェントとは違い、無料で企業の求人を紹介しています。

採用活動にコストをかけたくない企業やかけられない企業が積極的にハローワークを使うので、多くの求人が集まるのです。

求人が豊富なので、多くの企業を比較し自分に合う求人を選べます。

面接対策や職業訓練、各種手当を受けられる

ハローワークは職業紹介だけでなく、雇用保険の支給や雇用対策を実施しています。

(公共職業訓練のあつせん)
第19条 公共職業安定所は、求職者に対し、公共職業能力開発施設の行う職業訓練(職業能力開発総合大学校の行うものを含む。)を受けることについてあつせんを行うものとする。

(職業指導の実施)
第22条 公共職業安定所は、身体又は精神に障害のある者、新たに職業に就こうとする者その他職業に就くについて特別の指導を加えることを必要とする者に対し、職業指導を行わなければならない。

雇用保険法
(失業の認定)
第15条 2項 前項の失業していることについての認定(以下この款において「失業の認定」という。)を受けようとする受給資格者は、離職後、厚生労働省令で定めるところにより、公共職業安定所に出頭し、求職の申込みをしなければならない。

引用:職業安定法 第19条・第22条
引用:雇用保険法第15条 2項

具体的には求職者は職業訓練や面接対策を受けたり、各種手当の受給が可能です。

自己分析や面接対策の仕方が分からない転職初心者ブランクのある人業界未経験で少しでも技術や考え方の基礎を学びたい人には嬉しいサービスと言えるでしょう。

また、受給資格には一定の制限がありますが、条件さえ満たすと月々10万円以上の失業保険を受け取れます。

貯金がいつなくなるのかと不安を覚えながら切り崩して転職活動を続ける必要がなくなるので、安心して活動ができるでしょう。

失業手当は次の職場を見つけてもらうのに支給される手当なの。お金が手に入るからって浪費するのはダメダメよ。

転職の技術面だけでなく金銭面でも支援してくれるので、心強い味方となってくれるでしょう。

採否が必ず通知される

転職サイトなどの場合、応募したとしても、その後の音沙汰が無くなるケースがあります。

対してハローワークから求人に応募した場合、採用したかどうかの通知が必ず来るのです。

採用されてたら嬉しいし、落とされてたらつらい。でもどっちつかずの状態が続くのはもっとしんどいわ。結果が返ってくる方が次につなげやすかったりするのよ★

ハローワークで転職する際の注意点

募集要項と実際の求人内容が異なる場合がある

ハローワークが紹介する求人の中には求人情報と実際の仕事内容に相違があるケースがあります。

求人の内容と実施の仕事内容が違ったら何を信じたらいいんだよ。なんで情報が異なったりするの?

ハローワークの求人掲載をする基準は法律で決められており、その規定に沿って実施されているからだと考えられます。

(求人の申込み)
第5条の5 公共職業安定所、特定地方公共団体及び職業紹介事業者は、求人の申込みは全て受理しなければならない。ただし、その申込みの内容が法令に違反するとき、その申込みの内容である賃金、労働時間その他の労働条件が通常の労働条件と比べて著しく不適当であると認めるとき、又は求人者が第5条の3第2項の規定による明示をしないときは、その申込みを受理しないことができる

引用:職業安定法 第5条の5

職業安定法にあるように、ハローワークは労働基準法の規定に反する求人以外はすべての申し込みを受理しなければなりません。

ハローワークが求人掲載するには法令違反があるかどうかが判断基準であり、仕事内容の整合性までは要求されないので、実際の業務と掲載求人内容に相違のあるブラック求人が存在するのだと考えられます。

相談員によって対応が異なる

ハローワークの職員にも様々な人がいて、その対応は人によって異なります。ベテランの人もいれば経験の浅い職員もいるからです。

あなたと相性の悪い職員がいるかもしれません。もし対応に違和感のある職員に当たってしまった場合は担当を変更してもらうか、日を改めるといいでしょう。

もし相性の良い職員がいたら次回も担当してもらえるように名前を覚えたり名刺をもらったりするといいわよ★

自分から行動を起こさないと求人は見つからない

ハローワークが求人紹介をしてくれるのは自発的に行動している人です。

自らハローワークに足を運んで求人を検索し、積極的に相談員に相談しないと求人情報を得られません。

ハローワークは民間の職業紹介事業では就職へ結びつけるのが難しい求職者を支援する最後のセーフティネットとしての役割を持っています。

本当に仕事がなくて困っている人を対象としているところがあるので、対応する人数はおのずと多くなり、ハローワーク側から積極的に働きかけるのは真摯に転職の意思がある人なのです。

画像情報が少なく企業のイメージがわきにくい

ハローワークの求人は文字媒体のものが大半です。

求人情報に「社風が~」「明るい会社で~」と書かれていても、イメージするのは難しいでしょう。

会社の外観や職場の雰囲気を把握するには、個別に検索をかける必要があります。

なお、ハローワークに求人を出している企業は小規模のところが多く、HPを作成していない場合もあるので注意してください。

何度も足を運ぶ必要がある

求人を検索するだけならハローワークのパソコンを使えば求人を検索し放題ですし、ハローワークに行かなくても求人検索アプリを使えばいつでも求人を確認ができます。

しかし、ハローワーク経由で求人に応募するには紹介状が必要です。

一回行っただけで希望に沿う仕事が見つかればいいのですが、多くの場合は何度も赴かなくてはいけません。

また、ハローワークは公的な機関なので18時までには閉まり土日祝は空いてない所が多いです。

早く仕事を見つけたい人にとっては行きたいのに行けず、もどかしい思いをする場合もあるでしょう。

平日は仕事で行けないって子は、有休をとると良いわよ。あと、土日祝でも開いてるハローワークもあるから、近くにないか調べてみてちょうだい★

ハローワークの転職でいい求人に出会うための方法

口コミで求人企業の情報を確認する

    口コミ確認方法例

  • ハローワークの職員に尋ねる
  • 口コミサイトやで調べる
  • 転職サイトで検索する

ハローワークの職員に尋ねる

ハローワークは少しでも多く企業情報を提供できるよう、企業応募者から所感や体験を聞き、まとめています。

求職者が失業保険を受け取るためには、ハローワークに行き、一定範囲の求職活動実績を証明しなければなりません。

求職者の活動実績を確認するためハローワークは求職者から進捗を聞くのですが、その際に応募した企業はどうだったかなどの生の声を尋ねたりします。

あなたがハローワークで求人を探す時に、職員に応募しようかと検討している企業の情報がないか確認してみると良いでしょう。

ただし、あまり応募実績のない企業の場合は口コミが少なかったり0件だったりもするの。念頭に置いてほしいわね★

口コミサイトで調べる

インターネットには企業の口コミサイトが存在します。実際にその企業に勤務している人や勤めていた人がその企業の評価や口コミをまとめたサイトです。

    口コミサイトで確認できるない内容

  • 入社理由
  • 入社後のギャップ
  • 職場の雰囲気
  • 組織文化

ハローワークで得られる情報は企業によっては少ない可能性があるので、併せて活用すると良いでしょう。

会社口コミサイトにはいくつかあるのでいくつか利用してみてはいかがでしょうか?

    会社口コミサイト例

  • 会社の評判
  • openwork
  • キャリドア

転職サイトで検索する

ハローワークで求人を掲載している企業を転職サイトでも検索をかけてみるのもいいでしょう。

もしかしたら転職サイトの方でも求人を出している可能性があります。

転職サイトでは企業の外観や内装、職員や職場環境などを画像で確認もできたりするのでイメージがしやすくなるでしょう。

多くの求人を扱っている転職エージェントを運営しているリクルートの転職サイト「リクナビNEXT」なら多くの求人を扱っているので、こちらで検索をかけてみるのも良いかもしれません。

毎回募集のかかっている求人は避ける

ハローワークで掲載されている求人の中には、長い間掲載され続けていたり、毎回同じ内容で募集されていたりするものがあります。

こういった求人は何かしらの理由人が集まらなかったり定着していない可能性が考えられるので、以前にも見た求人があれば避けるようにすると良いでしょう

ハローワークでの求人検索回数やその期間が短い人はどうやって掲載期間や掲載回数を確認したらいいのかな?

それならハローワークの職員に直接聞いてみるといいんじゃないかしら。前向きに転職活動している人には親切にしてくれるから聞き出せるかもしれないわね★

仕事内容や譲れない条件は面接で必ず確認する

ある程度情報を収集し面接までこぎつけのなら、仕事内容や譲れない条件を確認するようにしましょう。

ハローワークのデメリットでもお伝えしたように、ハローワークに掲載している仕事内容と実際が異なる場合は往々にしてあります。

面接官にあなたが行うであろう仕事の内容を改めて尋ね、求人内容と相違がないかチェックしてください。

それでも不安な場合は企業見学の申し込みを打診してみるのも良いでしょう。

確認した時に違和感を覚えたらすかさず尋ねるのよ?採用してもらったら長い間身を置くところになるの。曖昧なまま入社して、「こんなはずじゃなかった!」って後悔しないようにしてちょうだいね★

ハローワークと転職サイト・転職エージェントの違い

今までハローワークの特徴を見てきたけど、転職サイトや転職エージェントとどういった違いがあるのかな?

早見表にまとめたから確認してちょうだい★

ハローワークとその他転職サービスとの比較
ハローワーク 転職サイト 転職エージェント
求人検索方法 訪問
ネット
転職イベント
ネット
訪問
ネット
求人数 少~多 少~多
求人の質 △~○ ○~◎
求人の情報量
サポート体制

ハローワークを最大限活用する転職方法

ハローワークや転職サイト、転職エージェントにはそれぞれ強みと弱みがありますが、目的に応じて補完しあえるように利用すれば転職がうまくいくでしょう。

    ハローワークがおすすめな人

  • ハローワークに足が運べる人
  • 地元転職がしたい人
  • 未経験転職がしたい人

上記のような方は転職希望者はハローワークを利用して膨大な求人から希望に合いそうな求人を探すといいでしょう。

しかし求人の情報量が少ないので口コミサイトや転職サイト、転職エージェントでその応募したい企業がないか確認を取ってみてください。

もし応募したい企業が広告を出していれば詳しい情報を得られます。特に転職エージェントから聞き出せるならラッキーです。

というのも、転職エージェントは実際に企業へ足を運んでその雰囲気や仕事内容などをしっかりと確認した上で紹介してくれるサービスなので、信憑性は高いと言えるからです。

ハローワークと併用したらいい転職エージェントはどんなところなのかな?

それはハローワークのデメリットを特に補強してくれるところがいいわね★

業界No.1 リクルートエージェント

転職エージェントのリクルートエージェントの公式サイト【公式サイト】https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは40年以上の歴史がある業界最大手の転職エージェントです。

30万件以上の圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を取り揃え、全転職者のニーズに応えられます

これまでの採用成功実績は41万人超。2018年度だけで転職決定者は約4万7000人。

どこよりも豊富な転職成功ノウハウがあり、充実の面接対策も人気です。

リクルートエージェントは希望条件にマッチする求人が一番見つかりやすい転職エージェントだから、まず最初に登録しておけば間違いないわ☆

リクルートエージェントに向いている人
・転職エージェント初心者
・求人数重視の人
・地方への転職を検討している人
・少しでも早く転職先を決めたい人

内定までがスピーディー 就職Shop

転職エージェントの就職Shopの公式サイト【公式サイト】https://www.ss-shop.jp/

就職Shopは人材業界最大手の「RECRUIT」が運営する就職・転職活動支援サービスです。

8500社を超える未経験歓迎の登録企業から、労働環境や職場の雰囲気など直接訪問して取材した安心の求人のみを紹介してくれます

利用者の9割が20代で、これまでの利用者数は述べ10万人以上。

書類選考なしで面接へ進めるため、スピーディーな就職・転職が可能です。

就職Shopは学歴・職歴・社会人経験不問の求人が豊富で、高卒や中卒で入社した子も多いみたい♡まずは相談してみなくちゃ!

就職Shopに向いている人
・20代の求職者
・フリーター・未経験・ニート・低学歴者
・早く採用を決めたい人
・首都圏or関西在住の人

驚異の就職率 DYM就職

転職エージェントのDYM就職の公式サイト【公式サイト】https://www.dshu.jp/

DYM就職は、第二新卒・既卒・フリーター向けの正社員求人を多数取り揃えている就職・転職支援サービスです。

一部上場企業、トップベンチャー企業など2000社超の優良企業からあなたの希望に沿った求人を紹介してくれます

これまでの就職成功者は5,000人に上り、相談からの就職率は驚異の96%!

企業との太いパイプがあり、書類選考なしで面接が可能。企業に精通していて面接のサポートも万全です。

DYM就職は求職者に寄り添う親身なサポートとマッチする求人の提案で驚異の就職率を実現してるわ。確実に就職したいなら外せないわね★

DYM就職に向いている人
・第二新卒・既卒・フリーター
・早く採用を決めたい人
・人気企業に就職したい人
・確実に就職を成功させたい人

働く女性を徹底支援 パソナキャリア

女性向け転職エージェントのパソナキャリアの公式サイト【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアを運営する「パソナグループ」は、女性の再就職のために創立された人材サービス会社です。

パソナキャリアでも「女性支援に特化した専門チーム」や「女性管理職担当チーム」を発足するなど、女性の転職には特に注力しています。

キャリア志向の女性やワーママ向けのセミナーやイベントも頻繁に開催。

女性が求める職種や役職、働き方に合わせた幅広い求人の提案で、女性が働きやすい環境への転職が可能です

パソナグループは女性社員の方が多くて、出産後の復帰率は100%よ!女性を尊重してる会社だから女性の転職サポートを安心して任せられるの☆

パソナキャリアに向いている人
・キャリア志向の女性
・子育てと仕事を両立したいワーママ
・管理職として活躍したい女性

まとめ

    ハローワークがおすすめな人

  • ハローワークに足が運べる人
  • 地元転職がしたい人
  • 未経験転職がしたい人

ハローワークには強みもあれば弱みもあります。

良いところを活かし他のサービスでデメリットを補強するような使い方をすれば転職がうまくいく確率が上がるでしょう。

単に仕事を変えるだけなら併用をする必要はありません。むしろ負担になるだけでしょう。

転職は次の働く場所を変える行為、言い換えれば今後長い間身を置くところを探す活動です。

どの企業が自分に合っているのか十分に検討しないまま転職すると後悔する結果になり、また転職をしてしまいかねません。

少しでも転職成功の確率を上げ、より良い人生を歩むためにも、ハローワークやその他の転職サービスのいいとこ取りをした転職方法を採用してみてはいかがでしょうか。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「ミイダス」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事