最終更新日:

転職で内定辞退の注意点って?穏便に済ませ気持ちよく転職する方法

転職で内定辞退の注意点って?穏便に済ませ気持ちよく転職する方法

内定を2社以上もらって、その中から1社だけを選ぶのに他の企業には内定辞退をしなければいけません。

しかし内定辞退をするにあたって以下のような不安や悩みを抱いているのではないでしょうか?

  • 内定辞退したら怒られるんじゃないか
  • 波風立てたくない
  • 罪悪感を抱きたくない
  • 内定辞退で不快な気持ちになりたくない

内定辞退それ自体が悪いわけではありません。実は内定辞退をするタイミングやその伝え方次第で穏便に済ませられるのです。

今回は内定辞退をする際の方法や注意点を紹介します。

転職活動時の内定辞退はできる

企業側からしたら内定を出した転職者に辞退をしてほしくはないのは本音で間違いありません。企業に必要な人だと判断し、また採用活動には費用がかかるからです。

しかし求職者が転職活動で1社しか受けないといったケースは少ないのも分かっています。

転職者は確実に内定が取れるのであれば複数社に応募はしないため。不採用通知を受け取った後に歩みを止めないためにも次のそしてまた次の手を打っているのです。

転職での平均応募社数
全体 8.4社

参考:平均応募社数や選考通過・内定の確率はどれくらい?|doda

企業側は採用したいが転職者側の不安な気持ちも分かっているため、転職者が内定を辞退するにしても、丁寧に誠意を込めた態度を示す必要があるでしょう。

本命以外の企業から内定通知が来た場合は保留する

第一志望の企業から内定をもらえるのが一番いいのですが、その前に第二志望以下の企業から内定をもらうケースもあるでしょう。

本命の企業からの通知を見てから回答を出したい場合は、すぐに回答を出さず、しばらく待ってもらうようにお願いをしてください。

企業は内定の回答を保留のまま待ってくれるのはおよそ1~2週間です。

その期間で第一志望の企業から合否結果を通知してもらえるようなスケジュールを立てるようにしましょう。

転職時における内定辞退のタイミングと連絡方法

内定辞退は2週間以内に伝える

内定は、法的に言えば「働き始める期日が決まっているものの何か特別な事情があれば解約できる労働契約」です。

参考:大日本印刷採用内定取消事件 (S54.7.20最二小判)

労働契約については民法627条1項で「当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する」と定められています。

参照:民法627条

つまり、転職者が内定をもらってから実際に働き始める日までの2週間前までには内定を辞退する旨を企業に伝えないといけません

内定承諾書を書いたら内定辞退できないのかな?

内定承諾書に法的な拘束力はないのよ☆

企業から内定承諾書に署名捺印をしてから内定辞退をしたとしても、法律で裁かれはしません。

しかし、企業側には少なからず負担や迷惑がかかります。採用活動には時間と労力、お金がかかるため。

だからこそ内定までにかけてくれた時間や労力、かけてしまった迷惑に対して感謝と謝罪をするのです。

砕けた言い方をすれば、「信用を裏切ってごめん」ってのと一緒なの★

メールと電話で伝える

企業に内定辞退の連絡をするときはメールと電話、両方で伝えると良いでしょう。

せっかく出してもらった内定を断る行為は信頼を裏切るのと変わりありません。だからこそ直接電話をかけ「申し訳ありません」と誠意を込めて伝えるのです。

感情が見えにくいメールだけで済ませてしまうと、企業側からの印象は悪くなりやすい傾向にあります。

電話をかける際は企業の方が忙しくないであろう時間に賭けるのがおすすめです。

内定辞退の電話を入れるおすすめの時間例
午前 10~12時
午後 14~17時

なお、上記の時間は一概に言えるものではありません。上の表は始業時間を9時と想定していますが、塩とが開始する時刻が前後する場合はそれに応じた時間を選んでください。

お昼休憩は12~13時と考えても良いでしょう。

じゃあ内定を辞退するときは電話をかけたらいいんだね!

電話だけでもいいけど、万が一のケースに備えてメールも一緒に送信しておくのをおすすめするわ★

内定を辞退する企業がちょっと怖いところで、電話でその旨を伝えたとしても、辞退を申し込まれていないと言われた場合は「伝えた」「伝えてない」の争いに発展するおそれがあります。

電話は口頭で伝えるので、録音でもしておかなければ証拠は残りにくいです。対してメールを送っておけば文書として残るので、もしもの時に起こる危険にも対処ができます

転職時に内定辞退する伝え方

ここからは具体的にどういう文章を送ったらいいのかを紹介するわ。できるだけコピペできるようになってるから上手に使ってね★

返事を待ってもらうための例文

件名:内定のお返事保留のお願いについてのご連絡(自分の名前)

先日、面接を受けさせていただいた(自分の名前)と申します。
この度は内定のご連絡をいただきまして誠にありがとうございました。

すぐにでも入社承諾のお返事をすべきなのですが、家族が今回の転職について話を聞きたいと申しておりまして、説明をしなければなりません。

私としては家族にも貴社への入社を喜んでほしいと考えておりまして、誠に勝手で申し訳ないのですが、(○月○日)まで返事を待っていただけないでしょうか?

転職者側の都合で待ってもらいたいって伝えるわけだから、「入社意思があるのを示しつつお願いをする」って姿勢で交渉するのよ♥

内定辞退の例文

件名:内定辞退についてのご連絡(自分の名前)

先日、面接を受けさせていただいた(自分の名前)と申します。
この度は内定のご連絡をいただきまして誠にありがとうございました。

実はたいへん申し上げにくいのですが、内定を辞退させていただきたくご連絡をさせていただきました。
自身の将来を考え、十分に悩んだ末、勝手ながら辞退させていただきたく決断いたしました。

採用に貴重な時間を割いていただいたにもかかわらず、このようなご連絡となってしまい、大変申し訳ございません。
採用に関わった皆様に心より感謝いたします。

最後になりますが、貴社の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。

内定を辞退する場合は主に「内定を辞退する旨」と「迷惑をかたことへの謝罪」を伝えるようにしてください。

上の例文に内定を辞退する理由は書いていませんが、なぜかと問われた際に答えるのでいいでしょう。

理由を伝えるときは「他社と比較して~」といった内容はいけません。

あくまでも自分の都合で辞退する旨を伝えるようにしてください。

書面と口頭で相手会社の言い方が変わります。気をつけましょう。

  • 文書で伝える際は「貴社」
  • 口頭で伝える時は「御社」

転職時の内定辞退でトラブルになりやすい事例

内定通知後に連絡を取らない

内定通知後に連絡をせず雲隠れしてしまう転職者もいるようですが、企業はあなたを待っています。

期日までには返信をしてください。社会人としての礼儀は守るようにしましょう。

内定の返事をしないのが原因で迷惑をかけた場合に履歴を残す会社もあります。

最悪の場合、法的な措置を取られる可能性があるので連絡の期限は守るようにしましょう。

もちろん返信するにおは早ければ早いほどいいわ。しっかり頭に入れておいてね★

競合他社に受ける旨を伝える

同じ業界の競合他社への入社が内定辞退の理由となると、応募企業からすれば具合が悪いです。

辞退を申し出る際は、どこに入社するからなのか込み入った理由を聞かれた際に答えるようにしましょう。

自分から具体的な社名を出すのはよくありません。

転職活動時に内定辞退を決めたら早めの行動を心掛ける

  • 内定をもらったら2週間以内に連絡する
  • メールと電話で連絡をする

転職で内定の事態はしてもかまいませんが、内定の通知を受け取ったら、出来るだけ早く返事をしましょう。

転職者は転職活動にコストと労力を払っていますが、企業の採用活動も同様です。

内定を断る時はメールと電話で丁寧に連絡するようにしてください。

礼儀をもって対応すれば嫌な気持ちに後ろ髪を引かれず、今後の転職活動を円滑に進められるでしょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事